仕事についていけない40代の対策と捨てるべき2つの考え方

仕事についていけない40代の対策と捨てるべき2つの考え方

”40代で仕事についていけない…”

”仕事についていけない40代の具体的な対策が知りたい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

40代で仕事についていけない状況は、かなり精神的にも追い込まれているかもしれません。

ですが、40代でも対策さえすれば転職は可能なので、転職を検討している方は諦める必要はありません。

本記事で解説すること

  • 仕事についていけない40代の理由
  • 仕事についていけない40代の考え方
  • 仕事についていけない40代の具体的な対策

本記事ではこれらを解説していきます。

40代で転職を考えている方は、自分1人で転職活動を行うのはハードルが高すぎます。

以下のキャリアコーチングは40代以上に特化しているので、興味のある方は利用してみてください。

>> ライフシフトラボ転職コースの特徴・評判【40代・50代特化】

目次

仕事についていけない40代の理由

仕事についていけない40代の理由

仕事についていけない40代の理由は以下が挙げられます。

  1. 新しいツールや技術についていけない
  2. 任される仕事のレベルが上がった
  3. 体力的についていけない
  4. 20代や30代の考え方・やり方についていけない
  5. 目指していたキャリアと違う

順に解説します。

新しいツールや技術についていけない

40代になると、長年働いていた同僚が辞めたり新人が入ってきたりと、社内で働く人がだいぶ変わったはずです。

さらに、それに伴って会社では新たなツールや新技術を取り入れることもあります。

この新しいツールや新技術についていけない40代は、仕事についていけない原因になります。

例えば、私が以前働いていた会社では、CADという図面を作成するソフトを使っていました。

その会社の1人の40代は、

40代

今のパソコンよりもこっちのほうが使いやすいんだよね。

という理由で、Windows98という化石のようなパソコンを使っていました。

上記の方は仕事についていけない訳では無かったので、特に問題はありませんでした。

しかし、古いツールや古い技術だけを使うのは以下のようなデメリットがあります。

  1. 古いツールは壊れる可能性がある
  2. 会社が古い技術を突然辞める可能性がある
  3. 別の会社で通用しないスキル

というように、今は楽かもしれませんが後々になって困るかもしれません。

任される仕事のレベルが上がった

40代になると、レベルの低い業務は20代などの部下に任せるはずです。

その結果、40代が行う仕事というのは必然的にレベルが高い業務になります。

そうなると人によっては、

40代

ちょっと仕事のレベルが高すぎて無理かも…。

と、40代で仕事についていけないことを実感してしまうかもしれません。

20代

じゃあ、一旦レベルの低い作業をすれば?

と20代の方などは思うかもしれませんが、いまさらレベルが低い作業に戻ることは結構難しいです。

40代になると、会社の中での『立ち位置』が明確になってきます。

その立ち位置を、”今の仕事のレベルがついていけない”という自身の勝手な判断で変えることは難しいです。

その為、”今の仕事のレベルがついていけない”という気持ちが限界の方は、別の会社への転職が近道かもしれません。

体力的についていけない

仕事の中には、

  1. 夜勤がある
  2. 残業が多い
  3. 休日出勤が多い

など、様々な特徴があります。

40代で上記のような仕事をする場合、体力がついていけなくなることがあります。

確かに、仕事によっては30代で体力がついていけなくなる場合もあります。

20代や30代の考え方・やり方についていけない

40代のみもしくは40代以上しか働いていない企業というのは、かなり少ないはずです。

企業の中には20代・30代もいますし、その方々の考え方が会社に反映されることもあります。

20代女性

Instagramを使って、製品の良さをもっと伝えましょう!

20代男性

クラウドファンディングで資金を集められたら、〇〇というサービスを展開出来ますよね!

など、40代の中には上記のやり方についていけない方がいるかもしれません。

ですが、20代・30代の考え方は的を得ていて、会社的にもプラスになる可能性があります。

後で解説しますが、40代の方は『私は使ったことがないからついていけない』などという考えは捨てたほうがいいです。

目指していたキャリアと違う

40代の方の中には、

  1. 『40代になったら海外で働けるようになりたい』
  2. 『40代になったら〇〇というポジションで活躍する』
  3. 『40代になったら〇〇という新規事業を立ちあげようと考えている』

など、目指しているキャリアプランがある場合があります。

しかし、働いている中で、なんとなくそのキャリアプランが実現不可能だと察してしまう場合があります。

その結果、40代の方であっても仕事についていけない気持ちが強まります。

もしかすると、仕事についていけないというより”これ以上働いていて意味がある…?”と不安を抱くケースが多いかもしれません。

仕事についていけない40代の捨てるべき考え方

仕事についていけない40代の捨てるべき考え方

仕事についていけない40代の方は、いくつかの考え方を捨てることが重要です。

考え方を捨てることで、今の仕事についていけない状況が変わっていく可能性があります。

まず、40代で仕事についていけない方で『使ったことがないからついていけない』という考え方をしている場合。

この考え方は捨てるべきです。

使ったことがないからついていけないという考え方は捨てる

40代の方の中には、今の自分に出来ることしかしない人がいます。

これだと、40代で仕事についていけないのは当然です。

捨てるべき考え方

  • 『初めて耳にしたモノだから使わない』
  • 『このツールは使ったことがないから分からない』
  • 『若い人のほうが使い方をよく知ってるから任せる』

上記のような考え方をしているのであれば、この考え方は捨てることをおすすめします。

説教をする気はありませんが、分からないのであれば調べるべきで、使ったことが無いのなら1度試してみるべきです。

最新のツールを使いこなしている20代の方も、最初は当然使えなかった人です。

使ったことないからついていけないという考え方を40代でするのは損です。

ネガティブな考え方を捨てる

今の仕事でのキャリアアップや転職を考えている40代の方は、ネガティブな考え方になっていませんか?

ネガティブな考え

  1. 「自分にこれ以上の出世は無理」
  2. 「私がこの年で転職するのは無理そう」
  3. 「俺は今の職場に定年までいるしかない」

といった考えをするのは、40代であれば当然のことかもしれません。

ですが、あなたのキャリアがこれからどうなるかは誰にも分かりません。

例えば、40代で転職をしなかった結果、あなたが今いる会社は定年間近で倒産するかもしれません。

もしかすると、40代で転職を成功させていれば定年まで普通に働けたかもしれません。

人のキャリアは結果論です。

あなたが50代・60代になってどのような働き方をしているかは分かりませんし、そもそも40代でも転職は可能です。

【40代以上に特化した転職サポート】

ライフシフトラボというキャリアコーチングを知っていますか?おそらく聞いたことがないと思います。

は40代以上に特化した転職サポートが可能なキャリアコーチングです。

個別の無料説明会があるので、興味のある方はぜひ。

仕事についていけない40代の具体的な対策

仕事についていけない40代の具体的な対策

仕事についていけない40代の方は3つの対策をおすすめします。

  1. 自身と似た立場・年齢の人と接する
  2. コミュニケーション能力を高める
  3. 40代以上限定のキャリアコーチングを利用してみる

順に解説します。

自身と似た立場・年齢の人と接する

仕事についていけない40代の方は、まず自身と似た立場・年齢の人と接することをおすすめします。

自身と似た立場・年齢の人と接するメリット

  • ストレス解消になる
  • 40代の転職方法が知れる
  • 自分だけの悩みではないことを実感できる

など、40代の方が自身と似た立場・年齢の人と接することのメリットは多いです。

しかし、

40代

どうやって自身と似た立場・年齢の人と出会うの?

と疑問かもしれません。

同じ境遇の人と出会う方法は、SNSの中でもTwitterが有効です。

実際に顔を合わさなくても、SNS上のやり取りで40代の転職事情を知る事ができますし、今の会社の鬱憤を吐き出す事ができます。

Twitterは本名でやらなくてもいいので、かなり手軽です。

コミュニケーション能力を高める

40代で仕事についていけない方の中で、

上司との関係が良くなれば仕事についていけるかもしれない…。

部下との仲が良くなれば仕事についていけるかもしれない…。

といった、職場の人間関係に悩んでいる方。

人間の中には”ただただ誰かを仲間外れにしたい・いじめたい”といった考えを持つ人がいます。

ですが、多くの場合なんの理由もなく人間関係を悪化させる人はいません。

職場の人間関係が悪くなるということはなにかしらの原因があります。

相手が100%悪いのか、あなたが悪いのかは分かりません。

ですが、職場の人間関係が気になるという状況を作った原因が、少しでもあなたにあれば対策をするべきです。

その具体的な対策は、コミュニケーション力を上げることです。

コミュニケーション力が上がれば、職場の人間関係が好転できる可能性が高いです。

しかし、コミュニケーション力を自分ひとりで改善するのは難しいですよね。

もしも、コミュ二ケーション力を効率良く上げたいのなら、というビジネススクールがおすすめです。

公式HP:

コミュトレの無料カウンセリングを、職場の悩みや相談を聞いてもらう場として使うのもありです。

>> コミュトレの評判はこちら

40代以上限定のキャリアコーチングを利用してみる

40代以上の方が転職活動で内定を貰うためには、180社前後の企業に応募する必要があるのを知っていますか?

40代女性

いや、それは無いでしょ(笑)

と思いますよね。

というのも、ネットで検索をすると『10社〜20社程度の応募OK』などの情報が多いです。

しかし、実際に転職活動を始めてみると、10社程度ではまったく内定が貰えないですよね。

40代は年齢の制約がある為、書類選考でバシバシ落とされます。

企業によっては履歴書に書いてある年齢をチラッと見て書類選考不合格とし、職務経歴書は見もしないというケースも少なくありません。

となると、40代の方は応募可能な企業にどんどん応募していくしかありませんが、そもそも40代の方が応募可能な求人を見つけるのが難しいです。

転職サイトに載っている求人は20代や30代を対象にした求人ばかりですし、転職エージェントの場合は40代以上の利用自体を断ります。

ですが、であれば、あなたが応募可能な求人を代わりに探してくれます。

さらに、このキャリアコーチングは40代以上に特化しています。

1人で100社以上の応募可能な求人を見つけるのが難しい方は、ライフシフトラボを使って損はありません。

仕事についていけない40代のよくある質問

40代で仕事についていけない場合はまずどうするべき?

40代で仕事についていけない場合は、

  1. 今の会社に残る
  2. 転職をする

の2択を考え、今の会社に残るのであれば現状での対策をし、転職をするのであれば転職活動の準備を進めましょう。

40代で仕事についていけないけど、転職は可能?

40代の方でも転職は可能です。しかし、40代の方の転職活動は簡単ではないため、キャリアコーチングなど外部の転職ツールの活用をおすすめします。

仕事についていけない40代の対策と捨てるべき2つの考え方:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 仕事についていけない40代の理由
  • 仕事についていけない40代の捨てるべき考え方
  • 仕事についていけない40代の具体的な対策

最後まで読んでいただきありがとうございます。

40代で仕事についていけない方は、今の仕事を続けなくても大丈夫です。

現在の状況が辛すぎるのであれば、転職をすることは可能です。

【関連記事】

>> 仕事についていけない5つの原因と3つの対策【無理をしない選択肢】

>> 仕事についていけない20代の5つの理由と4つの具体的対策

>> 30代で仕事についていけない方の3つの戦略【必見の対策】

目次