ついていけない上司の特徴と対策【今後を判断するタイミング】

ついていけない上司の特徴と対策【今後を判断するタイミング】

”上司にこれ以上ついていけない…”

”上司についていけないと思った場合どうするべき?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

ついていけない上司の元で働き続けるのはつらいです。

精神的な限界が来る前に何かしらの対策をすることをおすすめします。

この記事の著者

もしかすると、上司についていけない原因は上司とのコミュニケーション不足かもしれません。

以下のは、コミュニケーション能力向上に特化していて、無料カウンセリングでアドバイスをもらうことも可能です。

>> コミュトレのちゃんとした評判が知りたい!【料金が高い?】

本記事で解説すること

  • ついていけない上司の特徴
  • 誰もがついていけない上司の存在

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

ついていけない上司の特徴

ついていけない上司の特徴

ついていけない上司には様々な特徴があります。

  1. 仕事をしない
  2. 質問がしづらい
  3. 感情論や精神論をぶつけてくる
  4. 上司が優秀すぎる

細分化するともっと増えますが、順に解説します。

仕事をしない

仕事をしない上司はついていけない上司の典型です。

自分の担当業務も満足に行わず「これやっといて」と部下に丸投げする場合もあります。

その結果、部下は仕事に対するモチベーションも徐々に下がっていきます。

日本の年功序列制度は無くなりかけていますが、いまだに経験年数を重視している企業は存在します。

質問がしづらい

上司へ質問がしづらいというのはかなりのデメリットがあります。

というのも、質問がしづらいという状況が続いた結果、なにか問題が発生した際の上司への報告も遅れがちになります。

部下からすると日頃から上司への質問がしづらいので、問題の報告はもっとしづらいですし遅れてしまうのは当然です。

コミュニケーションが取りづらい上司に当たってしまうと、意思疎通が出来ないのでうまくついていけなくなります。

感情論や精神論をぶつけてくる

「根性で乗り切れよ!」

「ここで悔しがらないでどうすんだよ!」

など、感情論や精神論をぶつけてくる上司がいます。

こういった上司に”ついていけない…”と感じる部下は多いはずです。

個人的な意見ですが、どういった状況でどう感じるかは人それぞれです。

自分とは合わない上司との接し方に困っている方は、下記記事を覗いてみてください。

>> 職場で波長が合わない上司との接し方【疲れるのは当然】

上司が優秀すぎる

上司が仕事をしない場合もついていけないですが、上司が優秀すぎる場合もついていけなくなります。

上司の指示が的確でも、指示の数が多すぎたり早すぎてもついていけません。

余談ですが、”上司は優秀だけどついていけない”という方は自身のコミュニケーション能力を上げるという方法もあります。

【ついていけない上司に関するアドバイスを貰う】

というスクールを知っていますか?おそらく聞いたことのないスクールだと思います。

コミュトレはビジネスに必要なコミュニケーションスキルが学ぶことができ、受講者は累計で15万人以上。

無料カウンセリングでついていけない上司との付き合い方に関するアドバイスを貰うことも可能です。

>>

誰もがついていけない上司の存在

誰もがついていけない上司の存在

”この上司の元で働くと辞めていく”という上司は存在します。

こういった上司に当たってしまった場合はとりあえず運が無かったと思うしかありません。

理想としては、そこで働き続けてついていけなかった上司を追い抜くのが理想です。

最初は”ついていくのは無理かな…”と思っていても、数ヶ月や数年経てば余裕でついていける状態になることはあります。

まずは上司についていってみる

まず”こんな上司についていけない…”と思った時には、もう少し耐えられるか考えるべきです。

その上司が優秀であれば、尚更ついていく方法を模索していきましょう。

ですが、先ほども紹介した通り【仕事をしない】などのダメな上司についていけない場合があります。

この場合、仕事自体に対するモチベーションが下がるので、耐えるのがなかなか難しいかもしれません。

こういった状況を耐えるメリットとしては、確実に自分のスキルがアップしていくことです。

というのも、上司が仕事をしないということはその仕事は部下や他の社員が行なうことになるので、自然とスキルや知識が身に付いていきます。

優秀な上司もダメな上司もまずはついていくことをおすすめします。

【ついていけない上司に関するアドバイスを貰う】

というスクールを知っていますか?おそらく聞いたことのないスクールだと思います。

コミュトレはビジネスに必要なコミュニケーションスキルが学ぶことができ、受講者は累計で15万人以上。

無料カウンセリングでついていけない上司との付き合い方に関するアドバイスを貰うことも可能です。

>>

上司についていくことが限界

上司についていくことが限界な方はまず相談相手を探しましょう。

ちなみに、仕事を辞めたいという相談は直属の上司では無い方がおすすめです。

詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

>> 仕事を辞めたいという相談は誰にすべき?【上司以外の選択】

相談という段階ではなく、転職をしようと考えている方もいるはずです。

そういった方は以下の転職サイト・エージェントがおすすめです。

おすすめの転職サイト・エージェント等

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • ライフシフトラボ(有料キャリア相談)
    【公式】

    40代〜50代限定のキャリア相談。無料カウンセリングがあるので利用が手軽です。

ついていけない上司の特徴と対策【今後を判断するタイミング】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • ついていけない上司の特徴
  • 誰もがついていけない上司の存在

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ついていけない上司にメンタルが限界になるほどついていく必要はありません。

”無理してついていくメリットが無いな…”と思ったら、そんな上司とは離れるべきです。

次の記事は、ついていけない上司の対策になるスクールです。

無料カウンセリングでアドバイスが貰えるので、利用してみて損はありません。

>> コミュトレのちゃんとした評判が知りたい!【料金が高い?】

【関連記事】

>> 仕事についていけない5つの原因と3つの対策【無理をしない選択肢】

>> 頭がおかしい上司の特徴と3つの対策【関わるのは時間の無駄】

>> 上司のパワハラの例と対策【耐え続けるかの判断】

目次