転職 退職

退職代行を甘えと思われるのは当たり前【3つの原因を解説】

退職代行を甘えと思われるのは当たり前

 

”退職代行を使うのは甘えなの?”

”退職代行が甘えと思われる原因ってなに”


本記事では、これらの声に答えていきます。

 

退職代行は世間に認知はされているものの、まだまだ退職代行を利用するハードルは高いです。

”退職代行を使いたいものの甘えとは思われたくない”と考えている方は、少し考え方を変えるべきです。

40代や50代以上の方は、当時退職代行というサービス自体がなかったので、無かったものを受け入れらるのには時間が掛かります。

 

本記事で解説すること

・退職代行が甘えと思われる3つの原因
・退職代行は甘えだ!と思うならは使わない
・退職代行が甘えと思われない方法?

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

スポンサードサーチ

退職代行が甘えと思われる3つの原因

考える男の子

退職代行が甘えと思われる3つの原因は以下です。

1、無責任
2、自らが行動をしない
3、昔は退職代行がなかった

 

順に解説します。

 

 

【退職代行は甘え?①】無責任

 

退職代行を利用すると、甘えと思われるのと同時に無責任とも思われる可能性があります。

退職には下記のような流れが通常発生します。

 

通常の退職の流れ

退職の意思を伝える

上司などと相談する

退職日を決定する

退職日までの業務引き継ぎ

離職票の有無などを社内とやり取りする

退職日まで働き続ける

退職

 

大まかな流れはこのような感じです。

 

しかし退職代行を利用すると、この流れを一気に飛び越えて【退職】となります。

 

退職代行利用時

退職代行利用

退職

退職をする為には、上司と相談をしたり、退職日を決めたりといったことが発生します。

さらに業務の引き継ぎも必ず発生します。

無責任と思われる理由として挙げられるのが、業務の引き継ぎをせずに退職代行を利用して退職することです。

 

 

業務の引き継ぎが出来ていない

 

同じ企業で、数年もしくは数ヶ月働くだけでもあなたにしかわからない業務・作業というのが発生しています。

例えば、

・契約状況
・データの保存先
・備品の位置、使い方
・とある業務の進捗状況
・クライアントとの詳細なやり取り

など、すべての業務・作業を100%誰かと共有することは難しいですよね。

 

100%共有出来ていると思うから、無責任とは思われないな!

という方もいるかもしれません。

しかし、業務・作業の情報の一部が抜けていたり、あなたから業務の情報を教えられた方もすべてを覚えてはいません。

 

なぜなら、今まではあなた自身が会社にいたからです。

 

”あの人に教えてもらったけど、なんて言ってたっけ”

”この件について分からなかったら、あの人に聞けば良い”

誰しもこんな経験があるかと思います。

 

報告や連絡があったことを、基本的にメモする習慣がある方でも100%メモすることは不可能です。

数ヶ月前に聞いた業務の進捗を明確に覚えていることも、かなり難易度が高いので、”あの人にまた聞けば良い”という思考の頻度は少なくありません。

 

その”あの人”が突然退職をしてしまうと、シンプルに困りますよね。

 

さらにそれが退職代行で退職となると、業務の引き継ぎが全く出来ていない状態です。

 

その結果”退職代行を使うなんて甘えだし、無責任な人だ!”と思う方も出てきます。

 

 

【退職代行は甘え?②】自らが行動をしない

 

先ほども解説しましたが、退職するまでには手順や流れがあります。

 

しかし、この手順や流れは、

明日にでも、退職したいんですけど…

という方にとっては、かなり面倒です。

しかし、この面倒なことをクリアして退職日を迎えるのが、一般的と考えられています。

 

まだまだその流れが一般的とされている中、退職代行を利用した場合。

 

”退職代行なんて甘えだし、そもそも自分で上司に相談したりして退職してよ…”など。

自らが行動せずに退職することを甘えと思う方もします。

 

特に、退職を経験した人には”甘え”と思われてしまうかもしれません。

なぜなら、退職代行を利用しない方法だと、退職日まで耐える必要があるからです。

 

「明日には退職させてください!」

「2週間後には退職させてください!」

と伝えても、明日に退職することも、2週間後に退職することもおそらく出来ません。

退職の意思を伝えてから退職するまで、1ヶ月〜3ヶ月掛かるのが一般的です。

 

それとは反対に、退職代行を利用すると、利用した次の日には出社しなくても大丈夫です。

退職代行が、退職手続きをすべて行ってくれます。

今すぐに退職したいけど、退職日まで耐えてきた経験がある方は”突然来なくなるし、退職は自らで行動もしてないし、甘えでしょ”と考える方もが中にはいます。

 

 

【退職代行は甘え?③】昔は退職代行がなかった

 

退職代行が世間で認知されてきたのは、最近のことです。

 

現在40代・50代以上の方々からすると、

”退職代行なんて、言語道断”

”退職を他人に任せる神経がわからない”

”お世話になった人達に対して不義理”

など、退職代行の存在自体を受け入れられないケースもあります。

 

こういった考えの方々は”退職代行を利用するなんて甘え”とも考えてしまいます。

 

そもそも昔は退職代行というサービスがありませんでした。

【その職場を退職したいのであれば、退職を意思を伝えて、退職する】

昔はこの方法が当たり前だったというよりも、この方法しか無かったというほうが正確です。

 

要するに、退職する為の選択肢が一つしか無かったということです。

 

昔のやり方に固執する方や、新しいサービスを受け入れらない方は、どこにでもいます。

 

退職代行ガーディアンの口コミ評判
退職代行ガーディアンの口コミ・評判【初めて利用する方も安心】

続きを見る

 

>>退職代行ガーディアンの口コミ・評判【初めて利用する方も安心】

 

 

退職代行は甘えだ!と思うなら使わない

デスクワークする女性

退職代行が甘えと思う人もいますし、退職代行は甘えじゃないと思う方もいます。

 

もしも、あなたがその企業に長年勤めた方の場合。

部下が退職代行を利用して退職したら”甘えだな”と少なからず思うはずです。

 

次に、今度はあなた自身が退職代行を利用した場合を考えてみてください。

あなた自身が利用しても”退職代行を使うなんて甘えだな!”と強く思うのであれば、退職代行を使わないほうが良いです。

 

おそらくこの記事を読んでいる方は、【今の職場を退職をしたい!】という方が多いはずです。

 

にも関わらず、想像上でも”退職代行は甘え!”と強く思ってしまう方は絶対に退職代行を使わないでください。

後々、退職代行を使ったことを後悔します。

 

なぜなら、

・翌日から出社しなくてOK

・退職までの手続きをなにもしなくてOK

退職代行のこの2つが大きく関係してきます。

 

退職を決意した理由には、それ相応の理由が人それぞれにあります。

そして、退職を決意する前での期間に、上司にお世話になったり・同僚と愚痴をこぼして笑いあったりなどの経験も人それぞれに必ずあります。

 

退職代行を利用するということは、上司や同僚に挨拶をすることもしませんし、お礼を直接言う機会もありません。

 

退職代行を利用することを想像して、”退職代行は甘え!”と強く思っている方は、この現実に耐えることが出来ません。

一般的な退職方法を選ぶべきです。

 

反対に”退職代行も一つの選択肢でしょ”と考えることが出来る方は、退職代行の利用をおすすめします。

 

退職代行を甘えと思われない方法?

 

退職代行も一つの選択肢と考えることが出来る方。

次に退職代行を甘えと思われない方法を教えたいのですが、そんな都合の良い方法はありません。

 

先ほども解説しましたが、退職代行を利用することを甘えと思う方と甘えじゃないと思う方がいます。

しかし、退職代行を使われた企業側からすると【退職代行を使うのは甘え】と思う方が多いはずです。

 

退職代行を利用する方は、”甘えと思われるのは当たり前”くらいの考えで利用したほうが楽ですよ。

 

 

退職代行を甘えと思うのは当たり前:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

退職代行を使って甘えと思われて仕方がありません。

なにをするにも個人よって考え方は異なります。

 

【退職代行を使うのは正しくない】

【退職代行を使うのは正しい】

 

どちらが正解でも、不正解でもありません。

どれを選ぶかは自分次第です。

 

では、また。

-転職, 退職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5