ハローワークとネット求人はどちらがいい?【体験談】

ハローワークとネット求人はどちらがいい?【体験談】

”ハローワークとネット求人はどちらがいい?”

”ハローワークとネット求人のメリット・デメリットが知りたい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

実際に使ってみると、ハローワークにもネット求人にもメリット・デメリットがあります。

どっちを使うか迷っている方は、それぞれの特徴を知ってから検討しましょう。

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職した経験があり、ハローワークとネット求人の両方を使って転職活動をしました。

本記事で解説すること

  • ハローワークとネット求人はどちらがいい?
  • ハローワークとネット求人のメリット・デメリット
  • ハローワークとネット求人をどちらも使った体験談

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

ハローワークとネット求人はどちらがいい?

ハローワークとネット求人はどちらがいい?

ハローワークとネット求人はどちらがいい?という疑問ですが、

結論から言うと、ハローワークとネット求人はどちらも使ったほうがいいです。

転職活動をするのであれば、両方を使ったほうが損せずに済みます。

転職活動や就活で重要なのが求人を1つでも知っておくことです。

転職活動や就活は求人を1つでも知っていたほうが得

転職活動で求人を1つでも知っておくメリットは以下です。

1つでも多くの求人を知っておくメリット

  1. 応募したい求人が増える
  2. あなたの知らなかった仕事内容の求人が知れる
  3. ”こんな求人あったんだ…”の後悔が減らせる

など、1つでも多くの求人を知っておくと、様々なメリットがあります。

まず、多くの求人を検索していると、あなたの知らない仕事に出会える可能性が高いです。

例えば事務職では『貿易事務』という仕事があり、営業職では『ソリューション営業』という職種があります。

上記の2つの職種のように、あまり知られていない仕事というのは世の中に無数にあります。

ハローワークとネット求人をどちらも使うことで、あなたがまだ知らない仕事が見つかるはずです。

さらに、ハローワークとネット求人のどちらかしか使わなかったことで

こんな求人あったんだ…。知ってればこっちに応募してたな…。

という後悔をするかもしれません。これはかなりキツイです。

あなたが本当に応募したい求人を見つけるためには、ハローワークとネット求人をどちらも使うことをおすすめします。

おすすめの転職サイト

  • リブズ
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • コンシェル&マッチ
    【公式】

    30代以上も利用可能な転職サイト。求人応募後に今後の流れなどの電話がきます。
  • VIEW
    【公式】

    20代に特化した転職サイトアプリ。無料インストールで手軽に使えます。

ハローワークのデメリット

ハローワークのデメリット

使うことをおすすめするハローワークですが、いくつかのデメリットがあります。

ハローワークのデメリット

  1. 土曜・日曜にやっていない
  2. 求人票の文字でしか情報を知ることができない

では、順に解説します。

土曜・日曜にやっていない

ハローワークは平日の8:30~17:15までしかやっていません。

土曜・日曜は休みです。

働いているからその時間は無理…。

という方が少なくないはずです。

しかし、ハローワークに行かなくても、自宅でハローワークの求人検索は可能です。(求人数は限られています)

なかなかハローワークに行く時間が無い方は、自宅でハローワークの求人検索機能を使ってみるのがいいかもしれません。

求人票の文字でしか情報を知ることができない

ネット求人だと、企業内の写真や社員のインタビュー動画があったりします。

ですが、ハローワークの求人の求人票に書いてある、文字の情報しかありません。

ハローワークの職員さんに企業のことを聞いてみればいいんじゃないの?

と思う方がいるかもしれません。

しかし、ハローワークの職員は企業ごとの情報は知らないので、聞いても意味がありません。

転職エージェントの場合は、ひとつひとつの企業を担当者が見ている為、求人に書いてある情報以外も教えてくれます。

おすすめの転職サイト・エージェント等

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • ライフシフトラボ(有料キャリア相談)
    【公式】

    40代〜50代限定のキャリア相談。無料カウンセリングがあるので利用が手軽です。

なので、ハローワークで知った企業の情報は自分で調べる必要があります。

ハローワークのメリット

ハローワークのメリット

ハローワークを使ったことがない方は、

ハローワークはどの点が良い?

と疑問ですよね。

ハローワークのメリットは以下です。

  1. ハローワークは無料で使える
  2. 対応が柔らかい・優しい
  3. ハローワークにしかない求人がある

順に解説します。

ハローワークは無料で使える

ハローワークは国が設置する行政機関なので、無料で使うことができます。

ハローワーク(公共職業安定所)は、民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担う、国(厚生労働省)の機関です。

引用:ハローワーク |厚生労働省

無料で使える転職ツールはどんどん使うべきです。

しかし、先ほども解説した通り、ハローワークは基本的に平日の8:30~17:15までです。

働きながら転職活動をしている方は、この時間に行くのは厳しいかもしれません。

対応が柔らかい・優しい

ハローワークは役所のイメージがありませんか?

もしも、役所のイメージがある方は以下のようなことを思うかもしれません。

  1. 冷たい対応をされそう
  2. すごく待たされそう
  3. 色々書かされそう
  4. なんかめんどくさそう

など、ハローワークに役所のイメージがあると、足を運ぶのはなかなかの勇気がいります。

ですが、ハローワークの対応は柔らかくて優しいです。意外ですよね。

さらに、書く書類なども少なく、待たされることもほぼありません。

すでにネット求人を使っている方は、ハローワークも使ってみることをおすすめします。

ハローワークにしかない求人がある

ハローワークにはハローワークにしかない求人があります。

というのも、企業がネット求人に求人を掲載する際は、数万円以上の費用が発生します。

ですが、ハローワークに求人を掲載するのは無料なので、多くの求人が集まり、ネット求人には出てこない企業の求人も集まります。

求人はその存在自体をあなたが知らなければ、応募をするかしないかの判断が出来ません。

まずは求人の存在を知ることが大切です。

ネット求人のデメリット

ネット求人のデメリット

ネット求人はかなり手軽で使いやすいですが、こちらもいくつかのデメリットがあります。

ネット求人のデメリット

  1. 釣り求人の可能性がある
  2. メールの量が多くなる
  3. ネット求人から電話が来ることがある

こちらも順に解説します。

釣り求人の可能性がある

不動産業界などでよくある手口です。

物件を探すために不動産サイトを見ると気に入る物件があり、実際に不動産屋さんに行くと

その物件はもう無いんですよ〜。今のおすすめはこちらの…

といった具合です。

これはネット求人でもあり得ます。

ネット求人の場合は、無料登録前に良い求人を表示させておいて、無料登録後に検索してみるとさっき見た求人が無いというケースです。

これは注意しようがないので、とりあえず無料登録をしてみて判断するしかありません。

メールの量が多くなる

ネット求人に登録をしすぎると、毎日のペースで求人のメールが届きます。

最初のうちは良いのですが、数週間もすると大量のメールに飽き飽きしてきます。

なので、ネット求人を使う場合は、2〜3つ程度のネット求人の登録をおすすめします。

大量のメールが嫌になると転職活動のやる気も削がれるので、良いことがありません。

ネット求人から電話が来ることがある

ネット求人によっては、無料登録後に電話が来ることがあります。

これはネット求人に転職エージェントの機能がある場合にのみ発生します。

もしも、ネット求人の中で電話連絡がこないサイトを探している方は以下の記事が参考になるはずです。

>> 未経験におすすめの転職サイト9選【エージェント情報は除外】

一方、ハローワークでは突然電話が掛かってくることはありません。

ネット求人のメリット

ネット求人のメリット

次はネット求人の良い点です。

  1. ネット求人も無料で使える
  2. どこかに登録しに行く必要がない
  3. 好きなタイミングで求人に応募できる

こちらも順に解説します。

ネット求人も無料で使える

ハローワークと同様で、ネット求人も無料で使えます。

登録後にお金がかかることは一切ありませんし、無料で使えるツールを使わないのは損です。

ハローワークと同様に、特定のネット求人にしかない求人というのも存在します。

求人媒体によって、掲載されている求人は異なります。

どこかに登録しに行く必要がない

ハローワークは最低でも1度は足を運ぶ必要がありますし、転職エージェントは面談が必須です。

しかし、ネット求人はどこかに登録をしに行く必要が1度もありません。

自宅で登録が完了しますし、ネット求人を使うために誰かと会う必要も一切ないです。

人見知りだからあんまり知らない人に会いたくない。

という方には大きなメリットです。

好きなタイミングで求人に応募できる

”この求人に応募しよう!”と思ったときに応募できるのは、ネット求人のメリットです。

というのも、求人への応募には勇気がいるので、自分の意思やその日の気分などにも大きく影響されます。

なので、ハローワークや転職エージェントのような自分の好きなタイミングで応募ができない媒体を使っていると、応募するまでに少しの時間が生まれます。

そして、その少しの時間が発生した為に、

やっぱり応募するのはやめとこうかな…。

となる可能性があります。

転職活動などにおいて、好きなタイミングで求人に応募できるということは結構重要です。

おすすめの転職サイト

  • リブズ
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • コンシェル&マッチ
    【公式】

    30代以上も利用可能な転職サイト。求人応募後に今後の流れなどの電話がきます。
  • VIEW
    【公式】

    20代に特化した転職サイトアプリ。無料インストールで手軽に使えます。

ハローワークとネット求人をどちらも使った体験談

ハローワークとネット求人をどちらも使った体験談

冒頭でも解説しましたが、”ハローワークとネット求人はどちらがいい?”という声には、どちらも使うべきと回答します。

というのも、私自身がハローワークとネット求人のどちらも使って転職活動をしていきました。

その結果、転職を繰り返しながらも現在は3社目の正社員です。(数年働いています)

ハローワークの求人で正社員

転職活動中はハローワークもネット求人も使っていましたが、現在の仕事はハローワークで見つけた求人です。

しかし、Google検索などで『ハローワーク』と調べると、『ハローワーク やばい』などの検索結果が出ます。

気になる方は以下の記事が参考になるかもしれません。

>> ハローワークの求人がやばい3つの理由【実際に使った体験談】

確かに、様々な理由からハローワークの求人にはデメリットがありますが、ホワイトな求人もあります。

私の今の会社は残業がほぼ無く、遠方への転勤もないのでかなりホワイトな企業です。

ネット求人で応募したい求人の幅が広がった

こちらも先ほど解説しましたが、多くの求人を調べていると自分自身が知らない仕事に出会えます。

その出会いはかなり重要で、『知らない仕事が知れる機会】というのは大人になるとなかなかありませんよね。

本当に明確に”この仕事がしたい!”と固まっている方は、今以上にネット求人の登録を増やす必要はありません。

ですが、

どの仕事にするか迷っている…。

という方は、ネット求人の登録を増やしてみることをおすすめします。

おすすめの転職サイト

  • リブズ
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • コンシェル&マッチ
    【公式】

    30代以上も利用可能な転職サイト。求人応募後に今後の流れなどの電話がきます。
  • VIEW
    【公式】

    20代に特化した転職サイトアプリ。無料インストールで手軽に使えます。

すでに3つほどの登録をしている方は、1つずつ登録を増やしていきましょう。

一気に増やしてしまうと、メール件数がとんでもないことになります。

ハローワークとネット求人はどちらがいい?【体験談】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • ハローワークとネット求人はどちらがいい?
  • ハローワークとネット求人のメリット・デメリット
  • ハローワークとネット求人をどちらも使った体験談

最後まで読んでいただきありがとうございます。

転職活動をするのであれば、ハローワークもネット求人もどちらも使ったほうが得です。

求人は1つでも多く知っていたほうがいいですし、求人は早い者勝ちです。

次の記事では転職関連の記事を紹介しています。

本記事では紹介していない無料ツールもあるので、興味のある方はぜひ。

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめの転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

ハローワークとネット求人に関するよくある質問

ハローワークとネット求人はどちらがいい?

ハローワークとネット求人はどちらも使ったほうが得です。

実際にどちらも使って転職活動をしましたが、結果的にホワイトな企業に転職出来ています。

目次