20代のキャリア

20代のフリーターが漠然とアルバイトを続けるメリットとデメリット

20代フリーターが漠然とアルバイトを続ける

”20代だけど、このまま漠然とフリーターを続けてていいのかな?”

”そもそも20代のフリーターは就職出来る?”

本記事ではこれらの声に答えていきます。

 

漠然とフリーターを続けることはデメリットが多めです。

20代の内に"将来的に苦労をするか"または”今頑張るか”は選ぶことが出来ます。

 

本記事で解説すること

  • 20代のフリーター4つのメリット
  • 20代のフリーター5つのデメリット
  • フリーターを打破する方法

本記事では、実体験を交えながらこれらを解説していきます。

 

【20代のフリーターの方へ】就職は可能です

喜ぶ女性

 

結論ですが、フリーターでも20代なら就職可能です。

 

私は就職→フリーター→再就職という流れで、フリーター期間は1年ちょいでした。

就職したことがない方や社会人未経験でも20代なら内定を貰うことは可能です。

 

フリーターの定義とは

 

余談ですが、フリーターの定義は以下です。

フリーターは、日本で正社員・正職員以外の就労雇用形態(契約社員・契約職員・派遣社員(登録型派遣)・アルバイト・パートタイマーなどの非正規雇用)で生計を立てている人を指す言葉。学生は含まれない。中学校卒業・義務教育課程修了後の年齢15歳から34歳の若者が対象である。

出典:フリーター | wikipedia

 

wikipediaからの引用では15歳から34歳までを指すとされていますが、40代や50代でもフリーターの方はいますよね。

余談でした。

 

 

20代のフリーターのメリット

ソファーで横になる男性

 

”就職が出来るのは知ってるけど、フリーターにもメリットがあるから…”という方。

確かに、20代のフリーターにもメリットがあります。

【フリーターのメリット】

  1. 辞める事が簡単にできる
  2. 時間の自由度が高い
  3. 周りから白い目で見られない
  4. 社員に業務を代わってもらえる

順に解説していきます。

 

辞める事が簡単にできる

 

正社員が退職するとなると、引継ぎなどもあり退職日が数ヶ月後となるケースが多いです。

しかし、フリーターの方は正社員と比べると簡単に辞めることが出来ます。

 

別の良さげなアルバイト先が見つかればOKなので、現在のアルバイト先を辞めるハードルが低い方もいるはずです。

 

 

時間の自由度が高い

 

フリーターも正社員と同様、シフト勤務や固定の曜日時間で働きます。

 

しかし”来週のこの日は休みます”などを伝える事ができ、時間の自由度が高いです。

休みたいときに休み、稼ぎたいときに稼ぐのは大きなメリットですね。

 

 

周りから白い目で見られない

 

20代のフリーターは、周りから白い目で見られることがありません。

それは、20代という”若さ”の為です。

 

若いから、どこでも働けるよ

 

まだまだフリーターでも大丈夫だよ!若いから!

このようなことをアルバイト先の社員から言われることがあります。

それに加えて周りからは”なにか他にやりたいことや夢があるんだろう”と思われることが多いです。20代なので。

 

 

社員に業務を代わってもらえる

 

それ?(笑)と思った方。

社員側からすると、これはかなり羨ましいです。

 

”なにかあった時に社員に代わってもらえるから”といって20代のフリーターは責任感がないとは言いません。

社員または社員以上のレベルで働いている方も少なからずいます。

 

しかし、お客さんからクレームが入ったりすると社員が対応しますよね?

他にも、仕事中なにか重大なことが起きた時には社員が代わりに対応をすることが多いはずです。

そして、その社員の対応を見て”社員って大変だ…”とか”社員になるのは面倒だ…”と思ってしまうんですよね。(これはメリットではありませんね)

 

 

20代のフリーターのデメリット

落ち込むサラリーマン

 

デメリットは、主に将来的なものになります。

しかし、確実性のある20代のフリーターのデメリットです。

 

【フリーターのデメリット】

  1. 結婚が難しくなっていく
  2. 友人に合いづらくなる
  3. アルバイト先に居辛くなる
  4. 体力的にアルバイトを続けられない
  5. 就職が難しくなっていく

 

順に解説してきます。

 

結婚が難しくなっていく

 

結婚は出来ない!とは断言しません。女性も男性も。

結婚は出来るかもしれません。しかし、男性がフリーターの場合は結婚は難しいんじゃないかな、と。

 

結婚相談所では、フリーターの方は結婚相談所に登録すら出来ないというの話もあります。

 

友人に会いづらくなる

 

20代のフリーターの方で”友人に会いづらい”と感じていない方がまだ少ないはず。

しかし、これを感じる時が必ず来ます。

 

これも将来的な話です。

 

あなたがフリーターのまま30代・40代になった時。

仲の良い友人らが、正社員として働いて結婚をして家庭を持っていたら。

または、夢を叶えて年収1000万稼ぐほどにでもなっていたら。

確実に会いづらくなります。

 

 

アルバイト先に居辛くなる

 

現在は20代なので何も感じないかもしれません。

しかし、30代や40代になったときにはアルバイト先にも居辛くなります。

 

なぜなら、周りの社員やアルバイトが20代になるからです。

あなたのアルバイト先に、40代男性のアルバイトさんが入ってきたらどう思いますか?

 

 

体力的にフリーターを続けられない

 

  • 力仕事
  • 長時間労働
  • アルバイトの掛け持ち

現在、これらのアルバイトで収入を得ているフリーターの方。

体力的にこれらを続ける事が厳しくなります。

時間の経過(老化)と共に出来なくなる、【単純労働】を続けることはデメリットです。

 

 

就職が確実に難しくなっていく

 

20代というと、当たり前ですが20歳~29歳の方を指します。

 

20代の中でも、年齢が高ければ高いほど就職することは難しくなります。

30代・40代になると、就職の難易度はどんどん上がって行きます。

 

 

30代までフリーターでも良いかな!

 

”30代でも就職出来るなら30歳までフリーターでも良いかな!”という方。

その考えは、おすすめしません。

 

  • 業種(製造業・サービス業など)
  • 職種(営業職・事務職・販売職など)
  • 勤務地(北海道・東京・大阪など)
  • 勤務形態(日勤・夜勤など)
  • 年収(年収300万円以上など)
  • 福利厚生(社会保険完備など)

上記の中で、これは嫌だなぁというのがありませんか?

例えば”職種だと営業は嫌だ”とか、”勤務形態だと夜勤は嫌だ”など。

 

20代の内なら嫌な仕事や不得意な仕事を避けても、就職出来ます。

しかし、30代・40代になってくると選択肢は極端に狭くなります。これはもう、そういう世の中なので仕方ないです。

 

多くの求人を見てもらえれば、30代・40代の選択肢がどのくらい狭くなるのかが分かります。

 

 

20代後半まではフリーターで良いかな?

 

実際に求人を見るとわかりますが、20代後半も応募できる求人数が減っていることに気づくはずです。

 

気づいた方は、すぐに行動をするべきです。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズキャリア(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    女性特化型なので、必然的に女性を採用したい企業が分かります。
  • キャリアスタート(転職エージェント)
    【公式】
    https://careerstart.co.jp/
    学歴や職歴は問われません。20代特化。
  • 就職Shop(転職エージェント)
    【公式】
    https://www.ss-shop.jp/
    就職Shop経由の応募は書類選考が免除されます。

転職エージェントは実際に足を運ぶ必要がありますが、その分メリットは多いです。

利用は無料なので、損をすることはありません。

 

 

ただの20代のフリーターから打破する3つの方法

考える男の子

 

20代のフリーターから打破する方法は、大きく分けて3つあります。

恐らく、”そんなことわかってるけどなぁ…”と思われるものばかりです。

  1. 資格取得
  2. 学校に通う
  3. 就職を目指す

ですので、さらっと解説します。

 

資格取得

 

資格を取ることは良いことですが、自分の興味のある分野に関連する資格を取りましょう。

 

資格を取ったのにその資格を利用しないのなら、資格取得は時間の無駄になってしまいます。

 

NEXT >>転職に役立つ!おすすめ資格講座まとめ

 

 

学校に通う

 

下記の記事はIT・エンジニア職に興味のある方向けです。

独立やフリーランスになりやすいIT・エンジニア職は未経験から就職する方も多くいます。

 

NEXT >>【転職・就職支援有り】おすすめプログラミングスクール12選

 

学校ではなく、IT・エンジニア職に未経験から就職したい方は下記の記事を参考に

NEXT >>【IT業界・Webエンジニア特化】実務未経験可の求人がある転職エージェント3選

 

 

就職を目指す

 

"職種や業種はなんでもいい!”という20代の方は、思った以上に簡単に内定が取れると思います。

しかしこれは、どの会社でも構わないという方限定です。

 

逆に自分のやりたい職種・業種が固まってる方は時間が掛かる可能性があります。

時間の短縮をする為には、多くの求人を探す必要があります。

 

なぜなら、1社の選考のみで内定が貰える可能性は低いからです。

NEXT >>フリーター向け転職エージェント8選【30代と20代におすすめ】

 

転職サイトやエージェントによって、掲載している求人は異なります。

どれか1つでも、登録することをおすすめします。

 

 

20代のフリーターが漠然とアルバイトを続けるメリットとデメリット:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 20代のフリーターの4つのメリット
  • 20代のフリーターの5つのデメリット
  • フリーターを打破する方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

20代の前半は、周りの差をあまり感じません。

しかし20代後半になると、家庭を持つ友人や高い給料を貰うようになる友人が現れ始めます。

”周りとは比べないから大丈夫!”という方は良いのですが、大半の方は自分と相手を比べてしまいます。

他人と比べた時に”20代で漠然とフリーターをしていたから、こうなってしまった…”とならないように。

 

 

 

NEXT

>> おすすめの転職サイト・エージェント【早期退職の経験があっても正社員になれる】

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【転職を繰り返していても大丈夫】

>> 30代におすすめ転職サイト・エージェント【内定を貰うには試行錯誤が必要】

>> 女性におすすめの転職サイト・エージェント【他人よりも得する使い方】

>> 第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント【実際に使った感想】

>> 転職先がなかなか決まらない20代に伝えたい3つのこと

>> 【20代・30代】仕事したくない、働きたくない人の選択肢

>> 転職回数が多い20代が内定を貰うための方法【実体験】

-20代のキャリア

© 2021 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5