転職エージェントが報酬・利益を得る仕組み【理論年収とは】

転職エージェントが報酬・利益を得る仕組み【理論年収とは】

”転職エージェントが報酬を得る仕組みってどんな感じ?”

”転職エージェントが利益を得る仕組みが知りたい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

転職エージェントの報酬が発生する仕組みはシンプルです。

そして、転職エージェントの利益が減る仕組みもシンプルです。

本記事では私自身が転職エージェントで働いた実体験を基に解説します。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • 転職エージェントが報酬・利益を得る仕組み
  • 転職エージェントの利益が減る3つの仕組み

実体験からこれらを解説します。

目次

転職エージェントが報酬・利益を得る仕組み

転職エージェントが報酬・利益を得る仕組み

転職エージェントが報酬・利益を得る方法は、基本的に成功報酬型です。

成功報酬型とは、その名の通り『成果が出たタイミングで報酬が発生する』ということです。

転職エージェントの成果って、仕事を探している人が転職に成功したとき?

その通りです。

転職エージェントの成果は、求職者(仕事を探している方)が転職に成功したことを指します。

以下は、転職エージェントが報酬・利益を得る為の簡単な流れです。

STEP
求職者が転職エージェントを利用する
STEP
求職者が転職エージェントの紹介した求人に転職する
STEP
転職エージェントは転職した方の理論年収の10%〜30%の報酬を受け取る

上記にも記載していますが、転職エージェントの報酬は理論年収から算出されることが多いです。

転職エージェントの報酬で重要な『理論年収』という考え方

転職エージェントの報酬は、求職者の理論年収で決定します。

理論年収とは『もしも、この人がこの企業に転職したらこれくらいの年収だよね』といったことです。

そして、この理論年収の10%〜30%の紹介手数料が転職エージェントへの報酬になります。

例えば、理論年収が300万円の方が紹介手数料30%の転職エージェントで転職をした場合。

300万円×30%=90万円

となり、企業は紹介手数料として転職エージェントに90万円の報酬を支払います。

大手の転職エージェントの紹介手数料は高い?

先ほど、転職エージェントの紹介手数料は10%〜30%と解説しましたが、大手の転職エージェントだから紹介手数料が高いという訳ではありません。

中小の転職エージェントも紹介手数料が高い場合もあります。

転職エージェントごとの紹介手数料の具体的な金額が知りたいな。

と思う方がいるかもしれません。

ですが、転職エージェントの紹介手数料は以下のような特徴があります。

  1. 社外秘になっている
  2. 企業ごとに紹介手数料を変えている
  3. 転職エージェントの規約改定で変動している

その為、転職エージェントごとの紹介手数料を知る為には、転職エージェントと直接コンタクトを取るか、転職エージェントと契約をする必要があります。

ネットで調べると、転職エージェントの紹介手数料が書いてある場合がありますが、あまり鵜呑みにしないことをおすすめします。

転職エージェントの利益が減る3つの仕組み

転職エージェントの利益が減る3つの仕組み

転職エージェントは、求職者を転職成功させ利益をもらい終了。という訳ではありません。

転職エージェントには、得た利益が直接的に減る仕組みと間接的に減る仕組みがあります。

  1. 紹介料(成功報酬)の返金
  2. 取引先企業からの信頼を失う
  3. 転職した方からの不満

順に解説します。

紹介手数料(成功報酬)の返金

先ほども解説した通り、転職エージェントへの報酬が発生するタイミングは、求職者が転職に成功したタイミングです。

しかし、転職に成功した方が数ヶ月などの早期退職になった場合は、基本的に紹介料の返金が発生します。

入社から1ヶ月以内の退職紹介手数料の80%返金
1ヶ月〜3ヶ月以内の退職紹介手数料の50%返金
3ヶ月〜半年以内の退職紹介手数料の30%返金

上記は例ですが、転職者がいつまでに退職したかによって、紹介手数料の返金のパーセンテージが変わることが多いです。

その為、転職エージェントは得た利益を減らさない為に、転職成功者のサポートを転職後も続けるケースがあります。

さらに、転職成功者が早期退職をしてしまうと、間接的にも利益が減っていきます。

取引先企業からの信頼を失う

ここからは、転職エージェントが間接的に利益を減らしてしまう仕組みです。

営業職では当然ですが、転職エージェントも取引先企業との信頼は重要です。

例えば、転職エージェントが求職者を企業に斡旋した際に、

企業の採用担当者

この前紹介してくれた○○さん。すっごく頑張ってくれてるよ。また採用をするときは宜しくね!

と、企業に合った求職者を紹介すると、次に繋がっていきます。

しかし、これには逆のパターンもあり得ます。

企業の採用担当者

2ヶ月前に紹介してくれた○○さん。もう辞めるって。返金だけ宜しく

こうなってしまうと、転職エージェントは

  1. 返金発生の為、利益を減らす
  2. 企業からの信頼を無くし、今後も人材の紹介ができない
  3. 企業間で転職エージェントの悪い噂が広まる

などの直接的な利益だけでなく、間接的な利益も減らしていきます。

転職した方からの不満

転職エージェントを利用した方の中には、

という経験をしてしまう場合があります。

上記のツイートは具体的な転職エージェント名を出していませんが、具体的な転職エージェント名が出ていた場合は、間接的な利益を減らすことになります。

悪い評判が多い転職エージェントは、誰も使いたくないですよね。

現代ではSNSが多くあり、個人の発信がしやすい時代です。

SNS一覧

転職エージェントは間接的な利益を減らさない為にも、求職者全員にしっかりした転職サポートをする必要があります。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 20代転職の窓口(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県で働きたい20代限定。最短1週間で内定を貰いたい方はぜひ。(無料)

転職エージェントの報酬・利益に関するよくある質問

転職エージェントへの報酬発生はどのタイミング?

転職エージェントへの報酬発生のタイミングは、求職者が転職エージェントを介して転職に成功したタイミングです。それ以外のタイミングで報酬が発生することは基本的にありません。

転職エージェントの成功報酬(紹介手数料)を比較したい

転職エージェントの成功報酬(紹介手数料)の比較は、実際に転職エージェントのコンタクトを取る必要があります。なぜなら、成功報酬(紹介手数料)の価格は企業ごとや転職エージェントの規約改定などで変動がある為です。

転職エージェントの成功報酬(紹介手数料)の相場は?

転職エージェントの成功報酬(紹介手数料)の相場は、理論年収の10%〜30%ほどです。

転職エージェントが報酬・利益を得る仕組み【理論年収とは】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 転職エージェントが報酬・利益を得る仕組み
  • 転職エージェントの利益が減る3つの仕組み

最後まで読んでいただきありがとうございました。

転職エージェントの報酬を支払うのは企業です。

求職者側は料金を支払うことは基本的にありません。

【関連記事】

>> 転職エージェントの放置は良くない?【利用したいのに連絡が来ない原因】

>> 転職エージェントに見捨てられる原因って何?【実際に働いた経験談】

>> 転職エージェントがうざい・ムカつく理由【イライラ対策も解説】

>> 転職エージェントで必要な持ち物は?服装はスーツ?【利用時のコツも解説】

目次