退職代行は罪悪感を感じるのが当然?【実際に使った方の声】

退職代行を使うと罪悪感を感じそう…【実際に使った方の声】

”退職代行を使いたいけど罪悪感を感じそう…”

”実際に退職代行を使った人の意見が知りたい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

退職の方法として、現在では退職代行という選択肢があります。

退職代行を使えば明日から出勤する必要が無くなりますし、色々と楽です。

ですが、少なからず罪悪感を感じることは覚悟すべきです。

退職代行サービス(たいしょくだいこうサービス)とは、依頼者の退職の意思を依頼者に代わって会社に伝え、退職を支援するサービスである。

引用:退職代行サービス – Wikipedia

本記事で解説すること

  • 退職代行に罪悪感を持つのは当然
  • 退職代行 罪悪感で調べてみた結果
  • 退職代行を使った罪悪感と現状の辛さを比べてみる

本記事ではこれらを解説していきます。

退職代行の中にはブラックは会社もあるので注意が必要です。

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しているので安全です。

>> 退職代行ガーディアンの評判・口コミが知りたい!

目次

退職代行に罪悪感を持つのは当然

退職代行に罪悪感を持つのは当然

退職代行に罪悪感を持つのは当然です。

なぜなら、多くの方がしている一般的な退職では無いからです。

一般的な退職の流れは以下のように進みます。

一般的な退職の流れ

  1. 退職の意思を伝える
  2. 上司などと相談する
  3. 退職日を決定する
  4. 退職日までの業務引き継ぎ
  5. 離職票の有無等を社内とやり取りする
  6. 退職日まで働き続ける
  7. 退職

大まかな流れはこのような感じです。

しかし、退職代行を利用するとこの流れを一気に飛び越えて【退職】となります。

退職代行利用時の流れ

  1. 退職代行利用
  2. 退職

このイレギュラーな退職の流れに対して罪悪感を抱くのは仕方の無いことです。

さらに、退職代行に対して罪悪感を感じることに拍車を掛けるのが、周りに退職代行を使ったことのある人がいない場合です。

周りに退職代行を使っている人がいない

友達や家族に退職代行を使っている人がいますか?

いるのであれば、退職代行に対する罪悪感はいくらか少なくなるはずです。

ですが、あなたの周りに退職代行を使ったことがある人がいない場合、罪悪感を強く感じます。

”やってはいけないことをしてるんじゃないか…”

”退職代行を使うなんて最悪なのかな…?”

など、退職代行を使うことが物凄くいけないことをするような感覚になるはずです。

しかし、退職代行を使っている方は世の中にたくさんいます。

たまたまあなたの周りにいないだけです。

おすすめの退職代行

  • 退職代行ガーディアン
    【公式】

    法適合の労働組合が運営しているので、安心して利用出来ます。
  • 退職代行ニコイチ
    【公式】

    対応地域は全国で、LINEや電話で完結出来ます。退職代行実績はトップクラス。
  • 辞めるんです。
    【公式】

    弁護士が監修していますが料金が安く、後払いも可能です。

退職代行 罪悪感で調べてみた結果

退職代行 罪悪感で調べてみた結果

『退職代行 罪悪感』というワードをSNSで調べてみると、様々な声があります。

以下から、『退職代行 罪悪感』のワードでの意見をTwitterからの引用を交えて紹介していきます。

”周りに退職代行を使っている人がいなくて不安…”という方も参考になるかもしれません。

退職代行使う罪悪感や嫌悪感が全くない

企業によっては退職代行を使って辞める方が多いケースがあります。

あまりにも多いと慣れてしまいますよね。

罪悪感を感じるどころか満足感しかない


退職代行を実際に使ってみた結果、満足感しかなかったというツイートです。

この方の言う通り、退職代行を使わざるを得ない状況にさせてしまう会社側にも責任があります。

退職代行はすっきりした気持ちと罪悪感が混ざってる


退職代行を使っても100%すっきりしないかもしれません。

ですが、確実に退職ができます。

良い選択と言ってもらえた


罪悪感もあったが、”良い選択”や”有意義なお金の使い方”と言ってもらえたというツイートです。

人生でどういった選択をするかどうかは個人の自由です。

心身ともに壊れる前に辞めて正解だった


罪悪感はあったけど、心身ともに壊れる前に辞めれて正解だったという意見です。

退職代行を使えば、明日から出勤する必要が無くなります。

肉体的または精神的に限界なのであれば、退職代行の利用をおすすめします。

退職代行を使った罪悪感と現状の辛さを比べる

退職代行を使った罪悪感と現状の辛さを比べる

先ほど退職代行を使った方の意見を紹介しましたが、罪悪感を感じたという意見は少なくありませんでした。

実際に退職代行を使うと少なからず罪悪感を感じるはずです。

なので、これから退職代行を使う方は今の現状の辛さと使った際の罪悪感とを比べてみましょう。

罪悪感に関しては、もちろん想像です。

想像だけで”罪悪感に耐えられそうにないな…”となるのであれば、絶対に退職代行を使わないでください。

想像が現実になった時におそらく耐えることが出来ないですし、後悔する可能性が高いです。

現状の辛さと罪悪感を想像し比べてみた結果、現状の辛さの度合いが強いと感じた場合は退職代行を利用して問題ありません。

誰しも出来れば退職代行を使いたくはありません

退職代行って出来れば使いたくないですよね。

誰しもが同じ気持ちです。

事前に退職の挨拶などをしっかりと済ませて、退職日当日に清々しい気持ちで職場を去りたいです。

ですが、そんな風に円満に退職出来ない職場もあります。

これはあなただけではどうすることも出来ません。

退職届を受け取ってくれない・退職を切り出せない・もう1日も出勤したくないなど、退職代行を使う理由は人それぞれです。

どんな理由であれ、退職代行を使うかどうかはあなたの自由です。

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しています。

法適合の労働組合となるには労働委員会から一定の基準が認められ、審査を通過する必要があります。

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

>> 退職代行ガーディアンの評判・特徴はこちら

退職代行は罪悪感を感じるのが当然?【実際に使った方の声】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 退職代行に罪悪感を持つのは当然
  • 退職代行 罪悪感で調べてみた結果
  • 退職代行を使った罪悪感と現状の辛さを比べてみる

最後まで読んでいただきありがとうございます。

退職代行は少なからず罪悪感を感じるはずです。

一般的な退職方法ではないので仕方ありません。

ですが、退職代行を使うかどうかは自由ですし、退職代行を使ったからといって次の転職に影響することもありません。

現状が辛すぎるのであれば利用するべきです。

【関連記事】

>> なぜ退職代行が甘えと思われるのか【3つの原因を解説】

>> 退職代行は100%後悔する?実際に使った方の声とその理由

>> 退職代行を使ったその後がやばい3つの理由【リアルな声】

目次