転職に迷う20代の7つの理由【実際に試した悩みを解消する5つの方法】

PR
本ページは広告やプロモーションが含まれてます
転職に迷う20代の7つの理由【実際に試した悩みを解消する5つの方法】

”20代だけど転職するか迷う…”

”20代は転職という挑戦をするべき?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

転職するかどうかを悩むのは20代だけでなく、全年代で悩む事柄です。

しかし、20代は20代独自の悩みがあり、20代独自の対策が可能です。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • 20代が転職に迷う理由
  • 転職に迷う20代の対策
  • 結局20代は転職すべき?

本記事ではこれらを解説していきます。

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

20代で転職するかどうか迷った経験があるので、実体験も交えて解説していきます。

20代で転職に迷っている方は第二新卒エージェントneoに相談してみるのがおすすめです。

初回面談では2時間を超えることもあるので、あなたの方向性が定まるかもしれません。

>> 第二新卒エージェントneoの評判・口コミとは

目次

20代が転職に迷う理由

20代が転職に迷う理由

20代の方で転職に迷う理由は人によって様々。

下記のような理由で、20代での転職を迷う方もいます。

  1. 周りの目が気になるから迷う
  2. すでに転職した経験があるから迷う
  3. 私がいないと仕事が回らないから迷う
  4. 親などの反対があるから迷う
  5. そこまでやりたいことがないから迷う
  6. 残ったほうが得かもしれないから迷う
  7. 転職でアピールできるスキルや経験がないから迷う

順に解説していきます。

周りの目が気になるから迷う

20代の方の中には、

20代

周りの目が気になって転職するか迷う…。

という場合もあります。

というのも、20代の周りは以下のような方がまだ多い傾向にあります。

  1. 周りに転職した人がいない
  2. 上昇志向の友人しかいない
  3. 「まだ転職するのは早いよね」という会話になる

上記のような友人しか周りにいないと、当然その人たちの目が気になります。

その結果、20代で転職をするかどうかを迷います。

すでに転職した経験があるから迷う

20代ですでに転職した経験がある方は転職に迷うのは当然です。

なぜなら、20代で2回目の転職ということは1社目を早期退職しているケースが多いからです。

早期退職は一般的に1年〜3年以内で退職することを指しますが、これを2回経験するかどうかは誰だって悩みます。

転職回数が多くなってくると、20代ですら転職活動が厳しいものになっていきます。

書類選考も通りづらくなりますし、一次面接も普通に落ちます。

ちなみに冒頭でも紹介しましたが、私は20代で早期退職を2回経験しています。

私がいないと仕事が回らないから迷う

20代の方の中には、すでに重要なポジションで働いている方がいるかもしれません。

そうなると、”私が転職したらこの会社回らないよね…”と考えてしまい、転職を迷うケースがあります。

確かに、転職後に誰かに迷惑を掛けてしまうと考えると、転職はしづらいかもしれません。

しかし、仕事というのは1人の社員がいなくなって潰れるほど弱くはありません。

例えば、あなた1人が会社を抜けたことで、仕事が回らなくなったとしましょう。

ですが、それは一時的なものです。

数ヶ月、早ければ数週間で会社というのは普通に稼働していけます。

寂しいかもしれませんが、それが会社というものです。

親などの反対があるから迷う

20代の方の中には、親から自身のキャリアについての意見を言われる状態かもしれません。

そうなると、20代で転職をすることに親は反対をする可能性があります。

おそらく、今の20代の親世代は

  1. 年功序列
  2. 終身雇用

が当たり前の世代です。

特に『会社は終身雇用が当然』という考えを持つ親の場合は、20代での転職は大反対です。

さらに、20代の中にはすでに家庭を持っているケースもあります。

20代での転職は年収が下がることが多いので、奥さんからの反対もあるかもしれません。

身近な存在からの反対があると、転職をするか迷います。

そこまでやりたいことがないから迷う

20代の方には漠然と

20代

どこでもいいから転職したいけど、悩む…。

という方がいます。

この場合、そこまでやりたいことがないから転職に迷っている状態かもしれません。

しかし、「特にやりたいことはなかったけど今の仕事をしている」という若い方は多いです。

内閣府が全国の15歳から29歳までの男女1,137名に『現在の職業に就いた理由はなんですか?』とアンケートを取りました。

その結果、上位5つは以下のような回答です。

  • 自分の好きなことができる:32.5%
  • 安定していて長く続けられる:24.9%
  • 他にやりたいことがなかった:24.2%
  • 休みが多い:17.3%
  • 大きな会社である:14.5%

という結果になっています。(出典:特集 若者の仕事観や将来像と職業的自立- 内閣府)

転職したいけどやりたいことがないと悩む20代の方は、以下の記事を参考にしてみてください。

>> 20代で何がしたいかわからない!【向いてる仕事の3つの見つけ方】

残ったほうが得かもしれないから迷う

転職をする=成功とは限りません。

転職をしなければ以下のようなメリットがあるかもしれません。

  1. 年収が上がったかもしれない
  2. やりたい仕事ができたかもしれない
  3. 嫌いな上司が退職したかもしれない

上記のメリットがあれば、転職という選択をしない20代の方もいますよね。

ですが、これはただの理想です。

転職をするか否かにおいて『〇〇かもしれない』と悩むとキリがありません。

転職を迷い悩むことは重要なことですが、『〇〇かもしれない』と考えるのは程々にしておくべきです。

転職でアピールできるスキルや経験がないから迷う

20代の方は他の年代に比べて、スキルや経験が劣ります。

その結果、

20代

私には転職でアピールできるスキルや経験がないから…。

と転職を迷う場合があります。

ですが、このように悩む方は『転職がしたい』という気持ちが大きい傾向にあります。

20代で転職がしたいと思う原因は人によって様々です。

20代で転職がしたいと思う原因

  1. 残業が多すぎる
  2. 休みが少なすぎる
  3. 上司との相性が最悪
  4. 入社してみたら思っていた仕事と違った
  5. この職場ではスキルやキャリアが積めない

など、人によってそれぞれの原因・理由があります。

上記の中でも『この仕事はスキルやキャリアが積めない』と感じている20代は転職すべきです。

シンプルに今の仕事を続けている時間がもったいないです。

さらに、今のあなたにスキルや経験がないのは、『スキルやキャリアが積むない会社にいるから』という可能性があります。

20代であれば、まだ未経験の業界や職種に転職することが可能なので、行動をしないのは損をしているかもしれません。

20代向けの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 第二新卒エージェントneo
    【公式】

    学歴や職歴は問われません。20代特化。(無料)
  • フミダス(転職エージェント)
    【公式】

    あなたと同じ業界出身のアドバイザーが転職サポートをしてくれます。(無料)

転職に迷う20代の対策

転職に迷う20代の対策

転職に迷う20代の対策は以下です。

  1. 親や周りを気にしない
  2. 転職に失敗してもやり直せると考える
  3. 本当に自分に合った求人を見つける
  4. 未経験の業界への転職はリミットがあることを知る
  5. 転職しなかったことを後悔しないか考えてみる

こちらも順に解説します。

親や周りを気にしない

周りの目が気になるのは性格による部分も多いので、仕方ないかもしれません。

ですが、20代で転職に迷う方はできるだけ周りの目は無視すべきです。

まず、20代で『まだ周りに転職した友人がいない…』という方。

先ほども解説しましたが、周りの友人が誰も転職をしていないと自身の転職も迷うかもしれません。

しかし、数年後には遅かれ早かれ転職する友人が現れます。

さらに、あなたの周りにいないだけで20代で転職をしている人はかなり多いです。

大卒の3年以内の離職率グラフ
https://www.mhlw.go.jp/content/11805001/001005628.pdf

上記は厚労省の新規学卒就職者の離職状況というデータですが、新卒入社から3年以内の離職率は30%前後です。

別データでは年度によって微妙な誤差はあるものの、毎年約3人に1人が新卒で入社した会社を短期離職しています。

離職者数で言うと、毎年10万人以上が新卒入社から3年以内に退職をしています。

つまり、20代で転職を経験するのは普通です。

そして、

20代

私の場合は親の目が気になる…。

という場合。

この場合は、結局働き続けるのは私自身と考えるべきです。

『今の会社に不満があるけど働く』・『今の会社は辛いけど働く』など、どれも働くのはあなたです。

20代で転職に迷うのは当然ですが、周りの目を気にして転職をしないのは損です。

転職に失敗してもやり直せると考える

転職の失敗は以下のようなケースが挙げられます。

転職失敗例

  1. 上司が仕事を教えてくれない
  2. 思っていたより残業が多かった
  3. 有給が取りづらく休日出勤も当たり前

など、転職失敗例を挙げだすとキリがありません。

転職をするのであれば、このような失敗は避けたいですよね。

しかし、万が一転職で失敗しても20代なら大丈夫です。

20代を欲している企業は多く、複数回の転職回数があっても内定はもらえます。

中には20代で転職回数21回という方もいます。(以下のツイート参照)

https://twitter.com/ku__ku__81/status/1599711439937474561?s=20&t=KYo7O-jk_fnPpSXDd-NjbA

20代で転職回数20回超えは稀なケースですが、これくらい転職を繰り返しても20代ならなんとかなる可能性が高いです。

本当に自分に合った求人を見つける

Re就活のトップページ
公式HP:

20代で転職に迷う方は、まだ本当に自分に合った求人が見つかっていないからかもしれません。

なぜなら、

20代

これは自分に合っている求人だ!

というのが見つかると、転職するかどうかで迷うことが少ないです。

とりあえずその求人に応募したくなりますし、なにしろ他の求職者にその求人を取られたくなくなります。

どの転職サイトを使うか自由ですが、20代が転職サイトを使うのであれば20代に特化した転職サイトがおすすめです。

は20代に特化した転職サイトです。

転職サイトは無料で使えるので、自分に合った求人を見つけたい方はぜひ。

未経験の業界への転職はリミットがあることを知る

20代の中で、

  1. 「昔から興味のある業界がある!」
  2. 「1度は挑戦してみたい仕事がある!」
  3. 「人生の中であの仕事は経験しておきたい!」

という方は、早めに転職活動を始めましょう。

以下は、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン、約28万件の平均年齢のデータです。

転職成功者の年代別割合
https://doda.jp/guide/age/

上記のグラフの通り、どの職種でも25歳〜29歳の年代が転職成功者のトップを占めています。

ですが、30代以上や40代以上も転職に成功していることが分かります。

しかし、未経験の業界・職種への転職は別です。

基本的には20代がリミットで、30代以上となると転職難易度はかなり高くなります。

その為、転職に悩む20代の方は未経験の業界・職種への転職はリミットがあることを知っておくべきです。

もしも、実務未経験の仕事がしたいのであれば、20代の内に挑戦することをおすすめします。

転職しなかったことを後悔しないか考えてみる

20代で転職をするかしないかは個人の自由です。

中には一生、ひとつの企業で働き続ける選択をする方もいます。

ですが、少しだけ『転職しなかったことを後悔しないか』を20代の方は考えてみてください。

転職=成功とは限りませんし、未来のことは誰にも分かりません。

その為、今の自分の感情・考えで行動するしかありません。

もしも、『転職しなかったことを後悔しないか』を考えた結果、

20代

なんとなく後悔しそうな気がする…。

と思った方は、その「なんとなく」に従うべきです。

20代で転職に迷うのはいいのですが、実際に転職をするかしないかはあなた自身で決めるしかありません。

『後悔しそう』と少しでも思うのであれば、行動することをおすすめします。

20代向けの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 第二新卒エージェントneo
    【公式】

    学歴や職歴は問われません。20代特化。(無料)
  • フミダス(転職エージェント)
    【公式】

    あなたと同じ業界出身のアドバイザーが転職サポートをしてくれます。(無料)

【迷った末の選択】結局、20代は転職すべき?

結局20代は転職するべき?

結局、20代は転職すべき?

あなた自身が転職したければ、転職するべきです。

20代だから転職するべき!や40代は転職しないほうが良い!といった、年齢で判断する必要もありません。

転職の動機

  • 「もっと年収を増やしたい!」
  • 「今の人間関係から逃げたい!」
  • 「こんな仕事やってられない!」
  • 「憧れていた仕事に挑戦したい!」
  • 「やってみたかった仕事がある!」

など、転職の動機に正解や不正解はありません。

これらの動機に共通するのは、現状を変えたいという気持ちです。

重要なのは現状を変えたいという気持ち

迷った末に転職して、失敗するかもしれませんし成功するかもしれません。

しかし、やりたいことや興味があることをそのままにするのは苦しくないですか?

嫌な人間関係のまま日々を過ごすのはキツくないですか?

私は辛かったので、20代で挑戦しました。

その結果、今は興味のある仕事で働いていますし、結構ホワイトな職場です。

迷った末にどんな決断をするかはあなた自身です。

20代向けの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 第二新卒エージェントneo
    【公式】

    学歴や職歴は問われません。20代特化。(無料)
  • フミダス(転職エージェント)
    【公式】

    あなたと同じ業界出身のアドバイザーが転職サポートをしてくれます。(無料)

転職に迷う20代の7つの理由【実際に試した悩みを解消する5つの方法】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を解説しました。

  • 20代が転職に迷う理由
  • 転職に迷う20代の対策
  • 結局20代は転職すべき?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

20代の方が転職を迷うのは当然です。

というより、何歳であっても転職をする時には迷います。

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

【関連記事】

>> 20代で何がしたいかわからない!【向いてる仕事の3つの見つけ方】

>> 第二新卒の転職はやめとけという3つの理由【成功者0?】

>> 20代の転職で年収が下がる人と上がる人【3つの方法で年収アップ】

目次