転職

仕事を辞めてから転職活動をした実体験【リアルなメリット・デメリット】

仕事を辞めてから転職活動をした実体験【リアルなメリット・デメリット】

"今の仕事を辞めてから転職活動しようかな?"

”仕事を辞めてから転職活動した実体験が知りたい!”


本記事ではこれらの声にお答えします。

 

転職活動の方法は無数にあります。

どの方法を選択するにしても、メリットとデメリットは付き物です。

私自身、働きながら転職活動をするか、仕事を辞めてから転職活動をするかでかなり悩みました。

 

本記事で解説すること

  • 【実体験】辞めてから転職活動をしたデメリット
  • 【実体験】辞めてから転職活動をしたメリット

これらを実体験を元に解説していきます。

 

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

仕事を辞めてから転職活動せざるを得ない職場でした。

 

 

スポンサードサーチ

【実体験】辞めてから転職活動をしたデメリット

落ち込むサラリーマン

仕事を辞めてから転職をしたデメリットは以下です。

  1. 金銭的な不安
  2. 無職という負い目
  3. 空白期間も答えることになる

 

実体験として感じたデメリットです。

順に解説していきます。

 

金銭的な不安

 

仕事を辞めてから転職活動をすると、金銭的な不安が徐々に襲ってきます。

 

  • アルバイトをしない
  • 在職中に副業をやっていなかった
  • クラウドなどでも仕事をしない

となると、当然ですが収入は0円です。

 

自己都合退職では、失業保険まで3カ月待たなくてはいけません。

3ヶ月待ち、失業保険が貰えるようになっても給付期間が90日だったりします。

給付期間が終われば、また収入は0です。

 

金銭的な不安が襲ってくると、転職活動に焦りが生まれます。

 

貯金がある程度あるし余裕っしょ!

という方。

 

  • 国民年金
  • 国民健康保険料
  • 住民税
  • 所得税

の支払いがあることを忘れないでください。

無職期間でも国民年金・国民健康保険料・住民税・所得税の支払いは発生します。(所得税は前年の所得に対する税金です)

 

私はこれらの支払いが念頭になかったので、かなり焦りました。

 

 

無職という負い目

 

仕事を辞めてから転職活動をすると、無職期間が発生します。

最終出勤日が終わり、有給消化も終わると無職です。

 

有給消化中や無職期間が始まった当初は、とても清々しい気持ちになります。

 

清々しい気持ち

  • 満員電車に乗らなくていい
  • 嫌いな上司に会わなくていい
  • つまらなかった仕事をやらなくていい

など、様々な不満を抱えていた仕事から開放されます。

 

しかし、その気持ちも数ヶ月経つと変化していきます。

 

”このまま無職ってやばい…?”

”友達は一生懸命働いてるのに私はなにしてるの…?”

など、要するに無職という状況に負い目を感じてきます。

 

仕事を辞めてから無職期間に得た時間的自由は、本当の自由では無いことに気づきます。

 

 

空白期間も答えることになる

 

こちらは面接についてです。

 

面接官から「今はなにをしてるんですか?」と質問された場合。

仕事を続けながら転職活動をしている方は、現職で働いていることを伝えることが出来ます。(働いている方はそもそも聞かれません)

 

しかし、仕事を辞めてから転職活動をする方は無職なので、このように答えられません。

 

無職期間、いわゆる空白期間が長くなるごとに、面接で聞かれる頻度は多くなります。

 

私の場合、仕事を辞めてから転職活動をしていましたが、アルバイトなどはしていませんでした。

”転職活動をするために仕事を辞めたのに、アルバイトに時間を持っていかれるのは本末転倒だ”という考えでした。

しかし、1日の中で毎日9時間や10時間を転職活動に費やすことは出来ませんでした。

せいぜい、1日の中での転職活動は2時間〜3時間程度です。

 

面接官も毎日転職活動をするにも限界があることを知っているはずです。

なので、「今なにをしてるんですか?」という面接官の質問に対して、

 

転職活動をしてます!

という答えは嘘ですし、面接官にバレます。

 

しかし、私はこの質問にある対策をして内定を貰い、転職を乗り切りました。

その対策の実体験を知りたい方は下記を参考にしてください。

参考記事:中途採用面接での空白期間の答え方【ブランクがある方の対策】

 

仕事を辞めてから転職活動をすると、ある程度の対策が必要になってきます。

 

 

【実体験】辞めてから転職活動をしたメリット

喜ぶ女性

仕事を辞めてから転職活動をするメリットは以下です。

  1. 無職という経験ができる
  2. 面接などの日程が組みやすい
  3. 多くの求人を探すことができる
  4. 冷静に仕事を探すことができる

こちらも実体験から感じたメリットです。

 

順に解説します。

 

無職という経験ができる

 

先ほど無職は負い目を感じると解説しましたが、無職という経験自体は貴重です。

 

無職という経験から

  • 働かない時間の使い方
  • 無職=幸せというわけではない
  • 時間的余裕があり過ぎるとどうなるか

など、仕事を辞めて無職になると多くのことを知るきっかけになります。

 

”働きたくない…無職が羨ましい…”

と思っていた方も実際に無職を経験すると、”無職は私には向いてない”などを知るきっかけにもなります。

 

 

面接などの日程が組みやすい

 

これは色々なサイトでも言われているメリットですが、間違いありません。

仕事を辞めてから転職をすると、面接などの日程が組みやすくなります。

 

仕事をしながらだと、企業との面接日程を組むことが難しいです。

さらに、面接日程を組むことが出来て、いざ面接を行なっても合否がすぐに出ない企業もあります。

面接日程を早く組むことが出来れば、その分合否が出るのも早くなります。

 

つまり、転職活動がスムーズに進むということです。

 

”忙しくて面接の日程が組めない!”という方は、仕事を辞めるという選択肢を取ることも考えましょう。

 

 

多くの求人を探すことができる

 

仕事を辞めてから転職活動をすると、多くの求人を探すことが出来ます。

多くの求人を探すことができると、その分選択肢も広がるのが大きなメリットです。

 

反対に働きながらの転職活動の場合には、求人を探す時間が限られます。

 

さらに、応募しようとした企業が書類選考の段階で、

・履歴書
・職務経歴書
・企業独自の課題

などがある場合、これらを作成する時間がありません。

その結果、応募したい求人を諦めるということもあります。

 

 

冷静に仕事を探すことができる

 

先ほど、”金銭面の不安が焦りを生む”というデメリットを解説しました。

しかし、仕事を辞めてから転職活動をすることで冷静に仕事を探すことも出来ます。

 

これは”今すぐにこの仕事を辞めたい!”という方のメリットです。

 

”ここで事故ったら仕事を休めるよなぁ…”

”病気とか怪我をすれば会社に行かなくて済むのに…”

と考えるほどに仕事に対してストレスを抱えている方は、仕事を辞めてから転職活動をするべきです。

 

今の仕事を辞めて、メンタルを回復させることが最優先です。

金銭面の心配が無い環境(実家住みなど)なら、少しの期間体を休めるのも有りです。

 

仕事を辞めることで金銭的な不安などがあるかもしれません。

 

しかし、今の仕事を辞めてからのほうが冷静に仕事を探すことが出来ます。

退職した後のほうがメンタルも安定しているので、間違った転職先を選ばずに済みます。

 

 

仕事を辞めてから転職活動をした実体験:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 【実体験】辞めてから転職活動をしたデメリット
  • 【実体験】辞めてから転職活動をしたメリット

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

転職では無数の選択肢があるにも関わらず、明確な答えがありません。

無数の選択肢の中から選んでみた結果、それが正解なのかどうかは誰にも分かりません。

どの行動を選択するかは自分次第です。

 

【関連記事】

20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

続きを見る

【仕事が選べない原因】5つの方法でやりたい事を見つける
【仕事が選べない原因】5つの簡単な方法でやりたい事を見つける

続きを見る

転職活動が辛いと感じる原因
転職活動が辛いと感じる原因【実際に試した3つの解消法】

続きを見る

転職回数をごまかすことが出来るのは一部【100%バレない嘘】
転職回数をごまかす事が出来るのは一部の人のみ【100%バレない嘘です】

続きを見る

-転職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5