退職

店長を辞めたい・向いてない場合の3つの対策【責任が重い】

店長を辞めたい・向いてない場合の3つの対策【責任が重い】

”店長を辞めたい…”

”店長を辞めたい場合ってどうしたらいい…?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

 

店長を辞めたくなるのは不思議なことではありません。

実際に経験してみると分かりますが、店長業務は結構キツイですよね。

 

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職をした経験があり、店長を経験したこともあります。

 

 

本記事で解説すること

  • 店長を辞めたいという実際の声【向いてないの意見】
  • 店長を辞めたいのは不思議なことではない
  • 店長を辞めたい場合の対策

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

店長を辞めたいという実際の声【向いてないの意見】

店長を辞めたいという実際の声【向いてないの意見】

 

店長を辞めたいという方は多いです。

実際にネットやSNSで調べてみると、様々な声があります。

 

以下はTwitterからの出典です。

 

仕事は辞めなくていいけど、店長を辞めたい

 

仕事は好きだけど、店長を辞めたいことってありますよね。

店長になった途端、色々な業務が増えますし。

 

 

店長だから弱音吐けないし、管理職も向いてないから辞めたい

 

店長だと様々な重圧がありますよね。

ちなみに、店長業務を管理職とするか否かは企業によって異なったりもします。

 

 

ひとまず店長を辞めたい

 

社用携帯があると、しんどいですよね。

深夜に電話があるのはかなりキツイです。

 

このように、店長を辞めたいと感じている方は様々です。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 第二新卒エージェントneo
    【公式】
    https://www.daini-agent.jp
    学歴や職歴は問われません。20代特化。(無料)
  • アーシャルデザイン(転職エージェント)
    【公式】
    https://www.a-cial.com
    一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で働きたい20代限定。未経験OKの求人が多いです。(無料)

 

店長を辞めたいのは不思議なことではない

店長を辞めたいのは不思議なことではない

 

もしかすると周りから、

店長までいったのに辞めるのはもったいないよ!

などと言われるかもしれません。

 

ですが、実際に店長をやってみると分かりますが、店長業務をそんなに優しいものではありません。

 

  1. 売上作りが大変
  2. 労働時間が不規則
  3. すべての責任は店長が負う
  4. アルバイトへの教育が必要
  5. アルバイトが同じ熱量で働いてくれない

 

など、店長業務は辞めたくなる要素で溢れています。

なので、店長を辞めたいというのは不思議なことではありません。

 

 

店長は基本的に孤独

 

店長を経験したことがある方は分かるかもしれませんが、店長は基本的に孤独です。

相談できる同僚などがいても、最終判断は自分がしなくてはなりません。

 

さらに、例えばアルバイトの言動についてお客さんからクレームが入ったとします。

その場合、店長よりも上の立場の本部(または本社)などの人間に相談をするはずです。

 

しかし、

お客様に謝罪をして頂いて、その報告を後でお願いします。

など、結局は店長が動くことになります。

 

そして、お客さんの謝罪にはアルバイトが付いてこないこともあるので、店長は基本的に孤独です。

 

 

店長を辞めたい場合の対策

店長を辞めたい場合の対策

 

店長を辞めたい場合の対策は大きく3つです。

  1. 店長として働きながら転職活動をする
  2. 40代以上は店長を辞める前に副業をすべき
  3. 即日で店長を辞めたい場合の対策

順に解説します。

 

店長として働きながら転職活動をする

 

店長を辞めたい場合は、そう思った時点から転職活動を始めるべきです。

つまり、店長として働きながら転職活動をするということです。

 

というのも、店長という役職はそこまで転職活動で有利に働きません。

転職活動をしてみると分かりますが、企業によっては『店長という役職は管理職として見ない』場合もあります。(アルバイトリーダーと同等という見方もあります)

 

その結果、店長という履歴ではなかなか内定が貰えない可能性が高いです。

 

なので、”店長を辞めたい!”と感じた時点で、求人探しなどの転職活動はコツコツと始めるべきです。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 第二新卒エージェントneo
    【公式】
    https://www.daini-agent.jp
    学歴や職歴は問われません。20代特化。(無料)
  • アーシャルデザイン(転職エージェント)
    【公式】
    https://www.a-cial.com
    一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で働きたい20代限定。未経験OKの求人が多いです。(無料)

転職活動は積み重ねが大切です。

 

40代以上は店長を辞める前に副業をすべき

 

”店長を辞めたい”という40代以上の方で、同じ業種・業界への転職を目指している方は問題ありません。

ですが、未経験の業種や異なる業界への転職を目指している40代の転職は困難を極めます。

 

企業が中途採用をする際は、基本的に20代〜30代前半を求めます。

さらに、40代以上を採用するにしても、豊富なスキルや経験を持っている方限定であることも少なくありません。

 

なので、40代以上の方は店長を辞める前に副業を始めることをおすすめします。

月に数万円の副業収入があれば、転職活動も焦らずに済みます。

 

”でも、私にどんな副業ができるか分からない…”という方は、ライフシフトラボを利用してみましょう。

ライフシフトラボは40代以上限定の副業スクールで、あなたに合った副業を一緒に考えてくれます。

 

>> ライフシフトラボの公式HPはこちら

店長を辞めて路頭に迷うといった無駄なリスクは避けるべきです。

 

 

即日で店長を辞めたい場合の対策

 

退職を切り出すのはかなりの勇気が必要です。

「辞めさせてください」と伝えるのがどうしても出来ないという状況もあります。

 

できることなら、退職の意思を伝えることから退職に必要なすべての流れを任せたいですよね。

どうしても退職を切り出すことが出来ず、心や体を壊してしまっては元も子もありません。

 

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しています。

法適合の労働組合となるには労働委員会から一定の基準が認められ、審査を通過する必要があります。

退職代行ガーディアンの公式HPはこちら

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

 

>> 退職代行ガーディアンの評判・特徴はこちら

即日で退職が出来るので、退職を切り出すのがどうしても難しい方は退職代行を利用しましょう。

 

店長を辞めたい・向いてない場合の3つの対策【責任が重い】:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 店長を辞めたいという実際の声【向いてないの意見】
  • 店長を辞めたいのは不思議なことではない
  • 店長を辞めたい場合の対策

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

店長を辞めるかはあなたの自由です。

しかし、一生その店長業務を続けるかはきちんと考えるべきです。

 

次の記事では転職や退職関連の記事を紹介しています。

本記事では紹介していない無料ツールもあるので、興味のある方はぜひ。

 

NEXT

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめの転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

 

 

 

【関連記事】

>> 入社して1ヶ月〜3ヶ月で正社員の仕事を辞めたい!【退職した結果】

>> 飲食業のおすすめ転職エージェント3選【使わないのは損】

>> 【接客業のあるある】店員に横柄な態度を取る方は見ないで下さい

>> 仕事で心が折れた場合は退職一択?【辞める前に考えるべき事】

>> 接客業でイライラするのは向いてないから?【100%解消する方法はない】

-退職

© 2022 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5