20代の転職の悩み 転職

20代の転職で年収が下がるのは普通?【上げる方法も解説】

20代の転職で年収が下がるのは普通?【上げる方法も解説】

”20代の転職は年収が下がるのは当たり前?”

”20代だけど年収が下がる転職はしたくない!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

 

20代の転職でも年収が下がらず、逆に上がる方がいます。

20代の転職=年収が下がるという訳ではありません。

 

 

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私自身が20代で転職をし、年収が下がった経験も上がった経験もあります。

 

 

本記事で解説すること

  • 転職で年収が下がる20代は一般的
  • 転職で年収が上がる20代の特徴
  • 転職で年収が下がる20代の特徴
  • 20代で年収が下がる転職のメリット
  • 絶対に年収を下げたくない20代の転職方法

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

転職で年収が下がる20代は一般的

転職で年収が下がる20代は一般的

 

20代の転職で年収が下がるのは一般的です。

 

その理由は後で詳しく解説しますが、年収が高いということはその年収に見合ったスキルや経験があるということです。

20代のあなたは年収800万円に見合ったスキルがありますか?

20代のあなたは年収1,000万円をもらえるような経験がありますか?

 

おそらく、この質問に”ある!”と自信満々に答えられる20代は少ないはずです。

ですが、20代の転職で年収が下がらずに上がる方も一定数いることは事実です。

 

 

転職で年収が上がる20代の特徴

転職で年収が上がる20代の特徴

 

転職で年収が上がる20代の特徴は以下です。

  1. 数年の経験が評価された20代
  2. 年収が高めの業種・職種への転職
  3. 年功序列では企業への転職

では、順に解説します。

 

 

数年の経験が評価された20代

 

高卒の方であれば、20代であっても約10年の経験があり、年収が上がる転職が出来る可能性が高いです。

ですが、大卒の方の場合は数年の経験です。

その数年の経験が評価されれば、20代であっても年収を上げた転職が出来ます。

 

評価基準は企業によって様々なので、具体的にどのような経験をすれば良いといった基準はありません。

自分自身では”この経験は評価されないだろうな…”と思っても、採用する企業側が良い評価をする場合もあります。

年収が上がる転職がしたい20代の方は、前職での経験をしっかりと伝えていきましょう。

 

 

年収が高めの業種・職種への転職

 

年収の高い・低いはその業種や職種によって、大きな差があります。

 

以下は業種別の平均年収のランキングです。

 

業種別の平均年収のランキング

  • 1位:電気・ガス・熱供給・水道業 / 747万円
  • 2位:金融業・保険業 / 615万円
  • 3位:情報通信業 / 599万円
  • 4位:学術研究・専門・技術サービス業・教育・学習支援業 / 510万円
  • 5位:製造業 / 507万円

出典:平成29年分民間給与実態統計調査

このように、業種だけでもこれだけの年収の差があります。

20代の転職で年収を下げたくない場合は、その業種・職種のそもそもの年収が高いかが重要です。

 

 

年功序列ではない企業への転職

 

年功序列がある企業の場合、20代で年収を上げた転職になることはまず考えられません。

 

さらに言うと、年功序列の企業に転職をしてしまうと入社後の年収UPもあまり見込めません。

年収が上がるのは、早くて30代後半か40代・50代になってからとなる可能性が高いです。

 

ですが、特定の企業が年功序列かどうかの見極めは難しいのが現実です。

”入社してみたら年功序列だった…”ということもあり得ます。

その企業が年功序列かどうかは、求人はもちろんのことネットやSNSで企業名を検索するなど、情報収集をして自分で判断をするしかありません。

 

 

転職で年収が下がる20代の特徴

転職で年収が下がる 20代の特徴

 

冒頭でも解説しましたが、20代の転職で年収が下がるのは一般的です。

 

なので、特別な特徴はありませんが、転職で年収が下がる特徴を以下から解説していきます。

 

未経験の分野への転職

 

未経験の分野への転職は年収が低くなりがちです。

経験やスキルがない仕事への転職は20代でなくても、年収が下がる傾向にあります。

 

ですが、先ほども解説した通り業種や職種によって年収の高い・低いがあります。

前職は年収が低い業種で働いていて、次は年収が高い業種へ転職すれば20代であっても年収は上がります。

 

>> 転職したいけどスキルがない20代でも内定が貰える【実体験】

 

 

経験が浅いもしくは不足との判断

 

同じ業種・職種の転職であっても、年収が下がる場合があります。

 

20代の転職となると、数年の経験やスキルしかありません。(中卒や高卒の方は別です)

なので、採用する企業側は”経験が浅い”または”経験が不足している”と判断します。

 

その結果、経験があっても最低年収からスタートと判断する可能性があります。

 

 

20代で年収が下がる転職にはメリットもあり

20代で年収が下がる転職にはメリットもあり

 

年収が下がる転職は不安かもしれません。

 

さらに、趣味が多い方や交友関係が広い20代の方は年収が下がると困りますよね。

ですが、年収が下がる転職にもメリットがあります。

 

 

定時退社など前より楽な会社の可能性有り

 

年収が下がるもしくは年収が低い会社ということは以下の可能性が高いです。

 

年収が下がるもしくは年収が低い会社の特徴

  • 定時退社が当たり前
  • 有給が自由に取れる
  • 残業が月に10時間以下

など、ワークライフバランスがしっかりと取ることが出来る傾向にあります。

 

実際に私は年収が大幅に下がる転職を20代で経験しましたが、上記のような会社でした。

肉体的にも精神的にも楽なので、”そっちのほうが良いかも!”という方は年収が下がる転職もおすすめです。

 

>> 楽な仕事ランキング19選 【正社員でその考えは甘え?】

 

 

長期的に考えれば年収が上がるかもしれない

 

20代で年収が下がる転職をしてしまっても、長期的に考えれば年収が上がるかもしれません。

 

先ほど解説した通り、年収が下がるまたは年収が低い会社というのは【長く続けやすい会社】の可能性が高いです。

定時退社ができ、有給も自由に取れて残業が月に10時間以下という会社を、なかなか辞める気にはならないはずです。

 

数年・数十年と長く働けば年収は自然と上がっていきます。

長期的な視点を持つことも時には重要です。

 

 

絶対に年収を下げたくない20代の転職方法

絶対に年収を下げたくない20代の転職方法

 

様々な理由から”絶対に年収を下げたくない!”という20代もいるはずです。

以下から、絶対に年収を下げたくない20代の転職方法を解説します。

 

年収の交渉をする

 

年収を上げる王道の方法です。

 

年収の交渉をして、前職より年収を下げないもしくは年収を上げた転職をしましょう。

ですが、年収の交渉はかなりのハードルの高さです。

 

面接はただでさえ緊張しますし、年収交渉をしたことが原因で内定を貰えたはずの企業から不採用の通知を受け取るかもしれません。

 

さらに、どこで年収の交渉をするべきという正解もありません。

1次面接でするべきなのか、役員面接でするべきなのか、最終面接で社長に直接交渉すべきなのか。

こちらは一個人なので、どの段階で年収交渉をするかは自由です。

 

”自分で年収交渉をするのは不安…”という20代の方は、以下の転職エージェントに相談することをおすすめします。

 

おすすめ転職エージェント

  • ベンチャーセールス
    【公式】
    https://venture-sales20.com
    営業職に特化し20代専門。土曜や日曜も対応してくれます。
  • キャリアスタート
    【公式】
    https://careerstart.co.jp/
    学歴や職歴は問われません。20代特化の転職エージェント。
  • 就職Shop
    【公式】
    https://www.ss-shop.jp/
    就職Shop経由の応募は書類選考が免除されます。

転職エージェントに頼めば年収交渉をあなたの代わりにしてくれます。

しかも、すべて無料でそれらのサポートが受けられるので、損をすることがありません。

 

 

業種・職種の平均年収を徹底的に調べる

 

何度か解説していますが、業種・職種で年収が異なります。

 

”転職で絶対に年収を下げたくない!”という20代の方は、業種・職種の平均年収を徹底的に調べることをおすすめします。

平均年収が高ければ、20代の転職であっても年収が上がる可能性は大です。

 

年収が高い=業務が大変かもしれませんが、どういった転職をするかは個人の自由です。

 

 

20代の転職で年収が下がるのは普通?【上げる方法も解説】:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 転職で年収が下がる20代は一般的
  • 転職で年収が上がる20代の特徴
  • 転職で年収が下がる20代の特徴
  • 20代で年収が下がる転職のメリット
  • 絶対に年収を下げたくない20代の転職方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

20代での転職は年収が下がるのは一般的です。

ですが、本記事で解説した通り、年収が下がるのはデメリットばかりではありません。

転職に正解・不正解はありませんが、長期的な視点も転職では必要です。

 

次の記事では20代に特化した転職サイト・転職エージェントを紹介しています。

無料で利用出来るので、興味のある方は覗いてみてください。

 

NEXT

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

 

 

 

【関連記事】

>> 転職に迷う20代が考えるべきこと【挑戦か留まるかの選択】

>> 20代での転職の失敗談とそこから伝えたいあること

>> 転職先がなかなか決まらない20代に伝えたい3つのこと

>> 有料のおすすめキャリア相談3選【20代・30代も利用可能】

>> 実際にハローワークを使って転職した結果【20代が利用するメリット】

>> 給料が安いとモチベーションが無くなって当然【やる気が出ない】

-20代の転職の悩み, 転職

© 2021 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5