スクール/講座

ヒューマンアカデミーで日本語教師を目指す【料金・評判・口コミ】

ヒューマンアカデミーで日本語教師を目指すと書かれている

”ヒューマンアカデミーで日本語教師になれる?”

”ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座の評判は?”


本記事でこれらの声に答えていきます。

 

ヒューマンアカデミーは日本語教師養成講座があるスクール。

日本語教師は【1日に3コマ週に2日】といった自身のワークライフバランスに合わせて働くことが可能です。

年齢制限は特に無いので、40代や50代の受講生も多いです。

 

本記事で解説すること

  • ヒューマンアカデミーの特徴
  • ヒューマンアカデミーのメリット
  • ヒューマンアカデミーのデメリット
  • ヒューマンアカデミーの評判、口コミ

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

スポンサードサーチ

ヒューマンアカデミーの特徴

ヒューマンアカデミートップページ

校舎全国(65校舎)
期間6ヶ月〜12ヶ月
料金132,000(月々9,400〜)
資料請求○(無料)
公式HPヒューマンアカデミー

 

ヒューマンアカデミーは、日本語教師養成講座が受けられるスクールです。

後で解説しますが、日曜に授業を受けることも出来るため、働きながらでも比較的通いやすいのが特徴。

 

さらに、ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座は、文化庁の「日本語教員の要件として適当と認められる研修」の基準を満たしています。

 

それでは、ヒューマンアカデミーの評判から紹介していきます。

 

 

ヒューマンアカデミーの悪い評判・口コミ

デスクワークする女性

ヒューマンアカデミーの悪い評判・口コミを載せたかったのですが、唯一あったのがこの意見です。

 

 

ヒューマンアカデミーの良い評判・口コミ

ホワイトボードを見る男性

・振替が可能
・働きながら資格を取得
・オンライン説明会、電話相談会

最後はヒューマンアカデミー公式です。

 

時間は掛かると思いますが、働きながらでも420時間を修了することは可能です。

苦労した後には、生徒から「先生」と呼ばれる、念願の日本語教師になる事が出来ます。

 

 

 

ヒューマンアカデミーのデメリット

落ち込むサラリーマン

ヒューマンアカデミーのデメリットですが、

  1. 期間が長い
  2. 通学する必要がある

 

それでは、順に解説していきます。

 

期間が長い

 

ヒューマンアカデミーでは、420時間を修了するためには1年ほどの期間が掛かります。

”いますぐ日本語教師になりたい!”という方は、毎年10月に行われる日本語教育能力検定試験に合格した後に就職が最短かもしれません。

 

 

通学する必要がある

 

日本語教師養成講座を修了するためには420時間のカリキュラムを行う必要があります。

420時間のカリキュラムを行う為、ヒューマンアカデミーの日本語養成教師養成講座は通学する必要があります。

働きながら講座を受けたい方はなかなか厳しいですよね。

 

”通信だけの日本語教師養成講座は無いの?”と疑問の方。

あるにはあります。

しかし、通信だけで420時間のカリキュラムを行うスクールは文化庁に届出が受理されていない講座の場合があります。

 

 

文化庁に届出が受理されていない講座だとどうなる?

文化庁に届出が受理されていない講座の場合、就職や転職時に、かなり苦戦してしまいます。

 

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座は、文化庁に届出が受理されています。

しかし、別のスクールの講座によっては文化庁に届出が受理されていない場合があります。

その場合420時間の養成講座を修了しても、その養成講座修了者は日本語学校によっては、修了と認めないケースがあります。

通信のみは楽かもしれませんが、後々後悔するかもしれません。

 

 

ヒューマンアカデミーのメリット

喜ぶ女性

ヒューマンアカデミーのメリットは以下です。

  1. 就職・転職に強い
  2. 振替・休学が可能
  3. 通学する曜日の選択肢が多い
  4. 単位を取る為のサポートが充実

こちらも、順に解説してきます。

 

就職・転職に強い

 

ヒューマンアカデミーはヒューマングループの一つです。

そのヒューマングループには人材事業がある為、他のスクールよりも就職や転職に強いです。

国内だけではなく、もちろん海外の求人も取り扱っています。

 

 

振替・休学が可能

 

首都圏であれば、近隣校に振替が可能。

休学は1ヶ月~最長1年まで可能です。(1年を超えて休学したい場合は事前に申請することで、1年間の延長が可能)

 

 

通学する曜日の選択肢が多い

  • 週2日〜3日
  • 平日のみ
  • 土日のみ
  • 平日+土日
  • 日曜のみ

といったように、通学の選択肢は多いです。

ちなみに私は日曜のみ通学をして、数ヶ月後には土日で通学といった計画でした。

通学する曜日の変更・追加は可能なので、窓口に相談しましょう。

 

 

単位を取る為のサポートが充実

 

ヒューマンアカデミーでは、様々なサポートをしてくれます。

 

例えば、受講して間も無く”働きながら講座を受けると、420時間修了するの2年後じゃない?”と思う事があるかもしれません。

しかし、その不安を運営の方に相談すると、あなたのライフスタイルに合わせて、単位を効率的に取る計画を一緒に考えてくれます。(私の実体験です)

 

\無料の説明会有り/

ヒューマンアカデミー

日本語教師養成講座があるスクール

 

 

ヒューマンアカデミーの料金プラン・コース

掌からお金を3枚出している絵

 

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座のコースは3種類です。

日本語教師養成講座のコース

  • ①:日本語教師養成講座(eラーニング+通学+通信検定)
  • ②:日本語教師養成講座(eラーニング+通学)
  • ③:日本語教育能力検定試験【完全合格】講座

これら3つのコースは期間や料金が異なります。

コースごとの期間・料金は以下です。

 

①:日本語教師養成講座(eラーニング+通学+通信検定)

  • 受講料:683,300円(税込)
  • 入会金:33,000円(税込)
  • 分割払い:○
  • 受講期間:1年3ヶ月

 

②:日本語教師養成講座(eラーニング+通学)

  • 受講料:583,300円(税込)
  • 入会金:33,000円(税込)
  • 分割払い:○
  • 受講期間:1年

 

②:日本語教師養成講座(eラーニング+通学)は”420時間のカリキュラムは修了したいけど、日本語教育能力検定試験の対策は自分でやります!”という方向けです。

※eラーニングとは映像(動画)授業です。場所を問わず、授業を受ける事が可能。

 

 

③:日本語教育能力検定試験【完全合格】講座

  • 受講料:132,300円(税込)
  • 入会金:なし
  • 分割払い:○
  • 受講期間:6ヶ月

 

日本語教育能力検定試験【完全合格】講座は、420時間のカリキュラムは行いません。

その名の通り、日本語教育能力検定試験合格を目指す為の通信講座です。

検定試験の合格だけで良い!という方は、こちらを選択しましょう。

 

 

教育訓練給付金【10万円が支給】

 

先ほど解説した①と②の講座は教育訓練給付金の対象コースです。

教育訓練給付金を初めて支給される方は、雇用保険の被保険者期間が1年以上あれば支給対象です。

 

”対象となるかわからない…”という方は、ヒューマンアカデミーまたはハローワークに相談してみましょう。

 

 

ヒューマンアカデミーを利用する方法

デスクワークする男性

ヒューマンアカデミーに登録する方法は簡単です。

  1. ヒューマンアカデミーにアクセス
  2. 「無料説明会に参加する」をクリック
  3. 希望の校舎・日時を選び、送信するをクリック

以下からは、無料説明会の予約方法を解説してきます。

 

 

ヒューマンアカデミーにアクセス

 

まずはヒューマンアカデミーにアクセス。

ヒューマンアカデミー

 

 

「無料説明会に参加する」をクリック

ヒューマンアカデミートップページ

 

ヒューマンアカデミーにアクセスしたら、「無料説明会に参加する」をクリックします。

 

 

 

希望の校舎・日時を選び、送信するをクリック

ヒューマンアカデミープロフィール記入ページ ヒューマンアカデミープロフィール記入ページ2ページ目 ヒューマンアカデミープロフィール記入ページ3ページ目

 

校舎、希望日時などを選択し、送信をクリックすると完了です。

無料相談なので、軽い気持ちで臨んでOKです。

 

 

ヒューマンアカデミーの評判・口コミ:まとめ

STARTからGOALのコピー

ヒューマンアカデミーは、運営の方のサポートが丁寧です。

資格取得後は、生徒らに日本語を教える【日本語教師】としてのキャリアがスタートします。

 

\無料の説明会有り/

ヒューマンアカデミー

日本語教師養成講座があるスクール

 

-スクール/講座

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5