テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの評判とは

テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの評判

”テックアカデミーってswiftを学べるの?”

”テックアカデミーのiPhoneアプリコースについて知りたい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

TechAcademy(テックアカデミー)ではswift言語を学ぶことが可能です。

iPhoneアプリコースの最終ゴールは、【オリジナルアプリをAppStoreに公開】です。

本記事で紹介するテックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの評判・口コミは、出典元があるもののみ紹介します。

その他、テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの具体的な特徴などについても解説します。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの特徴
  • テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの評判、口コミ

本記事ではこれらを解説していきます。

\公式HPを見てみる/

テックアカデミーでiPhoneアプリ開発を学ぶ

おすすめのプログラミングスクールは『swiftの独学に挫折しそうな方におすすめのプログラミングスクール』でも紹介しているので、興味のある方はぜひ。

目次

TechAcademy(テックアカデミー) iPhoneアプリコース(swift)の特徴

iPhoneアプリ(swift)コースのトップページ
受講形態オンライン
料金174,900円(税込)〜
期間4週間〜
無料相談・体験あり
公式HP

TechAcademy(テックアカデミー)はキラメックス株式会社という企業が運営しています。

では、TechAcademy(テックアカデミー)のiPhoneアプリ(swift)コースの特徴から紹介します。

swiftに特化したコース(Kotlinは学ばない)

(上記はテックアカデミーの公式YouTube動画です)

iPhoneアプリコースはswiftに特化したコースです。

プログラミング初心者の方も受講可能で、年齢制限も特にありません。

テックアカデミーのiPhoneアプリコースですが、Androidアプリの作成が出来る【Kotlin】は学びません。

”Kotlinも同時に学びたい!”という方は、後で紹介するiPhoneアプリ+Androidアプリセットを検討しましょう。

iPhoneアプリ(swift)コースのカリキュラム

iPhoneアプリ(swift)コースのカリキュラム

テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースのカリキュラム概要は下記です。

カリキュラム

  • Xcodeの使い方とSwiftの理解
  • UIキットの理解とStoryboardの使い方
  • 2Dゲーム向けSpriteKitの理解
  • Git/GitHubの使い方
  • Firebaseの学習

主にこれらを学んでいき、4種類のアプリを実際に作成していきます。

(Storyboardはパッと見、初心者でも直感的に出来そうなんですが、意外と出来ませんよね。)

iPhoneアプリ(swift)コースで作成するアプリ

iPhoneアプリ(swift)コースの作成アプリ

iPhoneアプリ(swift)コースでは4つのアプリを作成します。(上記画像からの抜粋)

作成する4つのアプリ

  • 横スクロールアクションアプリ
  • タスク管理アプリ
  • Instagramクローンアプリ
  • オリジナルアプリ

以上を作成し、最後のオリジナルアプリはAppStoreに公開まで行います。

正直、横スクロールアクションアプリのソースコードはネット上にあります。(テックアカデミー で作成するアプリではありません)

しかし、プログラミング初心者の場合ソースコードを見ても、どこのコードがキャラクターを動かしているのかを判明するのに何時間も掛かります。

swiftは誰かに教わったほうが間違いなく効率的です。

iPhoneアプリ(swift)コースの料金・期間

テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの料金
(公式HPから引用)

テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの、料金と期間は以下です。(上記画像から抜粋)

料金・受講期間

  1. 4週間:174,900円(税込)
  2. 8週間:229,900円(税込)
  3. 12週間:284,900円(税込)
  4. 16週間:339,900円(税込)

テックアカデミーには【先割】という受講料が8%OFFになるサービスや、【トモ割】という割引サービスもあります。

後で紹介するセットコースでも【セット割】という割引があるので有効に使いましょう。

iPhoneアプリ(swift)コースの受講条件

テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースには、いくつかの受講条件があります。

受講条件

  • PCの基本的な動作ができる
  • Google Chromeを利用できる
  • Mac(OS 10.15.2以上)を持っている
  • 期間内に必要な学習時間を確保できる
  • 必要なメンタリング回数をこなすことができる

テックアカデミーでは、Macの貸し出し(レンタル)などはありません。

しかし、swiftではXcodeを使う為にMacが必須なので、持っていない方は準備する必要があります。

iPhoneアプリ(swift)コースは他のコースとセットも可能

iPhoneアプリ(swift)コースのセット
(公式HPから引用)

冒頭に紹介した、コースのセットについてです。

iPhoneアプリ+Androidアプリセットを受講すれば、swiftとKotlinを同時に学ぶことが出来ます。

その他には、UnityやUI/UXデザインとセットにすることも可能です。

自分にあったコースの組み合わせを選択しましょう。

\swiftとKotlinを同時に学ぶことも可能/

テックアカデミーでiPhoneアプリ開発を学ぶ

TechAcademy(テックアカデミー)iPhoneアプリ(swift)コースの評判・口コミ

TechAcademy(テックアカデミー)iPhoneアプリ(swift)コースの評判・口コミ

テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの評判・口コミですが、感想のようなものも多かったです。

ですので、iPhoneアプリ(swift)コースの評判・口コミ・感想を紹介します。

テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの評判・口コミ・感想は以下です。

  • 仕事終わりに課題を再提出
  • レッスン3swift完了
  • テックアカデミーのメンターさんを待つ

順に紹介します。

仕事終わりに課題を再提出

仕事終わりにiPhoneアプリ(swift)コースで、課題を再提出。

働きながら学習時間の確保は大変です。

レッスン3 swift完了

iPhoneアプリコースの教材が進んだという口コミです。

テックアカデミーのメンターさんを待つ

メンターさんに聞ける環境は重要です。

テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースの、評判・口コミ・感想は以上です。

テックアカデミーの無料説明会動画

テックアカデミーにはコースについて詳しく知ることができる動画を見ることが出来ます。

”体験とかはめんどくさい…”という方にはおすすめです。無料なのでぜひ。

TechAcademy(テックアカデミー)iPhoneアプリ(swift)コースについてのよくある質問

TechAcademyのiPhoneアプリ(swift)コースの料金って高い?

プログラミングスクールの相場からすると、安い部類です。

その他のプログラミングスクールと比較したい方は『swiftが学べるおすすめのプログラミングスクール』を参考にしてみてください。

TechAcademyでiPhoneアプリとAndroidアプリの両方を学びたい場合はどうすれば?

iPhoneアプリ/Androidアプリセットというコースがあります。

料金の支払い方法は?

支払い方法は以下から選ぶことができます。

  1. クレジットカード払い(分割可能)
  2. コンビニ決済
  3. 銀行振込
  4. Amazon Pay
  5. PayPay

TechAcademy(テックアカデミー)iPhoneアプリ(swift)コース:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では、テックアカデミーiPhoneアプリ(swift)コースについて紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

swiftは言語は初心者に優しい言語と言われています。

しかし、実際にswiftを独学してみると、エラーは頻発しますし、そのエラーを解除しようとネットで探してもエラーの原因があまり出てきません。

swiftはプロから学んだほうが早いので、興味のある方はぜひ。

\無料説明会・無料体験を受けてみる/

テックアカデミーでiPhoneアプリ開発を学ぶ

目次