すぐ辞める人の末路は暗い?【再度正社員になった実体験】

すぐ辞める人の末路は暗い?【再度正社員になった実体験】

”すぐ辞める人の末路って暗いよね…?”

”実際、すぐ辞める人の末路ってどう?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

仕事をすぐ辞める選択をするのは勇気が必要です。

しかし、勇気を出した先は今よりも明るい未来かもしれません。

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職をした経験があり、日本の転職がおかしいと感じたこともあります。

本記事で解説すること

  • すぐ辞める人の末路は暗い?どうなる?
  • すぐ辞める選択をした末路【実体験】
  • すぐ辞める選択をしても暗い末路にならなかった理由

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

すぐ辞める人の末路は暗い?どうなる?

すぐ辞める人の末路は暗い?どうなる?

結論から言うと、すぐ辞める人の末路は暗くないです。

すごく明るいとは言いませんが、普通にまた正社員として働けるくらいには明るいです。

(仕事をすぐ辞めた実体験は後で紹介します。)

すぐ辞める人の定義は人それぞれ

まず、すぐ辞める人の定義は2年〜3年以内に退職した人を指します。

しかし、これは企業ごとや面接官ごとに定義が変わっています。

例えば、1つの企業で20年働いた方からすると、1つの企業で5年しか働いていない方は『すぐ辞める人』になり得ます。

なので、”すぐ辞めたと思われない為に5年間働いた!”と考えていても、面接官によっては

5年しか働いていませんが、何か理由があるんですか?

と聞かれることもあります。

すぐ辞める人の定義は企業や面接官によって異なるので、他人の評価を気にし始めるとキリがありません。

すぐ辞める選択をした末路【実体験】

すぐ辞める選択をした末路【実体験】

繰り返しますが、すぐ辞める選択をした末路は暗くありません。

というのも、私は短期離職や空白期間がありますが、今も普通に正社員として働けています。

冒頭でも紹介しましたが、私の経歴は以下です。

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

なかなかひどい経歴ですよね。

しかし、すぐ辞める選択をしてもなんとかなるものです。

すぐ辞める選択は暗い末路しかないという検索結果

当時、新卒で働いていた仕事を辞めたかった私はネットやSNSなどで、

【仕事をすぐ辞める 末路】・【短期離職 将来】などの検索をしていました。

すると、検索結果は

  • 一生フリーター
  • 男の場合は結婚できなくなる
  • 最低でも3年は仕事を続けないと転職が出来ない

など、暗い末路を示す結果ばかりでした。

しかし、結局新卒で入った会社を3ヶ月で退職し、その後は上記で紹介した経歴です。

結果的に今も正社員で働けていますし、すぐ辞める選択をして正解だったと思っています。

自分に合わない仕事をキツイですし、”あのまま仕事を続けていたらメンタルがズタズタだっただろうな…”とも感じます。

今、仕事をすぐ辞める選択をするか迷っている方は、暗い末路ばかりではないことを念頭に置いてください。

おすすめの転職サイト・エージェント等

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • ライフシフトラボ(有料キャリア相談)
    【公式】

    40代〜50代限定のキャリア相談。無料カウンセリングがあるので利用が手軽です。

すぐ辞める選択をしても暗い末路にならなかった理由

すぐ辞める選択をしても暗い末路にならなかった理由

すぐ辞める選択をしても暗い末路にならなかった理由は大きく2つです。

  1. 大手企業は諦めた
  2. 求人を1つでも多く検索
  3. すぐ辞めたいけど勇気が出ない

順に解説します。(最後の1つは別の選択肢です)

大手企業は諦めた

繰り返しますが、すぐ辞める選択をしても正社員にはなれます。

しかし、転職できる企業は限られるはずです。

実際に転職活動をしてみると分かりますが、短期離職の経歴があると大手企業の選考にまったく通らない可能性が高いです。

私の場合はまったく通りませんでした。

なので、仕事をすぐ辞めた経歴がある場合は、大手企業は諦めて中小企業への転職に切り替えることをおすすめします。

大手企業からの内定がもらえる可能性は0ではありませんが、あまりおすすめはしません。

求人を1つでも多く検索

すぐ辞める選択をしても暗い末路にならなかった1番大きな理由です。

短期離職の経歴がある方は、1つでも多くの求人を探すべきです。

なぜなら、仕事をすぐ辞める選択をしても正社員にはなれますが、転職活動が楽にクリアできる訳ではありません。

おそらく、数社・数十社から不採用のメールを受け取るはずです。

そもそも求人というのは、その求人が世の中にあることを知らなければ応募する対象になりませんよね。

なので、ハローワークや転職サイトなど、無料で求人検索ができる媒体は1つでも多いほうが得です。

おすすめの転職サイト・エージェント等

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • ライフシフトラボ(有料キャリア相談)
    【公式】

    40代〜50代限定のキャリア相談。無料カウンセリングがあるので利用が手軽です。

シンプルに応募できる求人が増えますし、暗い末路を避けるためには必須です。

すぐ辞めたいけど勇気が出ない

退職を切り出すのはかなりの勇気が必要です。

「辞めさせてください」と伝えるのがどうしても出来ないという状況もあります。

できることなら、退職の意思を伝えることから退職に必要なすべての流れを任せたいですよね。

どうしても退職を切り出すことが出来ず、心や体を壊してしまっては元も子もありません。

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しています。

法適合の労働組合となるには労働委員会から一定の基準が認められ、審査を通過する必要があります。

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

>> 退職代行ガーディアンの評判・特徴はこちら

即日で退職が出来るので、退職を切り出すのがどうしても難しい方は退職代行を利用しましょう。

すぐ辞める人の末路は暗い?【再度正社員になった実体験】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • すぐ辞める人の末路は暗い?どうなる?
  • すぐ辞める選択をした末路【実体験】
  • すぐ辞める選択をしても暗い末路にならなかった理由

最後まで読んでいただきありがとうございます。

すぐ辞める選択をするかどうかはあなたの自由です。

やり方次第で暗い末路は避けられます。

次の記事では転職や退職関連の記事を紹介しています。

本記事では紹介していない無料ツールもあるので、興味のある方はぜひ。

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめの転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

【関連記事】

>> 短期離職や転職を繰り返すデメリットと3つの原因【実体験】

>> 仕事が続かないのはクズや甘えではない【具体的な対策】

>> まともな人から辞めていく職場は異常【孤立する可能性】

>> 入社して1ヶ月〜3ヶ月で正社員の仕事を辞めたい!【退職した結果】

>> 仕事辞めて正解だったわと感じる3つの理由【去るべき職場】

目次