上京して転職するのが厳しい理由と3つの対策【不安解消】

上京して転職するのが厳しい理由と3つの対策【不安解消】

”転職して上京するのって厳しい…?”

”上京して転職した結果、失敗するのが怖いし不安…”

本記事では、これらの声に答えていきます。

「今住んでいる場所ではやりたいことが出来ないから上京したい」など、上京したい理由は人によって異なります。

上京するからには働く必要があるので転職という形になりますが、見知らぬ土地は色々と不安ですよね。

特に上京の転職に関して金銭面の不安を抱えている方は、本記事が少しだけ役に立つかもしれません。

本記事で解説すること

  • 上京して転職するのは厳しい?
  • 上京して転職するのが迷う・不安な方の特徴
  • 上京して転職するのは怖いと感じて当然【失敗の可能性有り】

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

上京して転職するのは厳しい?

上京して転職するのは厳しい?

上京して転職するのは厳しいかもしれません。

というのも、上京+転職では以下のような厳しい現実があります。

  1. 東京は基本的に家賃が高い
  2. 友達や知り合いがいない孤独感
  3. 人混みに耐えられない

順に解説します。

東京は基本的に家賃が高い

上京の転職で一番厳しいのが、東京の家賃です。

実際に調べてみると分かりますが、地方では1kで4万円〜5万円程度が相場です。

しかし、東京の1kを調べてみると10万円を超える物件が無数にあります。

東京の23区内で1k・5万円代の物件を探そうとすると、築年数が60年以上など住むのに迷う物件ばかりです。

上京し転職をして、すぐに高い家賃の物件に住むのはリスクです。

後で紹介しますが、上京の際の物件探しは慎重に行いましょう。

友達や知り合いがいない孤独感が厳しい

上京で転職となると、友達や知り合いが近くにいない状況になります。

そうなると、当然孤独感が生まれます。

となると、

寂しいから、上京するのは出来るだけ遅らせようかな…。

と思うかもしれません。

ですが、上京が遅いと以下のようなデメリットも発生します。

上記はTwitterからの引用ですが、早めに上京をしたほうが東京で友人を作る時間が多くなります。

上京するタイミングはなかなか難しいです。

人混みに耐えられない

実際に上京してみると分かりますが、東京の人混みの多さは異常です。

総務省統計局のHPによると、2020年(令和2年)は以下のような人口となっています。

2020年の都道府県別人口

  • 東京:14,047,594人
  • 千葉:6,284,480人
  • 北海道:5,224,614人
  • 茨城:2,867,009人
  • 栃木:1,933,146人

東京だけ桁が1つ多いです。

上京して転職する方からすると、人混みに耐えられず厳しい生活が待っているかもしれません。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • 上京NEXT(転職エージェント)
    【公式】

    地方から上京したい方向け。様々な職種の【未経験可】求人があります。

上京して転職するのが迷う・不安な方の対策

上京して転職するのが迷う・不安な方の対策

上京して転職するのが迷う・不安と感じる方の対策は3つです。

  1. 治安の悪さが不安なら23区外がおすすめ
  2. 人混みが不安なら23区外に住む(通勤は大変)
  3. 上京転職で少しでもお金を掛けない方法

こちらも順に解説します。

治安の悪さが不安なら23区外がおすすめ

東京の23区の中には田舎(地方)よりも治安が悪いところがあります。

夜中に大声が聞こえたり、奇声や罵声が聞こえるところもあります。

ですが、東京の全域がそのような場所という訳ではありません。

実際に私は東京で数ヶ所住んだ経験があり、友人も東京にいますが治安の良い地域は存在します。

例えば、東京の23区外(八王子・清瀬・府中など)は比較的治安が良いです。

23区内でも駅前でなければ、静かな地域は結構あります。

人混みが不安なら23区外に住む(通勤は大変)

上京したい方の中で人混みが苦手な方は、その環境に耐えられるか不安なはずです。

上京する方からすると、池袋・新宿・銀座あたりの人混みは異常に感じる可能性が高いです。

東京に長年住んでいても、たまに行くと”異常だな”と思いますから。

なので、上京して人混みが不安な方はまず23区外に住むべきです。

先ほども23区外をおすすめしましたが、人混みを避けるのにも有効です。

ですが、

23区内の企業に転職したいな。

と思う方がいるかもしれません。

そのような場合は、

23区内の企業に転職し上京する場合

  1. 人混みの無い23区外に住み、23区へ向かう満員電車に耐える
  2. 人混みの多い23区に住み、満員電車を最小限に抑える

上記の2択を選ぶことになります。

上京して23区(都心部)で働きたいと考えている方は、毎朝の満員電車も覚悟するべきです。

路線によっては上手いこと満員電車を回避できることもありますが、基本的には満員電車での通勤になります。

上京してリモートワークの仕事が出来る方はその必要はないですが、それ以外の方は環境に順応していくしかありません。

上京転職で少しでもお金を掛けない方法

先ほども解説しましたが、東京は家賃が高いです。

さらに、上京して転職というのはお金が掛かります。

まず、引越し代金は当然お金が掛かります。

引越し業者や上京に必要な荷物の量・上京までの距離によって料金は大きく変動しますが、10万円以上になるケースもあります。

さらに、住む物件によっては20万円〜40万円の初期費用も掛かります。

ですが、Village House(ビレッジハウス)という不動産屋さんは、敷金や仲介手数料などが0円で済みます。

問い合わせが無料なので少しでも初期費用を安くしたい方はぜひ。

Village Houseの公式HPはこちら ↓

物件数はそこまで多くないですが、興味のある物件があれば問い合わせてみて損はありません。

さらに、というエンジニアスクールのシェアハウスは、最大3ヶ月間無料で住むことが出来ます。

”上京してエンジニアになりたい!”という方は一石二鳥のスクールなので、興味のある方はをおすすめします。

以下の記事では引っ越しに関するお金事情を詳しく解説しています。

”転職をきっかけに引っ越したいけどお金がない!”という方は覗いてみてください。

>> 転職を機に引っ越しをしたいけどお金がない!【対策を解説】

上京の転職を怖いと感じるのは当然【失敗する可能性あり】

上京の転職を怖いと感じるのは当然【失敗する可能性あり】

上京して転職するのが怖いと感じるのは当然です。

誰だって見知らぬ土地に行くのは不安ですし、まして住むともなれば怖いと感じるのは無理もありません。

さらに、上京の転職は失敗する可能性もあり得ます。

上京の転職が失敗する可能性もあり得る

上京して転職をしたからといって、必ず成功する訳ではありません。

失敗する可能性もあります。

ですが、上京の転職に失敗したからといって人生が終わる訳ではありません。

田舎に帰ることが出来るのであれば一旦帰るという選択肢も取れますし、田舎に帰りづらいのであれば東京で別の仕事を探すことも可能です。

転職サイトなどを見れば分かりますが、東京を勤務地とする求人は数十万件以上あります。

要するに、上京の転職に失敗してもやり直せるということです。

上京の転職は不安で怖いかもしれませんが、人生の中で今しかできないことかもしれません。

やりたければ、試行錯誤しながら行動することをおすすめします。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • 上京NEXT(転職エージェント)
    【公式】

    地方から上京したい方向け。様々な職種の【未経験可】求人があります。

上京して転職するのが厳しい理由と3つの対策【不安解消】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 上京して転職するのは厳しい?
  • 上京して転職するのが迷う・不安な方の特徴
  • 上京して転職するのは怖いと感じて当然【失敗の可能性有り】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

上京して転職には不安が付き物です。

ですが、行動をした失敗するか成功するかは誰にも分かりません。

やらない後悔とやった後悔、経験するならどちらを選びますか?

【関連記事】

>> 転職して一人暮らしするタイミングは?【実際に掛かった費用】

>> 夜勤はすべてがおかしくなる?【メリットしかないという声】

>> 本当に転職していいのか【迷うくらいならやめたほうがいい?】

目次