20代の転職の悩み 転職

転職回数が多い20代が内定を貰うための方法【行動あるのみ】

転職回数多い20代

”転職回数が多くなっちゃったんだけど、内定が貰えるか不安…”

”20代だから転職回数が多くても、転職は余裕でしょ?"


本記事では、これらの疑問に答えていきます。

 

転職回数が多くなると”転職って案外簡単かも”と思ってしまいますよね。

しかし、転職回数が増えるごとに内定を貰う難易度は確実に上がっていきます。

"今までそんなに転職活動の対策をしてこなかった"という20代の方も転職回数が多くなると対策が必要になってきます。

 

本記事の内容

  • 転職回数が多い20代におすすめの対策
  • 面接の具体的な対策
  • 実際に転職回数が多くなった経験談

実体験を加えながら解説していきます。

 

 

スポンサードサーチ

転職回数が多い20代が内定を貰うための方法

考える男の子

 

まず結論ですが、転職回数が多くても内定は貰えます。

 

平成30年12月の数値をみると、
有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍となり、前月と同水準となりました。

厚生労働省|一般職業紹介状況

厚生労働省のまとめですが、有効求人倍率は、2018年4月以降は1.6倍以上と高度成長期以来の高い水準で推移しています。

(※有効求人倍率というのは、求職者1人につき何件の求人があるかを示すものです。)

 

要するに、今の日本は人材不足です。

 

さらに、20代の方は正社員よりも非正規(アルバイトなど)を選ぶ方が多い。

そのおかげもあってか、新卒で入社した会社を三ヶ月で退職した私でも20代で転職が出来ました。

 

内定が貰いづらくなることは事実

 

  • この仕事がしたい!
  • ○○関連の職場で働きたい!
  • もう転職を繰り返したくない!

という明確な目標がある方。

転職を繰り返すと内定が貰いづらくなることは事実です。

20代の方の中には”転職活動の対策をあまりした事が無い…”という方がいます。

しかし、転職回数が多くなると転職対策は必須になっていきます。

 

具体的な対策を、以下から解説していきます。

 

転職回数が多い20代の具体的な対策

内定を貰うための具体的な対策を解説していきます。

  1. 書類選考対策
  2. 面接対策

 

転職活動では大きくこの2つの対策が必要です。

 

【転職回数が多い20代①】書類選考対策

 

そもそも書類選考については、20代の方であれば通る確率が高いです。

その為、書類選考に関しては特に対策をしなくてもOKですが…

 

あえて言うなら志望動機

20代の方に書類選考対策として、あえて解説するなら志望動機の書き方です。

詳しくは下記の記事で解説しています。

志望動機が思いつかない方は3つの方法を試す【異業種で特に重要】
志望動機が思いつかない方は3つの方法を試す【異業種で特に重要】

続きを見る

 

面接対策としても使えますが、履歴書に記載する志望動機の書き方にも使える方法です。

 

 

職務経歴書の書き方

職務経歴書に関しては効果的な職務経歴書の書き方【転職回数が多い方向け】で解説しています。

職務経歴書の書き方に正解はありませんが、読みやすさは重要です。

シンプルなデザインなので、利用をおすすめします。

 

効果的な職務経歴書の書き方
効果的な職務経歴書の書き方【早期退職経験者・転職回数が多い方必見】

続きを見る

 

【転職回数が多い20代②】面接対策

 

転職回数が多くなってしまった20代の方に、面接官はある疑問を抱きます。

【面接官の疑問】

”なぜこの人は転職回数が増えてしまったんだろう”

この面接官の疑問に対して、納得させることが超重要です。

 

例えば、面接官に1社目の退職理由聞かれたとします。
その退職理由に関して面接官に納得しない場合、あからさまに首を傾げられます。(例えというか、実体験です)

結果はもちろん不採用。

 

ネットで検索をすると、

面接官は転職回数が多い方に対して"雇ってもすぐ辞めてしまうんじゃないか"という懸念が生まれる。

と多くのサイトに書いてありますよね。これはあながち間違いではありません。

面接対策の、特に退職理由の答え方に迷う方。

下記の記事が参考になるかもしれません。

>>【転職回数が多い方】退職理由は面接で嘘をついても内定取れます

転職回数が多い20代の方に有効な手段です。

 

 

この仕事をしないと後悔する

先ほど紹介した記事には記載していない、おすすめの面接対策があるので1つ解説します。

面接ではこの企業に入社したい!という熱意を伝えることが重要です。

しかし、転職回数が多くなるとこの熱意がなぜかうまく伝わらなくなります。
面接官に「働きたい気持ちが伝わらないんだよね」と言われることもあります。

 

もし、”面接官に私(俺)の熱意が伝わらない!”と悩んだ時には、

「この仕事をしないと後悔する」

と伝えてみてください。

実際にこれを伝えた結果、面接の選考は通りやすくなりましたし、最終的に内定が貰えました。

 

しかし「この仕事をしないと後悔する」は有効ですが、なぜ後悔するのかを明確にする必要があります。

  • 学生時代から興味があったから
  • 関連資格を取ったから
  • テレビや本から感銘を受けたから など

これらの理由付けをすることで、「この仕事をしないと後悔する」の熱意がより論理的に伝わります。

 

 

【実体験】20代で転職回数が多くても内定獲得

 

経歴

私の経歴は以下です。

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員


転職回数が多めです。

 

さらに、すべて20代で経験した経歴です。

新卒で入社した会社を3ヶ月で辞めたときは"あぁ、もう正社員とか無理だろうなぁ…”と考えていましたが、紆余曲折ありつつも転職出来ています。

 

転職を繰り返していても、正社員になれるので希望は捨てないでください。

>>実際にパソナキャリアを使った感想【他の方の口コミも紹介】

 

 

転職回数が多い20代も、時には諦める

ソファーで横になる男性

希望は捨てないでくださいとお伝えしましたが、時には諦めることも重要です。

 

希望を捨てないのかあきらめるのかどっち?

という感じですよね。

詳しく解説します。

 

以下の3つを狙って転職活動をしている方。

  1. 大手企業中心
  2. 高い給与
  3. クリエイティブ職

転職回数が多いとこれらの企業から内定を貰うのは難しいです。

 

さらに、

  • スキルや経験が無い
  • 関連する資格が無い

という方はさらに転職成功の難易度が高くなります。

 

20代の方が新しいことに挑戦することを否定もしませんし、早くに挑戦することは良いことだと思います。

しかし挑戦をするには順序が必要な場合があります。

料理の経験や経営の知識が無いのに、銀行から多額な借金をして飲食店を始めても成功しませんよね。

 

20代の方も時には諦めが肝心です。

一旦は諦めたほうが近道の場合もあります。

 

 

行動をすることで転職回数が多くても内定は貰えます

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 転職回数が多い20代におすすめの対策
  • 面接の具体的な対策
  • 実際に転職回数が多くなった経験談

人によっては”周りに転職回数が多い人がいないんだけど…”と不安になる方がいるかもしれません。

しかし現代では転職をすることは当たり前ですし、あなたの周りにいないだけで(隠しているのかも)世の中には多くいるので安心してください。

20代であれば、転職は出来ます。

行動あるのみです。

 

NEXT

>> 20代での転職失敗談とそこから得たある事【実体験】

>> 志望動機が思いつかない方は3つの方法を試す【異業種で特に重要】

>> 20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

-20代の転職の悩み, 転職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5