転職

もう限界なのに、退職がなかなか切り出せない…【実体験を紹介】

もう限界なのに退職を切り出せない

 

・”退職がなかなか切り出せない…”

・”退職の切り出し方で良い方法があれば知りたい!”


本記事では、これらの声に答えていきます。

 

新たな仕事にチャレンジしたい、ここで働くのはメンタル的に限界など、退職したい理由は人それぞれです。

退職を切り出すのは何度経験しても緊張しますし、退職を切り出すのが初めての方は精神的にきついはずです。

 

本記事で解説すること

  • 退職が切り出せない原因
  • 退職を切り出す方法

実体験から主にこれらを解説します。

 

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

退職を切り出すのは毎回緊張します。

 

 

スポンサードサーチ

退職が切り出せない原因

考える男の子

 

退職する為には、退職の意思を切り出さなければ始まりません。

 

しかし、そう簡単には退職を切り出せないのが現実です。

 

  1. 上司や同僚に申し訳ない
  2. 安定した収入を失う
  3. 退職意思を伝えるのが面倒
  4. 転職を繰り返している
  5. 退職するまでの期間が気まずそう

なぜ退職を切り出せないのかが明確になっていないケースがあるので、まずはその原因を明確にしていきましょう。

 

上司や同僚に申し訳ない

 

”自分が退職する事で、自分がやっていた仕事を同僚に引き継がなくてはいけない”

”上司が1から多くの事を教えてくれたのに、退職するのは申し訳ない”

このように、上司や同僚に申し訳ないという気持ちで退職を切り出せないことがあります。

他人の事よりも、自分の気持ちを優先することがおすすめです。

 

 

安定した収入を失う

 

退職後の仕事が決まっていない場合、安定した収入を失います。(副業などの収入のある方は別です)

私も経験しましたが、収入が0になる事は怖いですし、いざ転職活動を始めても焦りが生まれます。

”貯金が無くなりそうだから、早く転職先を決めないと…”という思考になっていきます。

要するに、金銭面の不安による焦りが生まれるという訳です。

出来れば、次の仕事を決めてから退職を切り出すべきです。

…と言いながら、私は仕事を辞めてからで無いと転職活動が出来ませんでした。

 

>>仕事を辞めてから転職活動をした実体験【リアルなメリット・デメリット】

 

退職意思を伝えるのが面倒

 

退職の意思を伝えるのは勇気が要ります。

さらに

  • 誰に伝えるか
  • いつ伝えるか
  • 伝え方はどうするか
  • 具体的に何を伝えれば良いのか

などの、退職を切り出す際に考える事は結構多いです。

結果的に退職を切り出すのが面倒になってしまい、いつまで経っても退職を切り出すことが出来ないという状況に陥ります。

退職の意思を伝えるのは、いつだって緊張しますよね。

 

転職を繰り返している

 

転職を繰り返している方は、”次の職場がまた見つかるか”などの不安を抱きます。

さらに、”またあの転職活動を1から始めるのか…”と転職を繰り返している分、転職活動のモチベーションが上がりません。

その結果、辞めたいと思いながらもなかなか退職を切り出すことが出来ません。

余談ですが、転職回数が多くても転職は出来ます。

 

>>転職を繰り返した結果、理想の職場で働くことはもう不可能?

 

退職するまでの期間が気まずそう

 

退職の意思を伝えてから実際に退職するまでの期間は、通常1ヶ月〜3ヶ月掛かります。

辞めたいという気持ちが周囲に認知された状態で、働き続けるのは気まずそうですよね。

実際、多少気まずいです。

しかし、その気まずさは多少和らげることが出来ます。

退職までの期間が気まずい原因は他人の目?【辛さを払拭させる方法】

 

 

退職の切り出し方

落ち込むサラリーマン

退職の切り出し方は無難な方法がおすすめです。

  1. 直属の上司に伝える
  2. 2人きりの状況で伝える
  3. 出来れば人間関係のせいにしない
  4. 【番外】メールや電話はNG?

無難な方法で退職を切り出すことで、退職するまでの期間の気まずさを和らげることが出来ます。

 

以下から一つずつ解説していきます。

 

直属の上司に伝える

 

まず初めに、退職の意思は直属の上司に伝えましょう。

別の上司や、直属の上司のそのまた上の上司などに伝えると話がややこしくなります。

 

○○くん、退職したいらしいよ

 

え!そんなこと聞いてないんだけど!

 

このやりとりが発生すると、退職するまでの期間が気まずくなる可能性があります。

初めから直属の上司に退職を切り出しておけば、上記の「聞いてないんだけど!」と言うことはなりますよね。

 

直属の上司に言いにくい…

 

・"直属の上司が嫌で退職するから…"

・"直属の上司にはなんか言いにくい…"

直属の上司に言いにくい理由は人によって様々です。

 

しかし、基本的に直属の上司はあなたを監督・教育・指示するよう会社から命じられています。

あなたに色々と教えるために時間や労力を費やしてきました。

当たり前ですが、直属の上司も【ひとりの人間】です。

あなたに労力を費やしたのにも関わらず、”1番初めに退職の意思を知らされないのはなんで?”と感じるのも当然です。

退職するまでの期間に気まずくならない為にも、まずは直属の上司に退職を切り出すのが無難です。

 

2人きりの状況で伝える

 

誰にも聞かれない場で、二人きりの状況で退職を切り出すことをおすすめします。

その相手は、もちろん直属の上司です。

直接声を掛けられるのであれば、それが1番良いです。

「ご相談したいことがあるので時間を作って頂けませんか?」と言い、二人きりになれる時間を作ってもらいましょう。

 

周りに悟られない?

 

職場によっては、直属の上司を呼び出すと周りになにか悟られる場合があります。

それでも大丈夫です。

直接、二人きりの場で直属の上司にきちんと退職を切り出すことが重要です。

”周りに悟られるのがなんか恥ずかしい…”という気持ちも分かります。

しかし、あなたが退職を切り出したことはいずれ社内中に知れ渡ります。

 

出来れば人間関係のせいにしない

 

退職したいです!

 

OK、じゃあ来月末で退職ね。

 

 

おそらく、こんなすんなりと話は進みません。

 

「退職したい理由は?」など聞き方は様々ですが、退職理由は必ず聞かれます。

その時に「○○さんとはやってられないからです!」などは避けましょう。

なぜなら、先ほども解説しましたが、退職を切り出してすぐに退職出来る保証がないからです。

 

余計な気まずさが発生する

 

例えば「○○さんとはやってられないので退職したいです」と伝えた場合、その○○さんにその事が伝わらなければ大丈夫です。

しかし、○○さんに伝わってしまった場合は、あなたが退職するまでの期間に余計な気まずさが発生します。

 

退職理由が人間関係という方は、別の理由にしたほうが退職を切り出した後に気まずくなる可能性は減らせます。

 

メールや電話はNG?

 

  • 直属の上司が同じフロアにいない
  • 直属の上司が会社にいないことが多い

 

これらの場合は電話やメールでもOKです。

 

退職を切り出さなければ何も始まらないので、直接話すことが難しい場合は別の方法で退職の意思を伝えましょう。

伝えることが重要です。

 

 

どうしても退職を切り出すことが出来ない

寝込む女性

退職を切り出すのはかなり勇気が入ります。

 

どうしても退職を切り出すことが出来ず、心や体を壊してしまっては元も子もないので退職代行も一つの選択肢です。

 

おすすめは、【退職代行ガーディアン】という退職代行です。

東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が運営しているので、信頼性は高めです。

即日で退職出来るので、退職を切り出すのが難しい方は退職代行を利用するのも有りです。

 

公式サイト:会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

 

退職を切り出せない:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 退職を切り出せない原因
  • 退職の切り出し方
  • どうしても退職を切り出せない方へ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

私は何度か転職をしている身ですが、その度に退職の意思を切り出してきました。

 

相手が誰であろうと、何度経験しても、いつだって緊張します。

 

上司に直接退職を切り出せないのであれば、電話やメール、退職代行という選択肢もあります。

頭で考えているだけでは、周りに退職の意思は伝わりません。

 

【関連記事】

>> 退職までの期間が気まずい原因は他人の目?【辛さを払拭させる方法】

>> 退職代行を使う人間はクズ?【ブラック企業には利用OK?】

>> 退職代行ガーディアンの口コミ・評判【初めて利用する方も安心】

-転職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5