転職 退職

【3日で退職】最短で会社を辞めるために重要な2つのこと

”会社を最短で退職したい!”

”会社を最短で退職するための方法ってなに?”


本記事では、これらの声に答えていきます。

 

会社を最短で辞める方法はいくつかあります。

しかし、本記事では有給消化を使う・欠勤をする・退職代行を使うといった方法は紹介しません。

それ以外の最短で退職するための方法を実体験から紹介します。

 

本記事で解説すること

  • 会社を最短で退職出来るのは2週間?
  • 最短で退職するのは難しい
  • 会社を3日で退職した実体験

本記事ではこれらを解説していきます。

 

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私自身退職した経験が数回あります。

最短で退職する為には、退職代行という選択肢があるのは確かですが、使いづらいのが現実です。

 

 

スポンサードサーチ

会社を最短で退職出来るのは2週間?

退職の最短は2週間?

 

会社を最短で退職出来るのは2週間と言われていたりします。

 

というのも民法上の定めからそのようなことが言われています。

 

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

出典:民法第627条1項 | e-gov

 

要するに、”退職する場合は、2週間前までには退職の意思を伝えてくださいね”ということです。

 

 

就業規則よりも民法のほうが優先される

 

就業規則には頻繁に【1ヶ月以上前には退職届を提出しなければならない】などといった規則がある場合があります。

しかし、就業規則よりも民法のほうが優先されます。

 

就業規則は会社独自のルールなので、当然民法のほうが上です。

しかし、現実的には「会社のルールだから」と言われたら引き下がってしまいますよね…。

 

 

最短で退職するのは難しいのが現実

落ち込むサラリーマン

 

退職した経験がある方や”今すぐにでも退職したい!”という方はわかると思いますが、2週間で退職をすることは難しいですよね。

 

正直、”民法が2週間と定めているから2週間で退職しても大丈夫!”と言われても全然大丈夫ではありません。

実際は、2週間で退職出来ることなんて稀です。

 

多くの場合、退職が1ヶ月後や2ヶ月後になってしまうのが現実です。

しかし、少しでも最短で退職したいのであれば以下のようなことが重要です。

  1. 引き止められても強い意思を持つ
  2. 「もう働けない」としっかり伝える

 

順に解説します。

 

 

引き止められても強い意思を持つ

 

退職の意思を伝えると以下のようなことを言われることがあります。

 

会社からの引き止め

  • 「もう少し長く居て欲しい」
  • 「部署を変えるから居てくれない?」
  • 「3ヶ月後じゃダメかな?」

などの引き止めがある可能性があります。

しかし、引き止められても強い意思を持って、最短で退職したいことを伝えましょう。

 

正直、引き止められると気持ちが揺れる場合があります。

退職の意思を伝える前は「もう無理…。2週間後には辞めたい…。」となっていたのにも関わらず、引き止めにあった結果、

「3ヶ月くらいは頑張れるかも」となる場合があります。

 

 

最初の気持ちを貫いたほうが後々楽

 

これは個人的な意見ですが、上司などから引き止めにあっても最初の気持ちを貫いたほうが後々楽だと思います。

 

引き止めにあった当日や1週間はモチベーションも上がっていて、働く気力もあります。

しかし、数週間後にはメンタルの限界が来る可能性があります。

しかも一度退職を申し入れて【3ヶ月後に退職】と決定してしまうと、それを覆すのはかなり面倒です。

 

部署を変えて続けられそうなら退職を取り下げても良いと思いますし、もう少し長く続けられるのであれば退職を急ぐ必要はありません。

自由に選んで良いと思います。

 

しかし、会社から引き止められると安易に退職期間を延ばしてしまい、後々苦しくなる可能性があります。

退職の意思を伝えるときは、強い意思を持つことをおすすめします。

 

 

「もう働けない」としっかり伝える

 

最短で退職する為には「もう働けない」としっかり伝えることが重要です。

 

退職の意思を伝えるときには必ず退職理由も伝えます。

 

退職理由

  • 「やりたいことがあるので退職したい」
  • 「別の会社から内定を頂いているので退職したい」
  • 「実家のほうに帰省しなければいけないので退職したい」

など、なにかしらの退職理由を伝えて”いつまでに退職したい”という期間も話します。

そのときに、とにかく最短で退職したいのであれば「もう働けない」という意思もしっかり伝えましょう。

 

上記のような退職理由は、円満に退職が出来る良い例です。

私自身もこれらの退職理由を伝え、円満に退職をしたことがあります。

 

しかし、この上記の例では【この会社に一分一秒も居たくない!】という気持ちが全く相手に伝わりません。

その結果、退職の意思を伝えた上司から「1ヶ月後に退職は厳しいから、2ヶ月後でも良いかな?」と軽く提案されます。

 

 

円満退職は理想ですが、ただの理想です

 

仕事がキツく、これ以上働けないのであれば「これ以上働けないです!」と伝えるべきです。

 

確かに円満退職は理想です。

退職後、どこかのタイミングでその退職した会社と関わる可能性は0ではありません。

そのときに”円満退職しておけば良かったなぁ”と思うかもしれません。

 

しかし、”最短で退職したい”という気持ちはかなりメンタルが限界なときです。

 

私も経験しましたが、出勤前は毎日憂鬱でしたし、私生活も楽しめなくなるくらいのメンタルだったりします。

そんな状態の中、将来的なことを考えている場合ではないと思います。

今の状態を改善する為に「もう働けない」ということをしっかり伝えて、少しでも早く退職するべきです。

 

 

会社を3日で退職した実体験

考える男の子

 

冒頭でお伝えしましたが、私は新卒で入社した会社を3ヶ月で退職しています。

そしてその会社は退職の意思を伝えてから、3日で退職しました。

(民法上の2週間よりかなり短いので、一つの参考にしてもらえたらとも思うのですが、正直参考になるかどうかは微妙なところです。)

 

それでは、少しだけ解説します

 

 

3日で退職した実体験

 

3日しかないので、1日目・2日目・3日目と時系列で簡潔に解説します。

 

 

1日目

 

まず最初に退職を伝えた相手は直属の上司です。

すぐに直属の上司は話し合いの場を設けてくれて、同日に支店長へ報告をしてくれました。

 

余談ですが、最初に退職の意思を伝えるのは直属の上司が無難です。

無駄な気まずさが無くなります。

 

NEXT >>退職までの期間が気まずい原因は他人の目?【辛さを払拭させる方法】

 

 

2日目

 

支店長と部長と私の3人で話し合いが行われました。

メンタルが限界だったので”退職したい”という意思を伝え続けました。

その後社長から、電話連絡があり部署異動を提案されましたが断りました。

 

 

3日目

 

退職日当日は、新卒だったということもあり特に引き継ぎなどもなし。

通常業務をこなし、退勤時に挨拶をして退職。

 

という流れで新卒入社した会社を3日間で退職しました。

 

 

最短で退職できた理由はなに?

 

退職の意思を伝えて、3日で退職はかなり早いほうです。

 

正直、3日で退職できた理由は”新卒だったから”ということが大きく関係していると思います。

 

しかし「もう働けない」という意思を、私は直属の上司にも本部長にも社長にもはっきり伝えました。

引き止められもしましたがはっきり断りました。

 

3日という短い期間で退職出来た明確な要因はわかりません。

それでも”少しでも短く、最短で退職したい!”という方は、先ほど紹介した方法を実践してみることをおすすめします。

 

 

即日で退職する方法はない?

 

”最短というか即日で退職したい!”という方。

 

即日で退職する方法はありますが、どれも勇気がいる方法です。

下記記事の方法を使うと円満退職は難しいかもしれませんが、興味のある方はぜひ。

 

NEXT >>即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

 

 

【3日で退職】最短で会社を辞めるために重要な2つのこと:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 会社を最短で退職出来るのは2週間?
  • 最短で退職するのは難しい
  • 会社を3日で退職した実体験

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

”退職したい!”という気持ちが限界に達してしまうと、明日にでも退職したくなりますし、1日も出社したくなくなります。

 

最短で退職するのはなかなか難しいですが、少しでも短くすることは可能です。

円満退社が理想ですが、精神的にキツすぎるのであれば円満退社は二の次です。

 

 

 

NEXT

20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】
20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

続きを見る

退職代行ガーディアンの口コミ評判
退職代行ガーディアンの口コミ・評判【初めて利用する方も安心】

続きを見る

もう限界なのに退職を切り出せない
もう限界なのに、退職がなかなか切り出せない…【実体験を紹介】

続きを見る

 

-転職, 退職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5