プログラミングスクール

DIVE INTO CODEの評判・口コミ【どんなカリキュラムは?】

DIVE INTO CODEの評判・口コミ【ある言語に特化したカリキュラム】

”DIVE INTO CODEの評判・口コミが知りたい!”

”DIVE INTO CODEのカリキュラムってどんな内容?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

 

Rubyを独学ですべてマスターするのは難易度が高いです。

DIVE INTO CODEではRubyなどを基礎から実践レベルまで網羅的に学ぶことが出来ます。

 

本記事で紹介するDIVE INTO CODEの評判・口コミは、出典元があるもののみ紹介します。

その他、DIVE INTO CODEの具体的な特徴などについても解説します。

 

本記事で解説すること

  • DIVE INTO CODEの特徴
  • DIVE INTO CODEのカリキュラム
  • DIVE INTO CODEの悪い評判、口コミ
  • DIVE INTO CODEの良い評判、口コミ
  • DIVE INTO CODEの料金
  • DIVE INTO CODEの利用が向いている方
  • DIVE INTO CODEの無料体験・説明会に申し込む方法

本記事ではこれらを解説していきます。

\公式HPを見てみる/

DIVE INTO CODEの公式HPはこちら

Rubyが学べるプログラミングスクール

 

おすすめのプログラミングスクールは『【転職・就職支援有り】おすすめプログラミングスクール12選』でも紹介しているので、興味のある方はぜひ。

 

DIVE INTO CODEは転職や就職に有利?【特徴から解説】

DIVE INTO CODEのトップ

受講形態 オンライン
入会金 なし
期間 4ヶ月
場所 東京(渋谷のみ)
無料説明会 あり
公式HP DIVE INTO CODE

 

DIVE INTO CODEは、オンラインで学べるプログラミングスクールです。

HTML・CSS・JavaScript・Rubyなど様々な言語を同時に学ぶことが可能です。

 

それでは、DIVE INTO CODEの具体的な特徴から紹介します。

 

 

プログラミング未経験者可、年齢制限なし

 

DIVE INTO CODEはプログラミング未経験者の受講が可能で、年齢制限もありません。

30代からでも40代からでも、受講出来ます。

 

40代からDIVE INTO CODEを受講して転職に成功した方もいます。

 

 

パソコンの貸し出し・レンタルは無い

 

DIVE INTO CODEではパソコンの貸し出し・レンタルは行なっていません。

 

ちなみにDIVE INTO CODEで推奨しているパソコンのスペックは以下です。

-Macの場合 ・Intel Core i5 以上 ・メモリ4GB以上 ・SSD128GB以上 ※Air、PROどちらでも構いません。

-Windowsの場合 ・Intel Core i5 以上 ・メモリ4GB以上 ・SSD128GB以上 上記が推奨環境となります。 ※MacOS推奨

出典:FAQ | DIVE INTO CODE

 

DIVE INTO CODEではRubyでのWebアプリ制作などを学んでいきます。

 

いづれにしても、古いスペックのパソコンで学習するとそもそも動作が遅いですし、プログラミングした機能がしっかりと動作するかどうかの検証が出来ません。

DIVE INTO CODEで学ぶ際は、パソコンの準備をしましょう。

\無料体験・説明会を受けてみる/

DIVE INTO CODEの公式HPはこちら

Rubyが学べるプログラミングスクール

 

 

DIVE INTO CODEのコース・カリキュラム

DIVE INTO CODEのカリキュラム

 

DIVE INTO CODEには、WEBエンジニアコース(就職達成プログラム)があります。

以下から、WEBエンジニアコース(就職達成プログラム)のカリキュラムを紹介します。

 

 

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)

DIVE INTO CODE Webエンジニアコース

 

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)は、エンジニアへの就職・転職を目的としたコースです。

下記が、Webエンジニアコース(就職達成プログラム)の概要です。

 

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)概要

  • 学習目安時間:750時間以上
  • 学習期間:4ヶ月
  • 主に学べる言語・スキル:HTML・CSS・JavaScript・jQuery・Ruby・Ruby on Rails・SQL

上記の通り、学習期間は4ヶ月です。

月・火・水・木・金の週5日10:00〜19:00で、バーチャル教室(オンライン教室)で実施しています。

 

 

カリキュラムで主に使う言語はRuby

 

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)で主に使う言語はRubyです。

Rubyの基礎から学び、Facebookクローン開発やInstagramクローン開発を行ないます。

 

 

超実践的なカリキュラム

 

受講して数ヶ月後には下記のようなレベルのカリキュラムに入ります。

 

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)のカリキュラム

  • ER図
  • RSpec
  • Vue.jsの実装
  • GitHubの使い方
  • Ajaxの非同期通信
  • AWSの環境構築
  • メッセージ機能の実装
  • リファクタリング実装
  • ワイヤーフレームの実践
  • バリデーションクラス作成
  • GraphQLを使用したアプリ開発
  • Active Job(非同期処理の実装)
  • Docker、bugsnagなどのツール使用
  • Gem実装(リファレンスを元にdeviseを実装)
  • OAuth(GoogleAPIを使用したログイン機能実装)
  • オリジナルアプリケーション開発

上記はカリキュラムの一部です。

細分化するとカリキュラムの内容はもっと増えます。

 

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)では就職や転職後に困らないスキルを網羅的に学ぶことできます。

余談ですが、これだけの量のカリキュラムをやるので、750時間以上の学習目安時間は妥当かなと思います。

>> DIVE INTO CODEの公式HPを見てみる

 

 

DIVE INTO CODEの事前テスト【選考】

DIVE INTO CODEの事前テスト【選考あり?】

 

DIVE INTO CODEをGoogle検索などで調べてみると、『dive into code 事前テスト』のような結果が出ます。

 

ですが、2022年6月時点ではDIVE INTO CODEに事前テストはありません。

やる気があれば誰でも受講可能なプログラミングスクールです。

\無料体験・説明会を受けてみる/

DIVE INTO CODEの公式HPはこちら

Rubyが学べるプログラミングスクール

 

 

DIVE INTO CODEの悪い評判・口コミ

DIVE INTO CODEの悪い評判。

 

DIVE INTO CODEの評判・口コミを紹介します。

 

DIVE INTO CODEは利用している方が多く、悪い評判も良い評判もありました。(読むのに時間がかかるかもしれません…)

※冒頭にもお伝えしましたが、本記事で紹介する評判・口コミは出典があるのもののみなので信頼性はあるかと。

 

DIVE INTO CODEの悪い評判・口コミは以下です。

 

【悪い評判・口コミ】

  • 参考書をたくさん買ったほうがマシだった
  • Gitなどがカリキュラムに入ってない
  • 授業料の返還はしてくれません

 

順に紹介します。

 

 

参考書をたくさん買ったほうがマシだった

 

【口コミ】

基本スクールが用意する教材に沿って自分で学ぶスタイルなのだが、その内容が分かりにくいし、あいまいな部分が多いため、数千円のプログラミング本を買った方が分かりやすいし、メンターから参考書として買うことを勧められる。
分からなければメンターに質問するように言われるが、メンターのレベルもマチマチで質問に答えられないことも多々ある。
プログラミングスクールとしては、高額設定な割に、内容が甘すぎるので、費用対効果としてはとても悪い。参考書をたくさん買った方がましだった。

出典:GoogleMap

 

プログラミングスクールが高額な割には、内容が甘すぎるという口コミです。(各コースの料金については後で解説します)

 

 

Gitなどがカリキュラムに入ってない

 

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)には、Git・GitHubがカリキュラムに入っています。

 

 

授業料の返還はしてくれません

 

【口コミ】

就職できなければ返金などと謳ってますが、色々条件がついていて実質的に授業料の返還はしてくれません。授業のレベルも低いです。

出典:GoogleMap

 

返金に対応してもらえなかったという口コミです。

 

DIVE INTO CODEの悪い評判・口コミは以上です。

 

 

DIVE INTO CODEの良い評判・口コミ

DIVE INTO CODEの良い評判

 

DIVE INTO CODEの良い評判・口コミは以下です。

 

【良い評判・口コミ】

  • 卒業生はいつでも自習室が使える
  • プログラミングスクールの中でおすすめ
  • 業務未経験から就職できた
  • Webエンジニアとして就業

 

こちらも順に紹介します。

 

卒業生はいつでも自習室が使える

 

いつでも自習室が利用できるのはかなり得です。

 

 

プログラミングスクールの中でおすすめ

 

DIVE INTO CODEはプログラミングスクールの中でもおすすめという口コミです。

 

ちなみに上記に記載のあるポテパンキャンプで主に学べる言語はRubyです。

興味のある方は下記記事をどうぞ。

>> 選考有り?ポテパンキャンプの評判【働きながらでも可能?就職先は?】

 

 

業務未経験から就職できた

 

【口コミ】

業務未経験からエンジニアとして就職できました。

経験6ヶ月ほどですが、カンファレンスで自社事例報告の登壇(LTですが...)をしたり、AWS認定をアソシエートレベル3つとったり、それなりにちゃんとしたエンジニアになっている途中だと自負する者です。

世間には様々なプログラミングスクールが乱立していますが、 DIVE INTO CODEにしてよかったと思っています。

出典:GoogleMap

 

DIVE INTO CODEに通い、業務未経験から就職できたという口コミです。

 

 

Webエンジニアとして就業

 

【口コミ】

本スクールの卒業生で、卒業後WEBエンジニアとして就業したものです。ここでは温かいメンターの指導のもと、同じ志を持つ仲間とプログラミングを学ぶ事ができます。受講生同士の輪を大切にしている印象があり、仲間ができる事で自身の学びも加速すると思います。

出典:GoogleMap

 

DIVE INTO CODE卒業後、Webエンジニアに就業した方の口コミです。

 

DIVE INTO CODEの評判・口コミは以上です。

\無料体験・説明会を受けてみる/

DIVE INTO CODEの公式HPはこちら

Rubyが学べるプログラミングスクール

 

 

DIVE INTO CODEの料金

DIVE INTO CODEの料金

 

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)の料金は、647,800円(税込)です。

分割での支払いも可能ですが、決して安くない金額ですよね。

 

しかし、DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)にはキャッシュバック制度が利用できます。

 

 

受講料金のキャッシュバック

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)※4ヶ月コースのキャッシュバック

 

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)は、最大45万円のキャッシュバックがあります。

入会金+受講料の総額647,800円が197,800円になるのはかなりお得です。

 

※【注意】キャッシュバックについては必ず確認しましょう。

紹介したキャッシュバック制度ですが、厚生労働大臣より専門実践教育訓練指定講座と認められている為できる制度です。自身でハローワークに出向いたり、出向く期間なども定められています。キャッシュバックについては、DIVE INTO CODEまたはハローワークに必ず確認しましょう。

 

\無料体験・説明会を受けてみる/

DIVE INTO CODEの公式HPはこちら

Rubyが学べるプログラミングスクール

 

 

DIVE INTO CODEの利用が向いている方

喜ぶ女性

 

情報をまとめると、DIVE INTO CODEの利用が向いている方は以下です。

 

  • Rubyを中心に学びたい方
  • エラー頻発の独学に悩んでいる方
  • IT・エンジニア職に転職したい方
  • キャッシュバックを受けて受講料を安く抑えたい方

これらに該当する方は、DIVE INTO CODEの利用をおすすめします。

 

 

無料体験クラスまたは説明会の申し込み手順

 

DIVE INTO CODEでは無料体験または無料説明会に参加出来ます。

申し込み手順は簡単ですが紹介します。

 

無料体験または無料説明会に申し込む手順は以下です。

  1. DIVE INTO CODEにアクセス
  2. 無料体験クラスに参加をクリック
  3. 無料体験または説明会・日程を選択
  4. プロフィールを入力
  5. DIVE INTO CODEの無料体験または説明会

 

DIVE INTO CODEにアクセス

 

まずはDIVE INTO CODEにアクセスします。

 

DIVE INTO CODEにアクセス >>

 

 

無料体験クラスに参加をクリック

DIVE INTO CODE Webエンジニアコース

 

DIVE INTO CODE公式HPの【説明会に参加する】をクリックします。

 

 

無料説明会の日程を選択

DIVE INTO CODEの無料体験・説明会予約フォームNO1

 

無料説明会の日程を選択します。

 

 

プロフィールを入力

DIVE INTO CODEの無料体験・説明会予約フォームNO2

 

プロフィールを入力後【プライバシーポリシーに同意する】にチェック。

最後に【説明会を予約する】をクリックすれば申し込み完了です。

 

 

DIVE INTO CODEの無料説明会について

 

DIVE INTO CODEの無料説明会は、Zoomで行われます。

料金のキャッシュバックやその他疑問点を解消してから、受講を検討しましょう。

 

 

DIVE INTO CODEの評判・口コミ【どんなカリキュラム?】:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

DIVE INTO CODEは、多くの学習時間が必要ですがその分のリターンは大きいです。

特に、Rubyを学びたい方におすすめのプログラミングスクールです。

 

興味のある方はぜひ。

\無料体験・説明会を受けてみる/

DIVE INTO CODEの公式HPはこちら

Rubyが学べるプログラミングスクール

 

 

 

NEXT

>> Pythonが学べるおすすめのプログラミングスクール5選

>> DIVE INTO CODEの就職先とは【転職できなかった場合はどうなる?】

>> Aidemy Premium(プレミアム) Planの評判【Pythonを学ぶ料金】

>> 評判が悪い?ポテパンキャンプの口コミ【選考有り?就職先は?】

>> tech boost(テックブースト)の評判が知りたい!【料金なども解説】

>> 【転職・就職支援有り】おすすめプログラミングスクール12選

-プログラミングスクール

© 2022 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5