人間関係が悪い職場の5つの特徴【働き続けるべきかの判断】

人間関係が悪い職場の特徴【働き続けるべきか否か】

”人間関係が悪い職場で働き続けようか迷う…”

”人間関係が悪い職場の特徴ってなに?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

人間関係が悪い職場で働くのはかなりのストレスです。

そんな職場で働き続けようかと迷っている方は、働き続けるメリットがあるかどうかをしっかりと考えるべきです。

人間関係の良い職場のほうが働きやすいのは間違いありません。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • 人間関係が悪い職場の特徴
  • 人間関係が悪い職場に残るべきか否か

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

人間関係が悪い職場の特徴

人間関係が悪い職場の特徴

人間関係が悪い職場にはいくつかの特徴があります。

以下から紹介するいづれかに当てはまっている場合は、人間関係が悪い職場と言えるかもしれません。

  1. 悪口や陰口が横行している
  2. 他人の仕事を助けない
  3. 職場の上司がワンマン体質
  4. 職場内で情報共有が出来ていない
  5. 企業の業績が悪い

では、順に紹介します。

悪口や陰口が横行している

仕事をしていれば、時には不平不満を言いたくなる時は誰にだってあります。

ですが、その不平不満が悪口となり、陰口が横行している職場は人間関係が悪い傾向にあります。

こういった場合、職場内でいくつかの派閥に分かれていることもあるので、かなり面倒な職場です。

>> 職場で悪口が聞こえるのは異常!2つの対策を解説

他人の仕事を助けない

例えば、部下が明らかに困っているのにも関わらず助けようしない上司。

こういった他人の仕事を助けない職場は人間関係が悪い職場の特徴です。

部下は”この時に上司は助けてくれなかった”と心の中で思い、上司に直接言うことはないかもしれません。

上司は助けなかったことを謝らず、部下は悶々とした気持ちを抱えることになると、職場の人間関係はどんどん悪くなっていきます。

職場の上司がワンマン体質

職場の上司がワンマン体質の場合も人間関係が悪い職場の特徴と言えます。

職歴が長い人の一声で業務が決定する、部長やリーダーなどの一存ですべて決定するといった職場が代表例です。

部下や自分達より地位が低い人間の意見を一切聞かないので、人間関係が良い訳がありません。

さらに、こういった職場の上司がワンマン体質だと上司の言動が暴力や暴言に発展する可能性もあります。

>> 上司のパワハラの例と対策【耐え続けるかの判断】

職場内で情報共有が出来ていない

人間関係の悪い職場は情報共有が出来ていないという特徴があります。

人間関係が悪いと職場の人との会話は極力控えるようになる為、その結果必要な情報も共有されなくなります。

なんでちゃんと相談してくれなかったの!!

と上司から言われた部下は”あなたとの人間関係が悪いから…”と答える訳にもいきません。

その結果、職場の人間関係はさらに悪くなっていきます。

>> 職場の人間関係で孤立する原因【コミュ力を上げる2つの方法】

企業の業績が悪い

例えば、企業の業績が悪くなると、社長や役員など上の立場の人間は余裕が無くなっていきます。

そして、そのしわ寄せはまず現場のリーダーなどに来ます。

「なんでこんな数字しか出せないんだ!!」と役員に怒鳴られたリーダーは、現場のスタッフの指示に動きます。

しかし、役員に怒鳴られたリーダーは現場スタッフに指示をするのではなく、「怒鳴られたのはお前せいだ!」などとキレる。

…というのは最悪な例ですがこういったことが起こりかねません。

”人間関係が悪い職場の特徴は企業の業績が悪いこと!”と断言することは出来ませんが、その可能性は0ではありません。

おすすめの退職代行

  • 退職代行ガーディアン
    【公式】

    法適合の労働組合が運営しているので安心です。即日退職も可能。
  • 退職代行ニコイチ
    【公式】

    対応地域は全国で、LINEや電話で完結出来ます。退職代行実績はトップクラス。
  • 辞めるんです。
    【公式】

    弁護士が監修していますが料金が安く、後払いも可能です。

人間関係が悪い職場に残るべきか否か

人間関係が悪い職場に残るべきか否か

人間関係が悪い職場でも働き続けようか迷っている方は、メリットのほうが大きいかどうかを比較するべきです。

働き続けるメリット

  • 年収が高い
  • 定時で帰ることが出来る
  • 業務自体には慣れた

など、働き続けるメリットを考えてみてメリットのほうが大きければ、人間関係が悪い職場でも残るべきです。

反対にメリットが少ない場合は別の選択肢を考えましょう。

人間関係が悪いことを外部に相談する

社内に相談窓口があっても、人間関係が悪い職場ではすぐに噂が広がる可能性があります。

その場合、人間関係が悪い職場の状況を外部に相談する手があります。

上記のような窓口に相談することで解決策が浮かぶかもしれません。

転職を検討してみる

人間関係が悪い職場にいるメリットが少ない方は転職を検討しましょう。

国内には300万社以上の企業があるので、無理にその企業で働き続ける必要はありません。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 20代転職の窓口(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県で働きたい20代限定。未経験可の求人が多いです。(無料)

人間関係の良い職場はどこかに必ずあります。

人間関係が悪いから退職を切り出せない

退職を切り出すのはかなりの勇気が必要です。

人間関係が悪い職場で「辞めさせてください」と伝えるのは難しい場合もあります。

できることなら、退職の意思を伝えることから退職に必要なすべての流れを任せたいですよね。

どうしても退職を切り出すことが出来ず、心や体を壊してしまっては元も子もありません。

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しています。

法適合の労働組合となるには労働委員会から一定の基準が認められ、審査を通過する必要があります。

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

>> 退職代行ガーディアンの評判・特徴はこちら

即日で退職が出来るので、退職を切り出すのがどうしても難しい方は退職代行を利用しましょう。

人間関係が悪い職場の5つの特徴【働き続けるべきかの判断】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 人間関係が悪い職場の特徴
  • 人間関係が悪い職場に残るべきか否か

最後まで読んでいただきありがとうございます。

人間関係が悪い職場で働き続けるのはかなり辛いです。

メリットやデメリットを考えて必要であれば別の選択肢を考えるべきです。

次の記事では退職したい方・転職したい方それぞれにおすすめの記事です。

人間関係が悪い職場はなかなか辞めさせてもらえないといった場合もあるので、ぜひ参考にしてください。

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

>> おすすめの転職サイト・エージェント【早期退職の経験があっても正社員になれる】

【関連記事】

>> 職場のコミュニケーションが本当に苦手な方が克服する為に必要なこと

>> 短期離職ってどのくらいの期間?【もう転職出来ないし人生の終わり?】

>> ついていけない上司の特徴と対策【今後を判断するタイミング】

>> 仕事を辞めたいという相談は誰にすべき?【上司以外の選択】

>> 【涙が止まらない】仕事のストレスがやばい・限界なときの対策

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【転職を繰り返していても大丈夫】

>> 30代におすすめ転職サイト・エージェント【内定を貰うには試行錯誤が必要】

目次