退職代行

退職代行を使うとその後がやばい?理由や対策を解説

退職代行を使うとその後がやばい?理由や対策を解説

”退職代行って使うとやばいの?”

”やばい退職代行の特徴が知りたい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

 

”退職代行はやばい”というイメージがあるかもしれません。

ですが、やばい退職代行にはいくつかの特徴があるので、それらを除けば普通のサービスです。

 

退職代行サービス(たいしょくだいこうサービス)とは、依頼者の退職の意思を依頼者に代わって会社に伝え、退職を支援するサービスである。

引用:退職代行サービス - Wikipedia

 

本記事で解説すること

  • 退職代行を使ったその後がやばいと言われる理由
  • やばい退職代行の見極め方
  • 【やばくない】おすすめの退職代行サービス

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

退職代行を使ったその後がやばいと言われる理由

退職代行を使ったその後がやばいと言われる理由

 

退職代行を使ったその後がやばいと言われる原因はいくつかの理由があります。

 

  1. 会社の人が自宅に来る
  2. 会社から訴えられる可能性が0ではない
  3. 退職代行に料金を支払った後連絡が取れなくなる

 

順に解説していきます。

 

 

退職代行を使ったその後、会社の人が家に来る

 

退職代行を使うと、次の日から出社する必要が基本的には無くなります。

さらに、会社から電話などの連絡が来ても出る必要はありません。

 

ですが、会社によってはあなたの家に会社の人が来る場合があります。

居留守を使えれば良いのですが、親と同居している方などはなかなか難しいはずです。

 

人によっては、退職代行を使ったその後がやばい状況になり得ます。

 

 

会社から訴えられる可能性が0ではない

 

退職代行を使ったその後がやばいと言われる理由の上位です。

退職代行を使った結果、損害賠償請求などで会社側から訴えられる可能性が0ではありません。

 

ですが、損害賠償請求が訴えられるケースは以下のような場合です。

 

会社業務に著しい支障が生じ、取引先との契約解消などの実害が生じている場合、会社には労働者に対する損害賠償請求を行う余地が生まれます。

出典:退職代行で損害賠償請求をされるリスクはある?|労働問題弁護士ナビ

 

例えば、明日あなたが顧客先に行き、数千万円の契約をしなければならなかったにも関わらず、退職代行を利用。

その結果、数千万円の契約が無しになってしまい会社側は被害を受けた。

というような実害が生じる場合は、会社側から損害賠償請求をされる可能性があるということです。

 

ですが、会社が個人を訴えるためには時間も労力も掛かります。

なので、実際は退職代行を使ったその後に訴えられるケースというのは稀です。

 

 

退職代行に料金を支払ったその後連絡が取れなくなる

 

やばい退職代行は料金を支払ったその後、連絡が取れなくなります。

これには要注意です。

 

どう注意したらいいの?

という感じですよね。

 

次からやばい退職代行の見極め方を紹介します。

 

 

やばい退職代行の見極め方

やばい退職代行の見極め方

 

退職代行サービスの中にはやばいところも存在します。

以下のような特徴を持つ退職代行は避けるべきです。

  1. 特定商取引法に基づく表記がない
  2. 料金が異常に高額
  3. ひっそりと追加料金が必要との記載がある

順に解説します。

 

特定商取引法に基づく記載がない

 

特定商取引法の概要は下記です。

 

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド

 

すべてのサービスが特定商取引法に当てはまるわけではありませんが、退職代行は特定商取引法に当てはまります。

なので、退職代行のHPに『特定商取引法に基づく記載』が無い場合は、やばい退職代行である可能性が高いです。

 

 

料金が異常に高額

 

退職代行の料金相場は2万円〜4万円前後です。

なので、10万円や20万円で退職代行をしているところはやばいと考えておきましょう。(弁護士の方を雇う場合は別です)

 

料金が高い=スムーズに退職代行をしてくれるというものでもありません。

 

 

ひっそりと追加料金が必要との記載がある

 

退職代行の中には、ひっそりと小さな文字で『〇〇のサービスはプラス5万円』などの追加料金が公式HPに記載されていることがあります。

こういった退職代行はやばいです。

 

この退職代行の特徴は初回料金が数千円など、退職代行の料金相場をかなり下回っているケースが多いです。

ですが、少額すぎる退職代行をいざ使ってみると、結果的に高額になる可能性が高いです。

 

 

【やばくない】おすすめの退職代行サービス

【やばくない】おすすめの退職代行サービス

 

退職代行を使うならやばいところは避けたいですよね。

以下で紹介する退職代行はやばくないのでおすすめです。

 

では、順に紹介します。

 

 

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンのトップページ

対応地域 全国
面談 不要(LINEでOK)
料金 29,800円(税込)
電話・LINE対応回数 無制限
公式HP 退職代行ガーディアン

 

退職代行ガーディアンは、法適合の合同労働組合が行う退職代行サービスです。

知名度は高くありませんが、朝日新聞やLINEニュースなどにも取り上げられている退職代行サービスです。

 

労働組合が法適合とみなされるには、労働委員会の許可が必要となってきます。

この許可を得るためには、労働組合の規定に会計報告など様々な規約を含めなくてはいけません。

 

信頼性が高い退職代行サービスです。

\初めてでも安心の退職代行/

退職代行ガーディアンの公式HPはこちら

法適合の労働組合が運営する退職代行

 

関連記事:【失敗?】退職代行ガーディアンの評判・口コミが知りたい!

 

 

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチのトップページ

対応地域 全国
面談 不要(LINEでOK)
料金 27,000円(税込)
アフターフォロー 2ヶ月
公式HP 退職代行ニコイチ

 

退職代行ニコイチは、弁護士監修の退職代行サービスです。

退職代行サービスの中でも歴史が長く、16年間退職代行サービスを継続しています。

 

相談した次の日から出社不要ですし、退職後2ヶ月間のアフターフォローも付いています。

評判・口コミを調べた結果は、かなり良かったです。(詳細は下記の関連記事を覗いてください)

\無料相談をしてみる/

退職代行ニコイチの公式HPはこちら

退職代行の実績2万人以上

 

関連記事:【失敗?】退職代行ニコイチの評判・口コミが知りたい!

 

 

退職代行 辞めるんです

辞めるんですのトップページ

対応地域 全国
面談 不要(LINEでOK)
料金 27,000円(税込)
後払い 可能
公式HP 辞めるんです

 

退職代行 辞めるんですは、弁護士監修の退職代行サービスです。

 

この退職代行の大きな特徴は料金の後払いが可能な点です。

冒頭で解説した『退職代行に料金を支払った後連絡が取れなくなる』という状況は皆無です。

 

退職代行をしてもらう前にお金を払うのは不安だな…

という方にはかなりおすすめです。

 

料金の後払いが可能というだけでも、信頼性が高く感じられるかもしれません。

\無料相談をしてみる/

辞めるんですの公式HPはこちら

後払い可能な退職代行サービス

 

関連記事:【最悪?】辞めるんですの評判・口コミとは【後払い可能】

 

 

退職代行を使うとその後がやばい?理由や対策を解説:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 退職代行を使ったその後がやばいと言われる理由
  • やばい退職代行の見極め方
  • 【やばくない】おすすめの退職代行サービス

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

退職代行がやばいと言われるのには理由があります。

ですが、実際には退職する為のちゃんとした選択肢の1つです。

”退職がなかなか切り出せない…”などの悩みがある場合は、退職代行を検討すべきです。

 

 

 

【関連記事】

>> 精神的に限界なのに退職が切り出せない【伝え方のコツ】

>> 退職代行を使うと罪悪感を感じそう…【実際に使った方の声】

>> 新卒で退職代行を使うデメリットは?【利用するかは自由】

>> 退職代行=クズと思われる原因【誰だって円満退社がしたい】

>> 退職代行が親にバレるのは不可避?【転職先は大丈夫?】

-退職代行

© 2021 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5