介護職 転職

介護職未経験の方が感じる不安とは【排泄介助・入浴介助の具体的業務】

 

”介護職に転職したいけど、未経験だからしっかり出来るのか不安”

"介護職の仕事内容で、具体的に大変な仕事ってなに?”


本記事ではこれらの疑問に答えていきます。

 

介護職の業務は高齢者の介護以外にも事務的な業務もあります。その中でも未経験の方が不安に感じやすい業務があります。

資格はあったほうが得だと思うけど、時間がない…という方もいますよね。

 

本記事で解説すること

  • 介護職は未経験でも働けるのか
  • 資格を取ることのメリット
  • 介護職の具体的な業務

本記事ではこれらを解説します。

 

介護職は決して楽な仕事ではないですが、興味がある方はぜひ挑戦を。

 

 

介護職は未経験でも転職出来ます【無資格でもOK】

喜ぶ女性

 

介護職は未経験でも転職出来るの?

という疑問ですが、

 

介護職は未経験でも、資格が無くても転職が可能です。

 

実際に求人を見てもらえれば分かりますが、

  • 未経験歓迎
  • 無資格でも応募可

としている介護施設はあります。

 

資格を持っていたほうが転職に有利なのは事実

 

求人の中には、

介護職員初任者研修以上(旧2級ヘルパー以上)

と必要資格として書かれているものもあります。(介護職員初任者研修に関しては後で解説します)

 

資格を持っていることで、応募出来る求人が増えますし、この方は介護の知識や技術をこの程度持っているという証明にもなります。

無資格の方より資格を持っている方が転職に有利なのは事実です。

 

その他にも、

  • 介護職員実務者研修
  • ケアマネジャー
  • 介護事務
  • 介護福祉士

が主な介護資格ですが、まずは介護初任者職員初任者研修の資格取得が第一段階です。

 

介護職員初任者研修の資格取得

・カイゴジョブアカデミー
∟介護職員初任者研修の資格取得が出来るスクールです。特待生制度を利用すればテキスト代が無料で、受講料全額免除も可能。

>>カイゴジョブアカデミーの口コミ・評判【メリット・デメリットを解説】

 

 

未経験で無資格だけど転職をしたい!でも不安…

 

資格は無いけど、転職出来るなら今すぐ介護職に挑戦したい!でも不安です…。

 

介護職未経験の方の不安は業務内容だと思いますので、以下にまとめました。

  • 入浴介助
  • 排泄介助
  • 食事介助
  • 就寝介助
  • レクリエーション
  • 口腔ケア など

他にも業務は細分可されていますし、施設によっては行わない業務もあります。

 

本記事では未経験の方が不安に感じる介護業務を2つ解説します。

 

 

介護未経験の方が不安な業務

デスクワークする女性

介護職未経験の方は、

  1. 入浴介助
  2. 排泄介助

入浴介助と排泄介助を不安に思う方が多いと思います。

 

以下から詳しく解説していきます。

 

【介護職未経験の不安①】入浴介助

 

施設によって、入浴する回数は異なります。

 

しかし、介護職として施設で働くとなると入浴介助は避けて通れません。

【入浴介助の主な業務】

  • 入居者の服の着脱
  • 入居者の全身の確認
  • 入居者の体を洗う
  • 頭を洗う

大きく分けるとこの4つです。

 

お風呂場は滑りやすい為、転倒に注意をする必要があります。転倒が原因で骨折をしてしまうケースも少なからずあります。

また、入浴中に浴槽で溺れてしまうことの無いよう注意することも必要です。

 

入居者から目を話さないこと。

これは基本的なことですが、入浴介助で最も重要なことです。

 

 

【介護職未経験の不安②】排泄介助

 

排泄をしたくなるタイミングは人それぞれです。

 

昔は自然に出来ていた”排泄”を手助けされていること自体がストレスに感じる入居者もいらっしゃいます。

【排泄介助の主な業務】

  • 入居者のズボンや下着の上げ下げ
  • 入居者がトイレに座る為の補助
  • 入居者のお尻を拭く(同時に皮膚の状態などを確認)

トイレに行けず失禁してしまう場合もあります。失禁をしてしまう理由は入居者によって様々ですが、失禁の対応も排泄介助に含まれます。

 

排泄介助で、一番重要なことは入居者の方の気持ちを考えることです。

なぜなら、排泄介助を必要とする方は”昔は自然に出来ていたことが出来なくなった”ということ。

これは介護が必要な入居者だけではなく、人間の誰しもが辛いことです。

相手の気持ちを考えることは、介護職未経験の方もすぐに実践出来るかと思います。

 

 

介護職の現場で起こり得ること【未経験の方へ】

おじいちゃんとおばあちゃんの人形

介護職の現場では、様々なことが起きます。不安を煽ってしまうかもしれませんが、知っていおいて損は無いかと思います。

 

介護職で起こり得ることを2つご紹介します。

 

夜間の徘徊

 

認知症の方の症状の1つに”徘徊”という行動症状があります。

”自宅で認知症の親を介護していたが、夜間に一人で外に出てしまった”

知っている方がいるかもしれませんが、実際に”自宅で認知症の親を介護していたが、夜間に一人で外に出てしまった”などの徘徊が原因で所在が分からなく事柄も発生しています。

 

この”徘徊”は施設内においても、起こり得ます。

 

徘徊している入居者の方に対して、介護職員は夜間でも対応をします。

夜間に施設内を徘徊している時には、入居者の方を部屋まで誘導する必要があります。
しかしその誘導を拒否したり、拒むこともあるので誘導が全てスムーズにいくとは限りません。

 

徘徊の原因は、人それぞれです。その為、なにをしたら入居者の方が徘徊をしなくなるという明確な正解も人それぞれです。

 

 

おむつ交換

 

これは排泄介助にも含まれることです。

 

おむつ交換は数時間おき、または入居者からのコールがあった時に行います。

おむつ交換の回数は施設や入居者によって異なり、徘徊の件と同様に夜間でも対応をします。

 

便がおむつからはみ出ている場合もあり、陰部や臀部を清潔にする必要もあります。

その時にベッドなども汚れてしまっているよう状態なら、布団やシーツを取り替えてベッドメイクを行います。

 

 

介護職員初任者研修の取得【未経験の方におすすめ】

イスに座って作業する女性

先ほども解説しましたが、介護職は未経験でも転職することが出来ます。

しかし【介護職員初任者研修修了者】や【介護職員初任者研修以上】といった求人が少なくありません。

 

介護職員初任者研修によって不安を取り除く

下記は介護職員初任者研修についての厚生労働省からの出典です。

 

介護職員初任者研修とは

 

介護職員初任者研修は、介護に携わる者が、業務を遂行する上で最低限の知識・技術とそれを実践する際の考え方のプロセスを身につけ、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的として行われるものである。

出典:厚生労働省|介護員養成研修の取扱細則について

 

というように、

介護職員初任者研修では、介護職の基礎の部分を学ぶことが出来ます。

 

この研修を修了すれば、応募出来る求人の数はかなり多くなります。
なにより、実際に介護の勉強をすることで、介護職の不安も少なからず解消出来ます。

 

本記事の冒頭を見て”介護職は無理そうだな”と考えた方も、介護職の勉強をしてから出来るか出来ないかを判断することをおすすめします。

 

介護職員初任者研修の資格取得

・カイゴジョブアカデミー
∟介護職員初任者研修の資格取得が出来るスクールです。特待生制度を利用すればテキスト代が無料になり、受講料全額免除も可能です。

資格取得後の就業サポートも、もちろんあります。転職する前にスクールに通うのも一つの選択肢です。

>>カイゴジョブアカデミーの口コミ・評判【メリット・デメリットを解説】

 

 

介護職は未経験でも転職出来ますが、楽な仕事ではない

STARTからGOALのコピー

「中途半端な気持ちで働いて欲しくない」

この言葉は、介護職を長年経験している友人の言葉です。

 

介護職は未経験でも転職出来る仕事です。だからといって、介護職は楽な仕事ではありません。

 

本記事で介護職未経験の方の不安が取り除けたのかは…正直疑問です。(すみません。)

 

でも、”高齢者に感謝されるやりがいのある仕事!”や”誰かの為に働いている実感が持てるおすすめの仕事!”といったように安易に介護職を勧めるのも嫌だな、と。

 

介護の仕事を本気でやりたい方は、転職してみてはいかがでしょうか。


>>介護専門転職エージェント6選【無資格向け3選・有資格向け3選】

 

本記事がお役に立てていれば、嬉しいです。

では、また。

-介護職, 転職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5