合わない会社をさっさと辞めるとどうなる?【実体験を解説】

PR
本ページは広告やプロモーションが含まれてます
合わない会社をさっさと辞めるとどうなる?【実体験を解説】

”合わない会社はさっさと辞めるべきかな…?”

”合わない会社をさっさと辞める方法が知りたい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

人それぞれ合う会社と合わない会社が存在します。

私の場合、合わない会社はさっさと辞めました。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • 合わない会社はさっさと辞めるべき?【実体験】
  • 合わない会社をさっさと辞める理由
  • 合わない会社をさっさと辞めた人の実際の声
  • 合わない会社をさっさと辞める方法

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

合わない会社はさっさと辞めるべき?【実体験】

合わない会社はさっさと辞めるべき?【実体験】

結論として、合わない会社をさっさと辞めるべきかに明確な答えはありません。

合わないからという理由でさっさと辞めるのも正解ですし、耐え続けて仕事を続けるのも正解です。

しかし、私は合わない会社をさっさと辞めました。

以下が私の経歴です。

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

特に合わない会社だったのは【新卒で入社した会社を3ヶ月で退職】した会社です。

体験談としては、嫌な仕事や合わない仕事はさっさと辞めることをおすすめします。

嫌な仕事や合わない仕事をさっさと辞めるとどうなる?

嫌な仕事や合わない仕事を辞めると、以下のようなメリットとデメリットが発生します。

合わない仕事をさっさと辞めるメリット合わない仕事をさっさと辞めるデメリット
ストレスが減って精神的に楽になる
自分に合う仕事を本気で探せる
次の会社で新しいスキル・経験を身につけられる
短期離職の経歴が一生付きまとう
転職の難易度が上がる

これらは私が実際に感じたメリットとデメリットです。

合わない仕事をさっさと辞めるか否かに100点の答えは存在しません。

ですが、合わない仕事をさっさと辞めても転職はできます。

早期退職の経歴があると転職は無理って聞いたことがあるけど…?

転職の難易度は上がりますが、無理ではありません。

合わない仕事をさっさと辞めても普通に転職は可能です。

どういった行動をするかはあなたの自由です。

合わない会社をさっさと辞める理由

合わない会社をさっさと辞める理由

合わない会社をさっさと辞める理由は以下などがあります。

  1. 会社の仕事内容が合わない
  2. 給料が見合わない
  3. キャリアアップが見込めない会社
  4. 会社の人間関係が合わない

順に解説します。

会社の仕事内容が合わない

仕事内容が合わない会社はさっさと辞めたくなりますよね。

以下はマイナビが全国の20代の男女554名を対象にしたアンケート結果です。

20代の転職理由アンケート
https://news.mynavi.jp/article/20201126-1530282/

仕事が合わないという理由が3位という結果になっています。

仕事は実際にやってみないと分からない部分が多いです。

その為、入社後に”仕事内容が合わない…”と思うのは不自然ではありません。

給料が見合わない

会社によっては給料がまったく見合っていない場合があります。

例えば、営業職のノルマを大幅に達成したのにも関わらず、営業手当が1万円プラス程度だと努力と成果がまったく見合っていません。

このような会社はさっさと辞めたくもなります。

あなたのスキルや経験は別の会社であれば、1.5倍〜2倍の給料がもらえるかもしれません。

さらに、

この会社の給料は全然見合ってないなぁ…。

と思いながら働き続けるのは苦痛ですし、時間と労力を無駄にしている可能性もあります。

キャリアアップが見込めない会社

人によっては、

  • 『バリバリ働いて上の役職を目指したい!』
  • 『成果を出してもっと色んな経験がしたい!』
  • 『いずれはこの会社の社長になりたい!』

などキャリアに対して上昇志向があるかもしれません。

ですが、会社によっては

  • 年功序列が当たり前
  • 任される仕事が毎年同じ
  • 昔のやり方をずっと続けている

というケースもあります。

こうなると、キャリアアップを目指している方にとってはまったく合わない会社です。

あなたにまったく合わない会社であれば、さっさと辞めるのが1番良い選択かもしれません。

会社の人間関係が合わない

会社の人間関係が合わないのは、会社をさっさと辞める原因になります。

というのも、会社の人間関係が合わない会社で働き続けるのは苦痛すぎます。

会社の人間関係が合わない原因が、相手にあるかあなたにあるかは分かりません。

ですが、人間関係が楽な会社というのは存在します。

その会社をどうやって見つけるかは、正直運要素が強いですし、明確な方法はありません。

しかし、会社の人間関係が合わないのなら、その運に掛けてみるのも一つの選択肢です。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • アデコ(転職エージェント)
    【公式】

    30代以上も使える転職エージェント。転職活動全般のサポートをしてもらえます(無料)

合わない会社をさっさと辞めた人の実際の声

合わない会社をさっさと辞めた人の実際の声

合わない会社をさっさと辞めた方は結構います。

  1. 自分に合わない会社はさっさと辞めた
  2. ゲーム会社入ったけど合わなくてさっさと辞めた
  3. 合わないと思った会社はさっさと辞めるに限る
  4. 職場で意地悪されてさっさと辞めた

以下からTwitterからの出典で紹介します。

自分に合わない会社はさっさと辞めた

自分に合わない会社はさっさと辞めるべきという声です。

この方は実際に辞めたそうですが、その選択も間違っていません。

ゲーム会社入ったけど合わなくてさっさと辞めた

自分のやりたい仕事が出来たとしても、理想と現実は異なります。

”憧れたけど実際は違ったなぁ…”と思った場合は、その会社をさっさと辞めるほうが健全かもしれません。

合わないと思った会社はさっさと辞めるに限る

現在の日本には300万社以上の企業があると言われています。

合わない仕事を続けるより、もっとあなたに合う会社を探したほうが最適かもしれません。

職場で意地悪されてさっさと辞めた

会社内で意地悪やパワハラがあるのなら、さっさと辞めるに限ります。

そんな会社で働き続けるのはデメリットが多すぎます。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • アデコ(転職エージェント)
    【公式】

    30代以上も利用可能。オンラインで完結するので利用が手軽に使えます。(無料)

合わない会社をさっさと辞める方法

合わない会社をさっさと辞める方法

合わない会社をさっさと辞める方法は4つあります。

  1. 1日でも早く退職の意思を伝える
  2. 会社をさっさと辞めるための伝え方のコツ
  3. 転職先を効率的に見つけてさっさと辞める
  4. 退職代行でさっさと辞める

こちらも順に解説します。

1日でも早く退職の意思を伝える

合わない会社をさっさと辞めるのであれば、1日でも早く退職の意思を伝えるべきです。

辞めたい感じを雰囲気で察してくれないかな?

確かに、あなたの会社を辞めたそうな雰囲気に上司は気付くかもしれません。

ですが、その雰囲気に気付いた上司が「〇〇さん、この会社辞めたいの?」と聞いてくることは、基本的にありません。

辞めたそうな雰囲気が漂っている部下に対して上司がすることは、

  1. 前に部下が興味を持っていた仕事を任せてみる
  2. 「なんか最近嫌なことでもあった?」と聞いてくる
  3. 部下を気にしながらも放置

くらいです。

その為、あなたが「辞めたいです!」と明確な意思を伝えなければ、辞めることができません。

合わない仕事をさっさと辞めたいのであれば、1日でも早く退職の意思を伝えましょう。

会社をさっさと辞めるための伝え方のコツ

先ほど紹介した『1日でも早く退職を伝える』の続きです。

会社をさっさと辞めるには退職の伝え方が重要です。

退職の意思を伝えるためには『なぜこの会社を辞めたいのか』という理由を話す必要があります。

その理由を伝える上で、1番のおすすめは

「他にやりたいことがある」

という理由です。

この理由なら合わない会社をさっさと辞めることができます。

他の退職理由としては、

  • 「業務内容が合わない」
  • 「働いてみたら想像と違った」
  • 「直属の上司が合わない」

などがありますが、これらの理由だと代替案を提案され、退職の引き止めが長引く可能性があります。

合わない会社をさっさと辞めたいのあれば「他にやりたいことがある」と伝えるのがおすすめです。

退職の引き止めに関しては以下の記事でも解説しているので、興味のある方はぜひ。

>> 退職の引き止めで揺らぐ気持ち【残ったことを後悔した人の声】

転職先を効率的に見つけてさっさと辞める

合わない会社をさっさと辞めたくても、転職先が決まらないと辞めにくいですよね。

であれば、転職先を効率的に見つけてさっさと今の会社を辞めましょう。

転職先の見つけ方は以下のような方法があります。

転職先の見つけ方

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • SNS
  • 知人からの紹介

どの方法も無料で出来る方法です。

もしも、無料で使える手軽な転職サイトを探している方は、以下の記事が参考になります。

>> 未経験におすすめの転職サイト9選【エージェント情報は除外】

退職代行で即日で辞める

退職を切り出すのはかなりの勇気が必要です。

「辞めさせてください」と伝えるのがどうしても出来ないという状況もあります。

できることなら、退職の意思を伝えることから退職に必要なすべての流れを任せたいですよね。

どうしても退職を切り出すことが出来ず、心や体を壊してしまっては元も子もありません。

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しています。

法適合の労働組合となるには労働委員会から一定の基準が認められ、審査を通過する必要があります。

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

>> 退職代行ガーディアンの評判・特徴はこちら

即日で退職が出来るので、退職を切り出すのがどうしても難しい方は退職代行を利用しましょう。

合わない会社をさっさと辞めるとどうなる?【実体験を解説】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 合わない会社はさっさと辞めるべき?【実体験】
  • 合わない会社をさっさと辞める理由
  • 合わない会社をさっさと辞めた人の実際の声
  • 合わない会社をさっさと辞める方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。

合わない仕事をさっさと辞めるか否かはあなたの自由です。

しかし、精神的にも限界なら退職を強くおすすめします。

世の中に会社は無数にあるので、その会社1つに固執する必要はありません。

【関連記事】

>> 仕事の辞めどきがわかる10のサイン【やめなさいの合図?】

>> 合わない仕事を続けた結果のデメリット【すぐ辞めるべき?】

>> 職場の雰囲気が合わない場合は転職すべき?【残る選択肢】

目次