転職 転職 20代

20代での転職失敗談とそこから得たある事【実体験】

20代での転職失敗談【実体験】

”20代の転職失敗談が知りたいな!”

”20代で転職に失敗しない方法なんてある?”


本記事では、これらの声に答えていきます。

 

多くの方が20代で転職をしています。

その中には、転職に成功した人もいれば転職に失敗してしまう方もします。

私も転職で失敗した人の一人でして、20代で転職に失敗しています。

そんな失敗経験の中で多くのことを学んだ結果、ホワイトな企業で3年目を迎えています。

 

 

本記事で解説すること

  • 20代で転職に失敗した実体験
  • 20代の転職失敗談①、②
  • 失敗をしない為に20代に伝えたいこと

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

スポンサードサーチ

20代で転職に失敗した実体験

考える男の子

これから紹介するのは、私の実体験です。

 

本記事を見て、共感することが合ったり、”私はこんな失敗しないようにしよう”と思って貰えれば嬉しいです。

 

突然ですが、私の経歴を紹介します。

 

経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

この中の、【新卒で入社した会社を3ヶ月で退職】と【契約社員を2週間で退職】の経歴を解説します。

 

厳密に言うと新卒で入社した会社は転職ではなく就職ですが、転職=就職ということで。

 

まずは新卒で入社した会社を2週間で退職した失敗談から解説します。

 

 

【20代の転職失敗談①】入社した会社を3ヶ月で退職

落ち込むサラリーマン

新卒で入社した会社は、

【雇用条件】

  • 主に電話営業
  • 基本9時〜18時半
  • 手取り23万程度
  • 残業月20時間程度有り
  • 福利厚生完備
  • 交通費全額支給
  • 転勤有り

という雇用条件でした。

雇用条件も悪くないですし、上司からのパワハラなどもなかったので、ブラック企業と感じることはありませんでした。

 

じゃあ、3ヶ月で退職した理由は?

 

3ヶ月で退職した理由は、

  • 業務が向いていない
  • 別の業界を考えることをしなかった

これら2つが失敗した理由です。

 

解説します。

 

業務が向いていない

 

3ヶ月で向き不向きは分からない!

という方もいるかと思います。

 

しかし、私は3ヶ月で向いてないと感じ、さらに業務が辛すぎた為に退職しました。

 

新卒で入社する前に、【営業職だけど飛び込み営業はほぼ行わない】ということは聞いていましたし、電話営業が中心ということも知っていました。

 

実務が始まる前に1ヶ月間の研修がありました。

研修中は電話営業のノウハウや電話営業のロープレを行い、数十名の同期の中でもそこまで評価は悪くなく、ロープレも苦ではありませんでした。

1ヶ月間の研修が終わると、私や同期はそれぞれの支社に配属し、電話営業の実務が始まりました。

 

 

向いていないと感じる日々

 

電話営業の他にも事務的な作業やPCへの入力作業などがありますが、基本的な業務は電話営業です。

 

暇さえあれば電話営業ですし、2週間に1度【テレアポ大会】なるものが午前中の2時間開催されます。

このテレアポ大会は、2時間企業に電話をかけ続けて、

  • 何件の電話をしたか
  • 何件のアポが取れたか

を社内の全員で競う大会です。

 

最悪の大会でしたし、普段の業務中でも1日100件ほどの電話営業をしていました。

 

  • 「忙しいんだよね」
  • 「電話してこないでくれる?」
  • 「前にも使わないって言ったんだけど、どうなってんの?」

など、企業から浴びせられる言葉は精神的にキツイものが少なくありませんでした。

 

業務中に仕事の楽しさを感じることや、営業数字を出しても達成感を感じることもない日々。

いつしか出勤が憂鬱になり”この仕事は向いてないな”とも感じ、結果的に、入社して3ヶ月で退職という失敗をしました。

 

関連記事:電話営業は辛いですか?【おすすめしない4つの理由】

 

 

失敗から伝えたいこと

 

興味がなかったらここは飛ばしてください。

 

失敗談からつらつらと伝えたいことを書きます。

 

この電話営業の仕事で学んだことは、

  • 業務をリアルに考える重要性
  • 別の業界にも目を向けるべき

です。

 

業務をリアルに考える重要性

 

20代で就職や転職に失敗しない為にも、【業務をリアルに考えること】はかなり重要です。

働いてみないと実際になにが大変かはわかりません。

しかし、私の場合は電話営業がどういう業務なのかを想像することが出来たはずなのに、想像をしませんでした。

飛び込み営業はなんとか想像が出来ていて、その飛び込み営業が無いということは楽という考えしかありませんでした。

 

その業務はどんな仕事で、どんな壁があるのかということをリアルに考えることをおすすめします。

 

 

別の業界にも目を向けるべき

 

就活時には別の業界に目を向けることをしませんでした。

興味のある業界だけを調べて、その業界の中の様々な企業を知ることに時間を費やしていました。

 

このことが、今となってはもったいなかったと感じます。

特に新卒入社は、就職出来る業界や業種の幅が広いですし、様々な業界の企業が新卒の募集を行なっています。

にも関わらず、一つの業界だけに絞り別の業界を見ないことは、自ら選択肢を狭めています。

 

このことは、20代の方も同様です。

 

”これがやりたい!”と業界を絞ることは間違いではありませんが、様々な業界を見てから業界を絞りるべきです。

20代の方を募集している企業は多いですし、未経験の業界に挑戦しやすい年齢です。

 

20代で転職に失敗しない為にも、別の業界に目を向けることをおすすめします。

 

 

【20代の転職失敗談②】契約社員2週間で退職

デスクワークする女性

契約社員の雇用契約は以下です。

【雇用条件】

  • 基本9時〜?
  • 手取り14万程度
  • 残業月20時間程度
  • 雇用保険のみ
  • 交通費全額支給
  • 転勤なし

こちらの企業がブラックというか、業界自体がブラックでした。

 

業界自体がブラック

 

言ってしまいますが、放送業界です。

 

【放送業界 ブラック】で検索をすると、

・やばいです。ブラックです。

・全然ブラックではありません!

という意見に分かれますが、実際に働いた結果はめちゃくちゃブラックでした。

 

最初の数日間は、9:00〜19:00や10:00〜19:30といった勤務時間でしたが、残業代は出ませんでした。

 

そして1番ブラックだと感じたのが、宿直時です。

 

 

宿直がブラックすぎる

 

その日は朝の9:00に出勤し、日中は弁当の発注や雑用をしていましたが、夜19:00くらいには特にすることがなくなりました。

 

上司に何か手伝えることを訊ねても「今は別に無いかな」という返答。

 

夜の22:00を過ぎても仕事がなく、また上司に訊ねてみると「台本がまだ出来てないらしんだよね」ということでした。

台本が出来たら、なにかしらの仕事が始まるようだったので、ただただオフィスにいるという無駄な時間を過ごしました。

上司はオフィスにいることが少なくどこかに行っており、オフィスにいるのは別の放送を担当している見知らぬ人ばかり。

 

そんな暇の時間を費やして、深夜1時。

台本が出来たとのことで、カンペ作りが始まり、その作業が終わったのは深夜4時前。

「あと2時間後には撮影の準備が始まるから、仮眠取っておけば」と言う上司。

しかし、オフィスは普通に明るいし、仮眠室は人がいっぱいで寝るスペースがない。

明るいオフィスで目を閉じてみましたが、全く寝ることが出来ず、2時間が経過。

 

上司はシャワーを浴びて、睡眠も取ったとのことでした。

 

撮影の準備が始まり、荷物を運んでいる最中に「シャワー浴びれば良かったです」と何気なく言うと「入ってすぐのお前なんかにシャワー浴びさせねぇよ」と返される始末。

 

撮影の準備は、朝の8:30には終わり、そこから撮影までの時間は待機。

ベテランの中には、弁当などを食べている方がいましたが、若い方や新人はなにも食べていませんでした。

撮影が昼の10:00から始まり、撮影が終わったのは14:00。

そこから撤収作業が始まり、退社した時間が15:00過ぎでした。

前の日の夕食は食べましたが、翌日についてはなにも食べることが出来ませんでした。

 

9:00〜翌日の15:00まで働いた中で、眠れもしない、シャワーも浴びることは出来ない、翌日何か食べることも出来ない。

 

これが続くのは耐えられなかったので、次の日には退職の意思を伝えました。

 

 

失敗から伝えたいこと

 

ここも邪魔であれば飛ばしてください。

 

20代の失敗経験からつらつらとお伝えします。

 

先ほどの失敗経験から、

  • 業界を徹底的に調べるべき
  • 本当に好きな仕事かを考える

これらのことは転職時に必要なことだと実感しました。

 

 

業界を徹底的に調べるべき

 

転職してみないと分からないことは多いのが事実です。

しかし、

調べる方法

  • 知り合いに聞いてみる
  • ネットで検索をする
  • SNSで口コミを探す

などを使って徹底的に調べるべきです。

 

業界だけでなく、企業も同様です。

 

SNSでも企業名を打ち込むと、様々な意見を知ることが出来ます。

20代で転職に失敗しない為にも、多くのツールを使って徹底的に調べるべきです。

 

 

本当に興味がある仕事かを考える

 

先ほども解説しましたが、20代は未経験の業界や仕事に転職しやすい年齢です。

しかし 、”興味のあった仕事に転職してみよう!”と一歩を踏み出す前に本当に興味がある仕事かを考えましょう。

そうすることで、転職の失敗を防ぐことが出来るかもしれません。

 

私は退職の意思を社長に伝えたときにこう言われました、

「あまりこの業界に興味がなかったんじゃない?」と。

社長にそう言われて初めて、放送を見る側が好きなだけで作る側には興味がなかったということに気がつきました。

実際、生で芸能人を見ても”早く帰りたい”と思っていましたし、撮影に立ち会っても特になにも感じませんでした。

 

でも、実際にやってみないと、そういうのって分からないよね?

確かにそうです。

やってみないと、本当に興味があるかどうかを判断するのは難しいです。

ですので、先ほども解説した徹底的に業界を調べることと本記事のような実体験を知ることをおすすめします。

 

それらを調べて、自分にその状況が降りかかってきても耐えることが出来るかを考えるべきです。

本当に興味がある仕事だったら耐えられるはずです。

 

関連記事:20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

 

 

20代での転職失敗談とそこから得たある事【実体験】:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を解説しました。

  • 20代で転職に失敗した実体験
  • 20代の転職失敗談①、②
  • 失敗をしない為に20代に伝えたいこと

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

何事にも失敗は付きものですが、転職での失敗は後々めんどうです。

特に早期退職した方は「なぜ数ヶ月で退職したんですか?」といった質問を必ずされるようになります。

 

【関連記事】

>> 転職回数をごまかす事が出来るのは一部の人のみ【100%バレない嘘です】

>> 転職先がなかなか決まらない20代に伝えたい3つの事

>> 第二新卒エージェントneoの評判・口コミは良い意見ばかりではない

>> 20代フリーターが漠然とアルバイトを続けるメリットとデメリット

>> 20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

-転職, 転職 20代

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5