転職

夜勤で働くことのメリットとデメリット【3つの職種の勤務パターン】

夜勤で働くことのメリットデメリット

 

・”夜勤のメリットってある?”

・”夜勤の具体的なデメリットは?”


本記事では、これらの声に答えていきます。

 

夜勤は夜勤手当や深夜割増賃金などのメリットがあります。

さらに職種によって、夜勤の時間帯も変わってきます。

 

本記事で解説すること

  • 夜勤のメリット
  • 夜勤のデメリット
  • 3つの職種の夜勤パターン

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

スポンサードサーチ

夜勤のメリット

喜ぶ女性

夜勤で働くメリットは以下です。

  1. 給料が高い
  2. 気が楽
  3. 平日の昼間が自由
  4. 通勤ラッシュを回避

”夜勤って辛そう”といったイメージしか無い方は、メリットがあることも知るべきです。

 

順に解説します。

 

 

給料が高い

 

夜勤には、

  1. 夜勤手当
  2. 深夜割増賃金

があります。

夜勤手当は企業によって任意で支給されます(法律の定め無し)

深夜割増賃金は労働基準法にて、日中勤務の25%以上割増ということが定められています。

企業によっては夜勤手当も深夜割増賃金があるケースもある為、夜勤は給料が高くなる場合が多いです。

未経験の仕事でも夜勤がある職種は給料が高い傾向にあります。

 

気が楽

 

夜勤帯は、日勤帯と異なり社外とのやりとりがかなり少なくなります。

企業によってはほぼ0になります。

社外とのやりとりが苦手な方には、明らかにメリットです。

さらに大手企業でない限り、夜勤時に社内にいる人も少数。気が楽です。

 

平日の昼間が休み

 

夜勤が土曜、夜勤明けは日曜、その次の日の月曜は休みという具合です。

平日の昼間は街中の人が少なく、買い物がしやすかったりしますよね。

映画館やテーマパークも平日の昼間は行きやすい。

夜勤のメリットと感じる人も多いはずです。

 

通勤ラッシュを回避

 

夜勤だと、もちろん通勤ラッシュを回避出来ます。

電車やバスは混んでおらず、"満員電車が苦手な方には大きなメリットです。

 

 

夜勤のデメリット

落ち込むサラリーマン

夜勤にはデメリットも存在します。

  1. 寿命を縮める可能性
  2. 健康に害を及ぼす
  3. 友人や家族との時間が取れない

 

順に解説します。

 

寿命を縮める可能性

 

夜勤は不規則な生活リズムです。

その結果、何らかの病気になるリスクは高まり、寿命を縮める可能性があります。

 

健康に害を及ぼす

 

夜勤は健康に害を及ぼす様々なリスクがあります。

慢性的な眠気や疲労感、不眠症や鬱(うつ)といった精神に異常をきたすことも考えられます。

”鬱(うつ)は関係ないでしょ”と思いがちですが、人は日光を浴びることによりセロトニンという脳内物質が生成されます。

このセロトニンは精神の安定、安心感、平常心、脳の回転を良くして直感力を上げるなど脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。

出典:セロトニンの増加が心身に及ぼす効果 | 医療法人社団 平成医会

要するに、夜勤は日光に当たる時間が短い為、セロトニンの生成が短く、鬱になりやすいということです。

 

友人や家族との時間が取れない

 

昼夜逆転、不規則な生活リズムが友人や家族との時間を取りづらくします。

私も少しの間、夜勤を経験しました。

夜勤明けは眠すぎて友人と遊ぶ気にはなりませんでした。

夜勤で友人と疎遠になり、友人が減ってしまったという方もいます。

 

 

夜勤経験者の感想

人それぞれの意見

 

夜勤経験者の感想を下記に集めてみたので、参考になれば。

 

・夜勤を続けていたら体に不調が現れ始めた。肌荒れ、ニキビなどにも悩まされた。

 

・職場の人が少ないのがほんと楽。喋ることも少ないし、気楽。

 

・家族や友達とリズムが合わない。

 

・3時〜4時がめちゃくちゃ眠くなる。

 

・銀行や役所に昼間行けるのが、圧倒的にメリット。

 

・夜勤手当のおかげで給料が多めに貰えるから、当分辞める予定は無いね。

 

 

夜起きていられない。さらに、生活リズムが崩れていくのが無理でした。

最後は私が実際に夜勤を経験した感想です。

そして、”夜勤には向き不向きがある”というのが、経験した感想です。

 

 

職種による夜勤パターン

ホワイトボードを見る男性

夜勤がある職種は様々ですが、本記事では3つの職種を紹介します。

1、看護師
2、介護職
3、工場勤務

 

夜勤パターンをサクッと紹介します。

看護師

 

看護師は医療機関によって異なりますが、2交代制もしくは3交代制です。

2交代制

(例)
日勤8:00~17:00
夜勤16:00~9:00

 

3交代制

(例)
日勤8:00~16:45
準夜勤16:00~24:45
深夜勤24:00~8:45

 

介護職

 

介護職も看護師と同様に医療機関によって異なりますが、2交代制もしくは3交代制です。

2交代制

(例)
日勤8:00~17:00
夜勤16:00~10:00

 

3交代制

(例)
日勤6:00~14:00
準夜勤14:00~22:00
深夜勤22:00~6:00

介護職に興味がある方は下記記事を参考に。

>>介護職未経験の方が感じる不安とは【排泄介助・入浴介助の具体的業務】

 

工場勤務

 

工場は、夜中に工場の機械を動かす必要がない場合と24時間フル稼働の工場とで夜勤の時間帯が変わります。

2交代制

【夜中に工場の稼働を行わないケース】
(例)
日勤8:00~17:00
夜勤17:00~26:00

 

3交代制

【24時間工場をフル稼働するケース】
(例)
日勤8:00~17:00
夕方勤務16:00~25:00
夜勤24:00~9:00

工場勤務に興味がある方は下記記事を参考に。

>>工場の正社員ってきつい?実際どうなの?【経験談を併せて解説】

 

 

夜勤のメリット・デメリット:まとめ

STARTからGOALのコピー

夜勤には向き不向きがあります。

しかし、夜勤の勤務歴が長い人で「夜勤を始めた当初は辛かったけど、慣れた」という方もいます。

夜勤のメリットに惹かれた方は挑戦もありです。

その他の転職に役立つ記事は下記にまとめていますので、ご活用ください。

転職関連記事一覧へ>>

では、また。

-転職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5