スクール/講座

【実際に通ってみた】ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の評判・口コミ

【就職に強い】ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の評判・口コミ

”ヒューマンアカデミーに実際に通った人の感想が知りたい!”

”ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座の口コミや評判は?”

本記事ではこれらの声に答えていきます。

 

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座を実際に受けていましたが、授業が分かりやすく、授業のコマの取り方なども親切に教えてくれます。

 

講座を終えて、日本語教師になった場合は【1日に3コマ週に2日】といった自身のワークライフバランスに合わせて働くことが可能です。

年齢制限は特に無いので、40代や50代の受講生も多いです。

 

本記事で紹介するヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座の評判・口コミは、出典元があるもののみ紹介します。

その他、ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座の具体的な特徴などについても解説します。

 

本記事で解説すること

  • ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の特徴
  • ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の評判、口コミ
  • ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のデメリット
  • ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のメリット
  • ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の料金プラン

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

ヒューマンアカデミーで日本語教師を目指す

ヒューマンアカデミー日本語養成講座のトップページ

校舎 全国(23校舎)
期間 6ヶ月〜
料金 132,000円(税込)
資料請求 ○(無料)
公式HP ヒューマンアカデミー

 

ヒューマンアカデミーは、日本語教師養成講座が受けられるスクールです。

後で解説しますが、日曜に授業を受けることも出来る為、働きながらでも比較的通いやすいのが特徴。

 

さらに、ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座は、文化庁の「日本語教員の要件として適当と認められる研修」の基準を満たしています。

 

ヒューマンアカデミーはヒューマンアカデミー株式会社が運営しています。

それでは、ヒューマンアカデミーの評判・口コミから紹介していきます。

 

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の評判・口コミ

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の評判・口コミ

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の評判・口コミを調べましたが、悪い評判・口コミはありませんでした。

 

なので、本記事で紹介するのは良い評判・口コミとなります。

 

※冒頭にもお伝えしましたが、本記事で紹介する評判・口コミは出典あるもののみなので信頼性はあるかと。

 

【良い評判・口コミ】

  • 相談したら6ヶ月に詰めてもらえた
  • 定期的にキャンペーン行なっている
  • 【番外】実際に学習している方々の声

順に紹介します。

 

 

相談したら6ヶ月に詰めてもらえた

 

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座は基本的に1年ですが、6ヶ月に短縮してもらえたという口コミです。

 

 

定期的にキャンペーンを行なっている

 

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座は定期的にキャンペーンを行なっているので、タイミング次第ではお得になります。

 

 

【番外】実際に学習している方々の声

 

こちらは評判や口コミではないのですが、ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座に通われている方の声を紹介します。

 

 

 

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の良い評判・口コミは以上です。

\無料の説明会に参加してみる/

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座HPはこちら

日本語教師養成講座があるスクール

 

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のデメリット

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のデメリット

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のデメリットですが、

  1. 期間が長い
  2. 通学する必要がある

 

それでは、順に解説していきます。

 

期間が長い

 

ヒューマンアカデミーでは、420時間を修了するために1年ほどの期間が掛かります。

”いますぐ日本語教師になりたい!”という方は、毎年10月に行われる日本語教育能力検定試験に合格した後に就職というルートが最短かもしれません。

 

ですが、日本語教師の採用に関して420時間の修了を義務付けている学校は少なくありません。

さらに、420時間の修了を義務付けていない学校でも、420時間を修了している方としてない方では420時間を修了している方の採用率が高いことは間違いありません。

 

 

通学する必要がある

 

日本語教師養成講座を修了するためには420時間のカリキュラムを行う必要があります。

その為、ヒューマンアカデミーの日本語養成教師養成講座は通学する必要があります。

働きながら講座を受けたい方はなかなか厳しいですよね。

 

通信だけの日本語教師養成講座はないの?

と疑問に思うかもしれません。

 

世の中にはそのような講座も存在しています。

ですが、通信だけで420時間のカリキュラムを行うスクール・講座は文化庁に届出が受理されていない講座の可能性が高いです。

 

 

文化庁に届出が受理されていない講座だとどうなる?

 

文化庁HPには日本語教員の要件が以下のように記載されています。

新基準の第1条第1項第13号ニにおいて,日本語教員の要件の一つとして,「学士の学位を有し,かつ,日本語教育に関する研修であって適当と認められるものを420単位時間以上受講し,これを修了した者」と定められています。

引用:日本語教員養成研修の届出について | 文化庁

 

ですが、420時間のカリキュラムを修了しているだけでは不足しています。

先ほども解説しましたが、文化庁に届出が受理されているスクール・講座でなければいけません。

 

文化庁に届出が受理されていないスクールや講座に通うとどうなるの?

 

まず、文化庁に届出が受理されていない講座の場合、就職や転職時に苦戦する可能性が高いです。

 

というのも、日本語学校によっては文化庁の届出が受理されていないスクール・講座の420時間のカリキュラムを修了したとしても、その修了は認めない場合があります。

通信のみという日本語教師養成講座は楽かもしれませんが、後々後悔するかもしれません。

 

ちなみに、ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座は文化庁に届出が受理されています。

日本語教師を目指す方は安心して通うことが出来ます。

 

【追記】

2021年7月時点では、ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座で【オンラインコース】が用意されています。

各科目のテストは校舎で受けるなど、オンライン完結ではありませんがこのご時世に対応した講座があります。

詳細はヒューマンアカデミーの無料説明会などで聞いてみることをおすすめします。

 

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のメリット

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のメリット

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のメリットは以下です。

  1. 就職・転職に強い
  2. 振替・休学が可能
  3. 通学する曜日の選択肢が多い
  4. 単位を取る為のサポートが充実

 

こちらも、順に解説してきます。

 

ヒューマンアカデミーは就職・転職に強い

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座は就職・転職に強い

公式HPから引用

ヒューマンアカデミーはヒューマングループの一つです。

そのヒューマングループには人材事業がある為、他のスクールよりも就職や転職に強いです。

上記の画像にもありますが、実際に未経験からの就職率は96.3%とかなり高いです。

 

国内だけではなく、もちろん海外の求人も取り扱っています。

実際にヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座に通いましたが、教室に向かうまでの廊下の壁などに色々な求人が貼られていました。

 

 

振替・休学が可能

 

首都圏限定になってしまいますが、近隣校に振替が出来ます。

 

さらに、休学は1ヶ月~最長1年まで可能です。(1年を超えて休学したい場合は事前に申請することで、1年間の延長が可能)

”講座に通えなくなるから辞める”という選択肢をすぐにしなくて済みます。

 

 

通学する曜日の選択肢が多い

  • 週2日〜3日
  • 平日のみ
  • 土日のみ
  • 平日+土日
  • 日曜のみ

といったように、通学の選択肢が多いです。

 

ちなみに私は日曜のみ通学をして、数ヶ月後には土日で通学といった計画でした。

通学する曜日の変更・追加は可能なので、窓口に相談しましょう。

 

 

単位を取る為のサポートが充実

 

ヒューマンアカデミーでは様々なサポートをしてくれます。

 

例えば、受講して間もなく”働きながら講座を受けると、420時間修了するの2年後じゃない?”と思う事があるかもしれません。

ですが、その不安を運営の方に相談すると、あなたのライフスタイルに合わせて効率的に単位を取る計画を一緒に考えてくれます。(私の実体験です)

\無料の説明会に参加してみる/

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座HPはこちら

日本語教師養成講座があるスクール

 

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の料金プラン・コース

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の料金プラン・コース

 

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座のコースは大きく3種類です。

 

日本語教師養成講座のコース

  • ①:日本語教師養成講座(eラーニング+通学+通信検定)
  • ②:日本語教師養成講座(eラーニング+通学)
  • ③:日本語教育能力検定試験【完全合格】講座

これら3つのコースは期間や料金が異なります。

コースごとの期間・料金を順に紹介していきます。

 

日本語教師養成講座(eラーニング+通学+通信検定)

 

①:日本語教師養成講座(eラーニング+通学+通信検定)

  • 受講料:593,440円(税込)
  • 入会金:33,000円(税込)
  • 分割払い:○
  • 受講期間:1年

上記のように受講期間は基本的に1年(休学など可能)で設定されています。

日本語教育能力検定試験の対策もセットになっているので、不足のないコースです。

 

 

日本語教師養成講座(eラーニング+通学)

 

②:日本語教師養成講座(eラーニング+通学)

  • 受講料:495,000円(税込)
  • 入会金:33,000円(税込)
  • 分割払い:○
  • 受講期間:1年

 

日本語教師養成講座(eラーニング+通学)は”420時間のカリキュラムは修了したいけど、日本語教育能力検定試験の対策は自分でやります!”という方向けです。

※eラーニングとは映像(動画)授業です。場所を問わず授業を受ける事が可能です。

 

 

日本語教育能力検定試験【完全合格】講座

 

③:日本語教育能力検定試験【完全合格】講座

  • 受講料:132,000円(税込)
  • 入会金:なし
  • 分割払い:○
  • 受講期間:約6ヶ月

 

日本語教育能力検定試験【完全合格】講座は、420時間のカリキュラムは行いません。

その名の通り、日本語教育能力検定試験合格を目指す為の通信講座です。

検定試験の合格だけで良い!という方は、こちらを選択しましょう。

 

 

教育訓練給付金の対象【最大で10万円が支給】

 

先ほど解説した①と②の講座は教育訓練給付金の対象コースです。

最大で10万円の支給がされるので、これを逃すのはもったいないです。

 

ですが、教育訓練給付金を貰うためにはいくつかの規約をクリアする必要があります。

教育訓練給付金の規約などを詳しく知りたい方は、ヒューマンアカデミーの無料説明会またはハローワークに相談してみましょう。

 

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の無料説明会

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の無料説明会

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座には無料説明会があります。

その参加方法は簡単ですが紹介します。

 

  1. ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座にアクセス
  2. 【無料説明会に参加する】をクリック
  3. 希望の校舎・日時を選び、送信するをクリック

では、順に解説します。

 

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座にアクセス

 

まずはヒューマンアカデミー日本語教師養成講座にアクセスします

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座にアクセス >>

 

 

「無料説明会に参加する」をクリック

ヒューマンアカデミー日本語養成講座のトップページ

 

ヒューマンアカデミーにアクセスしたら、【無料説明会に参加する】をクリックします。

 

 

 

希望の校舎・日時を選び、送信するをクリック

ヒューマンアカデミープロフィール記入ページ ヒューマンアカデミープロフィール記入ページ2ページ目 ヒューマンアカデミープロフィール記入ページ3ページ目

 

校舎・希望日時などを選択し、【送信】をクリックすると完了です。

無料相談なので、軽い気持ちで臨んで大丈夫です。

 

 

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の評判・口コミ:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

ヒューマンアカデミーは運営の方のサポートが丁寧です。

資格取得後は、生徒らに日本語を教える【日本語教師】としてのキャリアがスタートします。

\無料の説明会に参加してみる/

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座HPはこちら

日本語教師養成講座があるスクール

 

-スクール/講座

© 2021 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5