転職しない方が良かった…の後悔をなるべく少なくする方法

転職しない方が良かった…の後悔をなるべく少なくする方法

”転職しない方が良かった…と後悔したくない!”

”転職しない方が良かった…と思わないためにはどうすればいい?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

転職後に後悔して前にいた会社に出戻りという選択肢もありますが、出来ればしたくないですよね。

こんな職場だと思わなかった…と後悔しない為には転職前に対策をしましょう。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • 転職しない方が良かった…の後悔をなるべく少なくする行動
  • 転職しない方が良かったの後悔をなるべく少なくする考え方

転職後の後悔を少なくする具体的な方法を解説します。

転職後の後悔を少なくするためには求人を1つでも多く探す必要あります。

以下の記事では手軽に使える転職サイトのみを紹介しているので、興味のある方は覗いてみてください。

>> 未経験におすすめの転職サイト9選【エージェント情報は除外】

目次

転職しない方が良かったの後悔をなるべく少なくする方法

転職しない方が良かった【考え方】

転職が成功したのにも関わらず、”転職しなければよかった…”と思ってしまうのは誰しもが避けたいはずです。

しかし、転職後【絶対に】後悔しない方法はありません。

本記事で紹介するのは、転職しない方が良かったという後悔をなるべく小さくすること・後悔をする可能性を少なくする方法です。

本記事では、

  1. 【考え方】
  2. 【行動】

の大きく2つに分けて転職後の後悔を少なくする方法を解説します。

では、【考え方】から解説していきます。

【考え方①】今の職場の良い部分を徹底的に洗い出す

転職をする方には大きく分けて3通りあります。

転職する理由

  • 今の職場に不満があるから転職をする
  • 他にやりたい仕事があるから転職をする
  • 家庭の事情でどうしても転職しなければいけない

上記の中で”今の仕事に不満があるから転職をする”という方。

このような方は、今の職場の嫌な部分しか見えていない可能性があります。

転職後に”転職しなきゃよかった…”と後悔しない為に、今の職場の良い部分を考えてみることをおすすめします。

意外と良い部分があることに気づく

職場の良い部分というのは、時間の経過と共に慣れてきます。

そしてその良い部分は当たり前に変わっていきます。

職場の良い部分が当たり前になる

  • 手取り25万貰えるのは当たり前
  • 定時に退社出来るのは当たり前
  • 転勤が無いのは当たり前
  • 研修費用が会社負担なのは当たり前

このように職場の良い部分が当たり前に感じてしまいます。

次の職場に転職すると感じますが、今の職場の良い部分は当たり前ではありません。

次の職場では、

  • 手取りが大幅に減った…
  • 定時に帰れる日がほぼ無い…
  • 転勤がしょっちゅうある…
  • 研修費用が自己負担…

という可能性は十分にあります。

こうなると”転職しなければよかった…”という後悔が発生します。

まずは今の職場の良い部分を考えてみましょう。

良い部分と嫌な部分を比較して後悔を少なくする

意外と良い部分を知ることが出来たら、嫌な部分と比較してみてください。

職場の良い部分(例)職場の嫌な部分(例)
有給が取得出来る
個人の意見を尊重してくれる
私服勤務OK
残業が多い
上司のレスポンスが遅い
朝礼が無駄に長い

上記は例えですが、このように良い部分と嫌な部分を比べると、現在の職場の良し悪しを冷静に判断することが出来ます。

そして、冷静な判断は転職後の後悔を少なくしてくれます。

さらに、

転職しなくても良いかもなぁ。

と転職をすること自体を考え直すきっかけにもなる可能性があります。

【考え方②】次の職場でやりたくない仕事を明確にする

転職をする時にはやりたい仕事を明確にするのが重要と言われます。

確かにこれは重要です。

やりたいことを仕事に出来れば仕事に対するモチベーションも高いです。

さらに、万が一辞めたい状況に陥っても忍耐強く続けることが出来ます。

ですが、”やりたい仕事が見つかっていないけど転職したい!”という方もいますよね。

やりたくない仕事や業務を明確にする

やりたい仕事が見つかっていない方は、やりたくない仕事や業務はあるはずです。

やりたくない仕事・業務

  • レジはやりたくない
  • 電話営業はやりたくない
  • 飲食業はやりたくない

人によってやりたくない仕事や業務は違うので、良し悪しというものもありません。

ですが、転職活動を始めるとやりたくなかった仕事に応募してしまうことがあります。

その主な原因は、内定がなかなか貰えないという状況です。

内定が貰えない状況が続くと、

やりたくない仕事だけど、出来るかもしれない!

という謎な思考になることがあります。

これは『焦り』から来る思考ですが、この思考のまま転職に成功しても後悔する可能性が高いです。

なぜなら、本来はやりたくない仕事だからです。

”転職しない方が良かった…”とならない為にも、本来はやりたくない仕事や業務への転職は辞めましょう。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 20代転職の窓口(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県で働きたい20代限定。最短1週間で内定を貰いたい方はぜひ。(無料)

転職しなければよかったの後悔を少なくする具体的な行動

転職しない方が良かった【行動】

先ほどまでは【考え方】を主に解説しました。

次からは、転職しなければよかったの後悔を少なくする【具体的な行動】を解説していきます。

  1. 貯金を貯めてから転職活動を行う
  2. 業種や職種が衰退していないか調べる
  3. こんな求人あったんだ…を無くす

では、順に解説していきます。

【行動①】貯金を貯めてから転職活動を行う

働きながら転職活動を行なう方は、必要の無い情報なのでここは飛ばして構いません。

この項目は、今の職場を退職してから転職活動を始める方向けです。

転職活動は最低でも半年ほど掛かると考えておいたほうが無難です。

さらに今の職場を退職しているので、収入が0になる方が多いはずです。

極端な例ですが、収入0・貯金0では食べていけませんし、一日でも早く内定を貰うために焦ります。

その結果、転職をしたことを後悔することになる可能性が高いです。

転職活動は自身の予想よりも時間が掛かります。

転職後の後悔を少なくする為にも、焦りに繋がる金銭面の不安は排除しておくことをおすすめします。

下記は実体験なので、興味のある方はぜひ。

>> 仕事を辞めてから転職活動をした実体験【リアルなメリット・デメリット】

【行動②】業種や職種が衰退していないかを調べる

あれ、この業種って衰退してない??

正直、転職後に感じてしまっては遅いです。(私自身も経験があります)

ネットで検索をしたり、口コミを見たりなどしてしっかりと事前準備を行なうべきです。

衰退した業種に転職が成功しても、また転職することになる可能性が高いです。

そうなると”転職しない方が良かった…”と後悔することはほぼ間違いありません。

転職後の後悔を少なくする為に事前にその業種や職種についてリサーチをしましょう。

【行動③】こんな求人あったんだ…を無くす

求人数は世の中に数え切れないほどあります。

多くの求人を探していれば、

”あ…こんないい求人があったんだ…”

という後悔をしなくて済みます。(かなりメンタルが傷つきます)

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 20代転職の窓口(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県で働きたい20代限定。未経験可の求人が多いです。(無料)

>> 【転職回数3回】おすすめの転職サイト・エージェント【早期退職の経験があっても正社員になれる】

”この求人に転職しとけばよかったぁ…”といった後悔はかなりもったいないです。

転職しない方が良かった…の後悔をなるべく少なくする方法:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 転職しない方が良かった…の後悔をなるべく少なくする行動
  • 転職しない方が良かったの後悔をなるべく少なくする考え方

最後まで読んでいただきありがとうございます。

転職後の後悔が完全に無くすことはできませんが、転職後の後悔を少しでも減らすことは可能です。

「やりきってから転職すれば?」や「転職するの早すぎない?」と言ってくる方が周りにいるかもしれません。

しかし、他人に色々言われても、結局働くのはあなた自身です。

他人に振り回されず、転職するかどうかは自分の意思で判断しましょう。

(”どうしても前の職場に出戻りしたい!”という方は下記記事を参考に。)

>> 実際、仕事を出戻り転職した場合どうなるのか【企業側の意見も紹介】

>> 転職に躊躇してしまった結果とは…【20代と30代は挑戦すべき】

>> 仕事が長く続かないのはクズで甘え?【実際の声を紹介】

>> 転職は裏切り者扱いされて当然?【同業・競合他社は違法?】

>> 【転職失敗は人生終わり?】実際の経験やネットなどの声を紹介

目次