就活がしたくない方はするメリットを知ってから選択すべき

就活がしたくない方はするメリットを知ってから選択すべき

”就活がしたくない!”

”就活をするメリットってなに?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

就活がしたくない理由は人それぞれですし、するかしないかは自由です。

しかし、”就活を一切にしない!”と決めてしまう前に新卒時の就活のメリットを知るべきです。

新卒時の就活は、中途採用と違い人生で一度しかありません。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • 就活したくない気持ちは分かります
  • 就活がしたくない方はメリットを知ってから
  • 就活がしたくない方の選択肢

本記事ではこれらを実体験から解説していきます。

目次

就活がしたくない理由

考える男の子

就活がしたくない気持ちは分かります。

私自身も就活を経験して、”めんどくさいな…”と思うこともありました。

実際私の周りには就活をしない同級生はいましたし、契約社員やアルバイトを続けながらやりたいことをするという友人も少なくありませんでした。

そんな周りの友人や私の意見から就活したくない理由を抜粋しました。

  1. 黒染めしたくない
  2. メイクがしたくない
  3. スーツを着たくない
  4. 他にやりたいことがある
  5. みんなと同じ行動が嫌
  6. そもそも正社員になりたくない

順に解説していきます。

黒染めしたくない

就活で髪色を黒く染めることは必須になってきます。

大学時代に髪色を明るくする方は少なくないですし、”黒染めしたくないな…”という理由から就活がしたくなくなることもあります。

メイクがしたくない

この意見は女性限定の意見です。(男性でもメイクをしている方もいますが)

女性は就活用のメイクをしなければならず、これが面倒だと感じる方もいます。

スーツを着たくない

スーツが嫌いという方にとって就活は苦痛です。

さらに、”社会人になったら毎日着なきゃいけないのか…”と想像してしまった結果、正社員になる気持ちが消え失せていきます。

(個人的にはスーツが着たくないという理由が就活をしたくない大きな原因でした。)

他にやりたいことがある

就職する以外に何かやりたいことがある場合は就活なんかしたくありません。

他にやりたいことがある

  • 漫画家になりたい
  • ミュージシャンを目指したい
  • 就職せずに起業したい
  • 独学でアプリを作りたい

その他にも人によって様々なやりたいことがあるはずです。

自分のやりたいことを優先することは間違いではありません。

みんなと同じ行動が嫌

就活はみんなと同じになりがちです。

みんなと同じ行動

  • みんな髪色が黒
  • みんな黒のスーツを着ている
  • みんな会社説明会に参加している
  • みんなエントリーシートを書いている
  • みんなと同じタイミングで就活がスタートする

特に服装に関しては”みんなと同じという感覚”をかなり感じるはずです。

就活独特の【個性を無くすような環境】は、就活がしたくないという気持ちになっても仕方がありません。(私も嫌いでした)

そもそも正社員になりたくない

”就活がしたくない!”という方の中には、そもそも正社員になりたくないという方も多いはずです。

現代では、自由な働き方が一般的でフリーランスという働き方も特別なことではありません。

しかし、正社員になるとフリーランスとは真逆の環境になります。

正社員の特徴

  • 副業禁止
  • 週5日・8時間勤務
  • 有給が自由に取れない
  • 勤務時間内はきっちり働く
  • 会社に出勤しなければならない

上記は極端に感じるかもしれませんが、会社によってはこれらが普通だったりします。

一般的に正社員はフリーランスより自由度は減りますし、大手企業でもリストラがある時代なのでフリーランスより安定しているとも言えません。

”正社員じゃなくて、自分で稼げる方法は無いかな?”と考えることは、決して間違ったことではありません。

おすすめの就活ツール

  • (就活エージェント)
    プログラミング経験者限定。一都三県で就職を考えている方は利用して損はありません。
  • (iosの方はこちら)
    (Androidの方はこちら)

    企業数がかなり多いので、穴場的な求人を見つけたい方向け。就活アプリです。
  • (就活サイト)
    理系学生と大学院生に特化。企業からのスカウトだけでなく求人検索もできます。

就活がしたくない方はメリットを知ってから

【就活したくない方】新卒のメリットを知ってから選択したほうが良い

就活したくないのであればしなくても良いと思います。

自分の人生なので自由に選んで大丈夫です。

ですが、新卒の就活には結構大きなメリットがあります。

  1. 様々な業種や職種の実態がなんとなく掴める
  2. 企業の内部を知ることができる
  3. 色々な人に出会える

こちらも順に解説します。

様々な業種や職種の実態がなんとなく掴める

新卒時の就活では、就活フェアや会社説明会が数多く開催されます。

中途採用は就活フェアとか無いの?

中途採用は転職フェアといった形であり、会社説明会もあります。

しかし、圧倒的に数が少ないです。

中途採用向けの転職フェアや会社説明会があることを知らない方もいるくらいです。

話を戻しますが、新卒の就活フェアや会社説明会に行くことで業種・職種の実態がなんとなく掴めます。

業種・職種の実態

  • 営業職は〇〇が大事
  • 事務職で必要なスキルは〇〇
  • 実際のプログラマーの働き方
  • 不動産業の出来高制について

など業種・職種ごとの特徴を実際にそこで働く社員などから聞くことができます。

興味のある業種や職種があるのであれば、その会社説明会に行ってみて話を聞くだけでも面白いです。

企業の内部を知ることができる

会社説明会に行ってみると、会社の内部を知ることができます。

企業の内部

  • 企業の歴史
  • 企業の売り上げ
  • その企業の子会社
  • どんな社員がいるのか
  • ブラックそうな企業か
  • 企業はどこで利益を得ているのか

上記の中でも、ブラックそうな企業か・どこで利益を得ているかということが知れるのは面白いです。

”就活がしたくない…”という方も会社説明会に行ってみると、今まで知らなかった様々なことが知れるのでおすすめです。

【手軽な就活アプリを試さないのは損】

就活を始めたのにも関わらず、就活アプリを試さないのは損をしています。

就活アプリでも求人は知れますし、自宅や電車の中など手軽に就活を進めることができます。

しかも、いくら使っても無料です。

以下はLongnavi(ログナビ)という就活アプリですが、かなり使いやすいのでおすすめです。

(iosの方はこちら)
(Androidの方はこちら)

色々な人に出会える

当然かもしれませんが、就活では色々な人に出会えます。

色々な人に出会える

  • 企業の面接官
  • 企業の役員・社長
  • 他の大学の就活生

特に人と話すことが好きな方は、軽い気持ちで就活をやってみてみるのは有りです。

企業によっては、1次面接で社長がいることもあります。

実生活では企業の社長と対面で話す機会は少ないと思うので、そういった機会に巡り合えたら質問したいことを素直に聞いてみましょう。

面接を通過したいのであれが無難な質問が良いと思いますが、特に受かる気が無いのであればなにを質問しても大丈夫です。

(その場合他の就活生よりもリラックスしているので、面接が通過してしまうかもしれません)

色々な人に出会って会話を重ねることで、”正社員って有りかも”と思う可能性があります。

おすすめの就活ツール

  • (就活エージェント)
    プログラミング経験者限定。一都三県で就職を考えている方は利用して損はありません。
  • (iosの方はこちら)
    (Androidの方はこちら)

    企業数がかなり多いので、穴場的な求人を見つけたい方向け。就活アプリです。
  • (就活サイト)
    理系学生と大学院生に特化。企業からのスカウトだけでなく求人検索もできます。

就活をしたくない方の選択肢

就活をしたくない方の選択肢

就活をしたくない気持ちが強い方は就活以外の選択肢もあります。

特に正解・不正解は無いので自分の好きな道を進むべきです。

学生期間を延長する【留年または休学】

学生期間を延長すれば、今後の将来を考える時間がかなり増えます。

留年または休学をすれば、学生期間の延長は可能です。

ですが、来年の就活時に「なぜ留年(休学)をしたんですか?」と面接で聞かれることは覚悟しておきましょう。

その時に「正社員になりたくなかった」や「働きたくなかった」という答えはもちろんNGです。

「将来を考える時間が欲しかった」と正直に答えるのも有りですが、出来れば何か生産性のある答えがベストだったりします。

生産性のある答えってなに?

という方もいるはずです。

例えば、生産性のある答えというと、何かの実績を一緒に提出するといったことです。

資格でも取り組んだことでもなんでも良いので、”留年してまでやりたかったこと”が実績として証明出来ると企業からの評価は高くなりやすいです。

もしも、プログラミングに興味のある方は以下のスクールで実績を作ることが出来ます。

大学生限定のプログラミングスクールなので料金が安く、アプリリリースの実績は就活で間違いなく有利です。

>> GeekSalonの評判が知りたい方はこちら

起業をする

就活がしたくないのであれば、いっそのこと起業をするという選択肢もあります。

起業は一度社会に出て経験を積んでからしたほうがいいといった意見もあります。

ですが、就活をするか起業するかのどちらが正解かは、やってみないと分からないのも事実です。

しかし、”起業をしたいけど具体的にどんなことをしたら良いかわからない”という方もいるはずです。

以下のスクールでは起業のノウハウを学ぶことが出来ます。

学生限定のスクールなので、興味のある方は無料体験を受けて損はありません。

>> WILLFU(ウィルフ)STARTUP ACADEMYの評判が知りたい方はこちら

フリーターになる

就活がしたくない方は一旦学生を卒業して、フリーターになる道もあります。

フリーターであれば正社員よりも精神的に楽な場合が多いですし、時間的な余裕も生まれやすいです。

以下のアルバイトサイトは、求人数が多く使いやすいです。

就活がしたくない方はするメリットを知ってから選択すべき:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 就活したくない気持ちは分かります
  • 就活がしたくない方は就活のメリットを知ってから
  • 就活がしたくない方の選択肢

最後まで読んでいただきありがとうございます。

就活がしたくないのであればしなくても良いのですが、新卒の就活は結構貴重な時間です。

正社員になる気がなくても、スーツを着て応募さえすれば、就活を体験出来ます。

個人的には一度でも会社説明会などに行くことをおすすめします。

>> 【51個】就活の軸一覧まとめ【内定に繋がる決め方・見つけ方】

>> 就活のやり方がわからない方向け【簡単な方法から慣れていくのがベスト】

>> 【出典あり】JobSpringの評判ってどう?【新卒エージェント】

>> キャリセンのちゃんとした評判が知りたい!【就活エージェント】

目次