職種ごとの悩み

リモート(テレワーク)が出来ない仕事をまとめてみた【実体験も解説】

リモート(テレワーク)が出来ない仕事まとめ

”リモートが出来ない仕事を知りたい!”

”ついでにリモート出来る仕事も教えて欲しい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

 

リモート(テレワーク)で仕事が出来ないのは、企業のせいばかりではありません。

その業種や業界のシステム上、リモートでの仕事がどうしても出来ない場合があります。

本記事では、リモートが出来ない仕事をずらっと紹介し、実際にリモートで仕事をした感想も紹介します。

 

本記事で解説すること

  • リモートが出来ない仕事まとめ
  • リモートが出来る仕事まとめ

 

リモート(テレワーク)が出来ない仕事

リモート(テレワーク)が出来ない仕事

 

リモートが出来ない仕事は以下です。

 

リモートが出来ない仕事

  • 漁業
  • 農業
  • 酪農
  • 工房
  • 工場
  • 役所
  • 宅配
  • 郵便局
  • 看護師
  • 警察官
  • 消防士
  • 警備員
  • 畜産業
  • 養殖業
  • 保育園
  • 幼稚園
  • 介護職
  • 清掃業務
  • 遺品整理
  • 家事代行
  • 出張買取
  • 設備点検
  • 工事現場
  • 建設現場
  • 卸売市場
  • テレビ局
  • カメラマン
  • 救急救命士
  • バス運転手
  • タクシー運転手
  • トラック運転手
  • ベビーシッター
  • ハウスクリーニング
  • 鉄道の駅員・運転士
  • 店舗の店員(コンビニ・スーパーなど)

少し調べてみただけで、リモートが出来ない仕事は現代でもこれだけの数があります。

下記でいくつか抜粋して解説します。

 

 

農林水産業はリモート(テレワーク)が出来ない仕事

 

第一次産業とも言われますが、農林水産業はリモートが出来ない仕事に分類されます。

 

第一次産業には、自然界に働きかけて直接に富を取得する産業が分類される。クラークによれば農業、林業、鉱業、漁業(水産業)がこれに該当する。

出典:第一次産業 | wikipedia

上記の出典にもありますが、農業・漁業・林業などは第一次産業に該当します。

農林水産業がリモートで出来る未来が来るのはまだまだ先かもしれません。

 

 

製造業はリモート(テレワーク)が出来ない仕事

 

こちらは第二次産業と呼ばれていますが、何かを加工する仕事はリモートが出来ない仕事が多いです。

 

第二次産業には、第一次産業が採取・生産した原材料を加工して富を作り出す産業が分類される。クラークによれば製造業、建設業、電気・ガス業がこれに該当する。

出典:第二次産業 | wikipedia

上記の出典にもありますが、工場などの製造業や建設業はリモートが出来ない仕事の部類です。

小さな工具のみお製造であればリモートで可能かもしれませんが、多くの製造業や建設業は重機や専用の機械が必要になります。

 

>> 工場の正社員ってきつい?実際どうなの?【3Kの見極め方】

 

 

医療や介護はリモート(テレワーク)が出来ない仕事

 

医療や介護はリモートでの仕事が出来ない仕事の代表格かもしれません。

医療では患者さんの対応が24時間必要な場合もありますし、介護では食事・入浴・排泄・着替えなどの身体介護はリモートでは不可能です。

 

ですが、医療の現場ではリモート診療やリモート健康診断などが出てきているので、少しづつリモートで出来る仕事の幅を広げています。

 

>> 介護職未経験の方が感じる不安とは【排泄介助・入浴介助の具体的業務】

 

 

接客業はリモート(テレワーク)が出来る仕事になりつつある

 

接客業は基本的に対面での接客なので、リモートが難しい仕事です。

 

ですが、現代だと例えばALLYOURSというアパレルショップでは、zoomにて接客を行なっています。

お客さんは店舗に足を運ぶことなく、洋服に関する質問などが可能で、自宅試着というサービスも行なっています。

 

その他、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングはLINEでの接客を始めていますし、店舗が必要な仕事でもリモートが可能になりつつあります。

 

 

リモート(テレワーク)が出来る仕事

リモート(テレワーク)が出来る仕事

 

リモートが出来る仕事は以下です。

 

リモートが出来る仕事

  • 営業職
  • 事務職
  • ライター
  • コンサル
  • マーケター
  • エンジニア職
  • デザイナー職

リモートが出来る仕事については、以上です。

 

事務職ってリモートでどんな仕事をするの?

 

事務職はリモートになってもやる仕事は変わりません。

そして、実際にリモートで事務職をやった感想としては【快適すぎる】ということです。

 

 

実際にリモートで仕事をした感想

 

事務職では、資料作成やデータ入力などが主な仕事です。

先ほども解説しましたが、その仕事内容は変わりません。

 

しかし、リモートで仕事をする内に以下のメリットに気づきました。

【リモートで仕事をするメリット】

  • 自宅で出来る
  • 作業の途中で話かけられない

当たり前なメリットですが、この2つのメリットが作業効率を大幅に上げてくれます。

自分の好きな空間で、作業の途中で不必要な中断がない環境は【快適】です。

 

リモートでの仕事はかなりおすすめです。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズキャリア(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    女性特化型なので、必然的に女性を採用したい企業が分かります。
  • 就職Shop(転職エージェント)
    【公式】
    https://www.ss-shop.jp
    学歴や職歴は問われません。20代特化。
  • ポジウィルキャリア(有料キャリア)
    【公式】
    https://www.posiwill.co.jp
    20代〜30代が利用可能。転職エージェントとは違った目線のアドバイスが欲しい方向け。(無料相談有り)

 

>> おすすめの転職サイト・エージェント【早期退職の経験があっても正社員になれる】

 

 

リモート(テレワーク)が出来ない仕事をまとめてみた:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を解説しました。

  • リモートが出来ない仕事まとめ
  • リモートが出来る仕事まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

リモートで仕事が出来ない場合は、その企業が古いというよりもその業種や業界自体が出来ないケースが多々あります。

リモートで仕事をするシステムを1から作ることは簡単なことではありません。

 

 

 

NEXT

>> Webマーケティングの求人があるおすすめ転職サイト・エージェント

>> リモートワーク(テレワーク)が辛い13の原因と対策方法

>> 【転職したい方向け】楽な仕事ランキング19選 | その価値観は甘えではない

>> ビズコンフォートの評判・口コミ【コワーキングスペース】

-職種ごとの悩み

© 2021 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5