転職

【ここを見るべき!】ホワイト企業の見分け方

ホワイト企業の見分け方

 

・”今の仕事を辞めて、ホワイトな企業に転職したい!”

・”ホワイト企業の見分け方が知りたい!”


本記事ではこれらの声に答えていきます。

 

今の仕事が”完全にブラック企業です…”という方は、ホワイト企業に転職したいですよね。

私は現在ホワイトな企業で働いていますが、やはりホワイト企業はメリット多めです。

 

本記事で解説すること

  • ホワイト企業の唯一の見分け方
  • ハローワークにはホワイト企業は存在しない?

実体験からこれらを解説していきます。

 

 

スポンサードサーチ

【ここを見るべき!】ホワイト企業の見分け方

グラフを見るサラリーマン

 

結論ですが、ホワイト企業の見分け方は【給料が低いこと】を求人に記載しているかどうかです。

 

詳しい解説をする前に、ホワイト企業の定義を明確にしておきます。

【ホワイト企業の定義】

  • 給与が高く、安定して支払われる
  • 有給が取りやすい
  • 福利厚生が充実している
  • 残業が少ないor残業代がしっかりと支払われる

他にもあるかと思いますが、とりあえずこれら全てが整っていればホワイト企業と多くの方が感じます。

 

給料が安い求人はホワイト企業の確率が高い

 

【年収が低い】でも構いませんが、給料が低い求人はホワイト企業の傾向が強いです。

なぜなら、年収や給料が安いと人が集まらないのにも関わらず、正直に記載している為です。

 

虚偽の記載は可能

 

求人に虚偽の記載をすると、企業は罰則を受けます。

しかし現代では”実際に働いてみたら、求人票に書いてあったことと全然違う!”ということを、多くの方が経験していますよね。

要するに、求人に虚偽の記載をやろうと思えば出来てしまっているわけです。

それなのにも関わらず、正直に給料の低さを記載している企業は、ホワイトな確率が高いということです。

 

良い条件には制約があるかもしれない

 

福利厚生に

  • 家族手当
  • 住宅手当
  • その他各種手当

と記載があっても、【住宅手当は出るが会社から自宅まで○○km離れていないと適用しない】や【各種手当は存在はするが誰も取得しない雰囲気】など謎の制約がある場合があります。

 

さらに、会社から自宅まで○○Km以上離れると住宅手当を出さないといけない場合には、会社の近くに住まわせるという企業も存在します。ホワイト企業ではなく、完全にブラック企業ですね。

または、残業が少ないように求人に記載出来ているのは、サービス残業が多いからということも有り得ます。

有給休暇取得率90%と書かれていても、それは通常の休日の日を会社判断で有給休暇として処理している企業かもしれません。

このように、良い条件にはそれ相応の制約が存在する場合があります。

 

実際にホワイト企業で働いた結果

 

実際に私は、給料が低いことを求人に記載していた企業に転職しました。

正直な求人を出す企業は、実際に入社した際の”働きやすさ"にも繋がっていきます。

 

私は正社員を3社経験していて、契約社員も1社経験しています。

その中でも、給料・年収の低い企業は、

  • 有給が好きなときに取れる
  • 残業ほぼ無し(月5時間未満)
  • ボーナス年2回 など

かなりホワイトですし、めちゃくちゃ働きやすいです。

給料が高くないと無理!という方にはあまり参考になっていないのですが、給料が安くても良い!という方はぜひ。

 

転職サイト・エージェントに紹介された求人がブラックだった?

デスクワークする女性

”△△の転職サイトに紹介された求人が全然ホワイト企業じゃない…”

”✖✖の転職エージェントの求人はブラックばかりなので注意!”

といった口コミを目にします。

 

これらの口コミを見て"じゃあ転職サイト使うのやめよ…”とするのは早いです。

というのも、転職サイト・エージェント側もホワイト企業ではないことを把握していなかったという可能性が大いにあり得るからです。

 

転職サイト・エージェントの把握し切れない場合がある

 

人材会社(転職エージェント)で勤務した経験から詳しく解説します。

転職サイトやエージェントの担当者は企業から求人を貰い、その求人を転職したい方に紹介します。

転職サイト・エージェントの担当者は企業から求人を貰ったタイミングで、実際にその企業に足を運びます。

【企業に足を運ぶ理由】

  • 企業と契約を結ぶ為
  • 企業の雰囲気を知る為

上記のように、企業と契約を結ぶ為でもありますが、その企業が実際にどのような働き方をしているのかを知る為でもあります。

しかし、そこでは企業の外見しか知ることが出来ません。

1日密着することなどは出来ませんし、30分か1時間ほどしたら担当者は帰ります。

そんな短時間で転職サイト・エージェント側もその企業の全てを知ることは不可能ですよね。

 

しかし、いざ”転職をする”となると、転職サイト・エージェントを利用は必須になってきます。

おすすめの転職サイト・エージェントを下記で紹介しています。

関連:20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

もちろん利用は無料なので使ったほうが得だと思いますが、お任せします。

 

 

ホワイト企業の見分け方:まとめ

STARTからGOALのコピー

"残業は多いけど、週休2日だからホワイトだー!"という方。

"残業が少ないけど、給料が安いからブラックだ…"という方。

”給料高いし、転勤で色々な土地に行けるからホワイト企業!"など。

 

その企業をホワイト企業と思うかブラック企業と思うかは、人それぞれです。

 

見分け方の1つとして、実際に働いていた人の意見を聞くというのもあります。

しかし"その人の意見を聞いて実際に働いてみたら違った"ということも有り得るので、ホワイト企業を見分けるのは難しいです。

本記事はこのへんで。

その他の転職に役立つ記事は下記にまとめていますので、ご活用ください。

転職関連記事一覧へ>>

では、また。

-転職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5