転職回数が多い20代って何回?【内定を貰う現実的な対策】

転職回数が多い20代が内定を貰うための方法【実体験】

”転職回数が多くなっちゃったんだけど、内定が貰えるか不安…”

”20代だから転職回数が多くても、転職は余裕でしょ?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

転職回数が多くなると”転職って案外簡単かも”と思ってしまいますよね。

しかし、転職回数が増えるごとに内定を貰う難易度は確実に上がっていきます。

“今までそんなに転職活動の対策をしてこなかった”という20代の方も、転職回数が多くなると対策が必要になってきます。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • 20代で転職回数が多いという基準は3回目から
  • 転職回数の多い20代はなぜ内定が貰いづらくなる?
  • 転職回数が多い20代が内定を貰うための方法

実体験から解説していきます。

目次

20代で転職回数が多いという基準は3回目から

20代で転職回数が多いという基準は3回目から

一般的に20代で転職回数が多いとされるのは、3回目からです。

3社目を辞めた時点で、次の転職の難易度は上がる傾向にあります。

しかし、実体験としては2回目の転職から内定を貰う難易度は格段に上がりました。

私の経歴を紹介します。

経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

上記の通り転職回数が多めです。

さらに、すべて20代で経験した経歴です。

2回目の転職から内定を貰う難易度が爆上がり

私の場合は、転職回数が多い+短期離職も経験しています。

それもあってか、書類選考は通らなくなるし面接も受からなくなるしと、内定を貰う難易度が爆上がりしました。

”今までのやり方だと内定を貰えないな…”と思い、あれこれ試行錯誤しました。

試行錯誤の結果、内定を貰うことが出来たので、転職回数が多い20代の方も諦めないでください。

そんな20代で転職回数の多い私でも内定が貰えた方法は後で解説します。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 20代転職の窓口(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県で働きたい20代限定。最短1週間で内定を貰いたい方はぜひ。(無料)

転職回数の多い20代はなぜ内定が貰いづらくなる?

転職回数の多い20代はなぜ内定が貰いづらくなる?

そもそもですが、転職回数が多い20代がなぜ内定を貰いづらくなるのか分からない方もいるはずです。

すべての企業に共通する正解ではありませんが、少しだけその原因を解説します。

採用してもすぐ辞めてしまうと思われる

20代で転職回数が多いということは、早期離職を経験している方が大半のはずです。

面接官が早期退職の経歴を見て、”採用してもすぐに辞めちゃうんじゃないかな…”と懸念を抱くのは当然のことです。

というのも、中途採用に掛かるコストはかなりの高額です。

中途採用:62.5万円

新卒採用:53.4万円

パート・アルバイト採用:5.1万円

採用コストは中途採用が最も高くなっています。新卒採用は掲載単価が高いのですが、一度の掲載で複数名を採用する企業が多いため、1人当たりの採用単価が抑えられています。

出典:採用コストの平均ってどれくらい? | 採用アカデミー

このように、企業側からすると中途採用に60万円以上掛けたのにも関わらず、すぐに辞められてしまうとかなりの損になります。

となると、企業側は転職回数が少なく早期退職を経歴がない20代のほうがリスクが小さいと考えます。

結果的に転職回数が多い20代は内定が貰いづらくなるということです。

協調性がない・人間関係が良好に保てない人と判断される

20代で転職回数が多い履歴書を見て、採用担当者は”この人は協調性がない人かもしれない”などの懸念を抱く可能性があります。

先ほど紹介した理由から、採用してすぐに辞められては企業側は困ります。

採用担当者によっては、”この人は協調性がないかもしれないから書類選考で落とす”という判断をする場合もあります。

面接では転職回数が多い理由などを試行錯誤することが出来ますが、履歴書は基本的に事実を書くだけしか出来ません。

20代であっても転職回数が多いという理由だけで、協調性がない・人間関係が良好に保てないなどの判断が下される場合があります。

そもそもですが、書類選考が無ければ楽ですよね。

先ほども解説した通り、面接まで進めれば答え方の試行錯誤が可能です。

という転職エージェントはこのエージェント経由で企業に申し込むだけで、書類選考が免除されます。

無料で利用が出来るので、試しに使ってみて損はありません。

転職回数が多い20代が内定を貰うための方法

考える男の子

20代で転職回数が多く内定が貰えないと悩んでいる方は以下がおすすめです。

  1. 職務経歴書の書き方を工夫する
  2. 異業種の面接は必ず一貫性を作る
  3. 嘘で固めすぎないほうが良い
  4. 転職回数のごまかしはやめときましょう
  5. この仕事を後悔すると伝える

順に紹介します。

職務経歴書の書き方を工夫する

職務経歴書には働いていた期間や業務内容、職務の要約などを書く必要があります。

しかし、20代で転職回数が多い場合には、業務内容や職務の要約で書けることが少ないはずです。

なので、職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。

空白の目立つ職務経歴書は悪い印象になりかねませんし、短い期間でなにもせず退職した感じが出てしまいます。

コツとしては、そもそも業務内容と職務の要約を書くスペースを狭くしてしまうやり方です。

転職回数が多い方で具体的な作り方が気になる方は下記記事を参考にしてください。

>> 職務経歴書がめんどくさい!【短い職歴が多い人の書き方】

異業種の面接は必ず一貫性を作る

20代で転職回数が多くても、同業種を受けている方は問題ありません。

しかし、異業種を転々としている方は必ず一貫性を作りましょう。

転職回数が多い方は、一貫性を持たせないと内定を貰うことは難しいです。

例えば、1社目がスーパーの店員・2社目が介護施設職員という職歴の場合。

3社目は音楽関係の仕事がしたいなと思っても、この職歴だと一貫性がありません。

要するに、なぜ音楽の仕事をしたいのかが職歴から見えてきません。

そうすると企業側は、

なぜうちの企業に入りたいんだろう?

と疑問に思います。

その企業が抱いた”なぜ”という疑問は、一貫性を持たせることである程度解消できます。

逆に解消できなければ面接に首を傾げられて、「色々興味があるんだね」と言われて不採用になります。(私の実体験です)

一貫性の作り方は以下の記事で多少解説しているので、興味のある方はぜひ。

>> おすすめの退職理由の嘘【転職の面接で使った3つの方法】

嘘で固めすぎないほうがいい

転職回数が多いと自分をよく見せようとして、嘘をついてしまいがちです。

しかし、嘘をついても良いですが嘘で固めすぎないほうがいいです。

少しくらい素の部分を見せたほうが、内定が貰いやすいです。

正直、私の3社目の転職活動の序盤は嘘が多かったと思います。

そんな状態で転職活動を続けていると、ある企業の面接官に「熱意が伝わらないんだよね」と言われてしまいました。

その面接を境に嘘をつくのを辞めました。(1割くらい残っていたかもしれません…)

すると、次の企業の面接はすんなりと通過して最終面接に進み、結果的に内定を貰えました。

20代で転職回数が多いと嘘をついてしまいたい気持ちは分かりますが、正直に言ったほうが内定が貰いやすいかもしれません。

転職回数のごまかしはやめときましょう

先ほど面接で嘘をついても良いと言ったのですが、転職回数をごまかすのはやめときましょう。

バレたときに面倒ですし、色々な理由からバレる可能性も高めです。

私の場合はひとつの職歴が100%バレることがありませんが、これは特殊なケースです。

参考にはならないと思いますが、興味のある方はどうぞ。

>> 転職回数をごまかす事が出来るのは一部の人のみ【100%バレない嘘です】

この仕事をしないと後悔すると伝える

転職回数が多くなると企業は様々な懸念を抱きます。

企業が抱く懸念

  • またすぐ辞めてしまうんじゃないか
  • うちの会社に本当に入りたいのか
  • なぜうちの会社でなければダメなのか

これらを解消するためにあることを伝えます。

そのあることとは「この仕事をしないと後悔する」という言葉です。

実際にこの言葉を伝えた面接とそうでない面接での通過率は異なりました。

絶対に内定が貰える魔法の言葉ではありませんが、ひとつの選択肢として。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。(無料)
  • 20代転職の窓口(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県で働きたい20代限定。未経験可の求人が多いです。(無料)

転職回数が多い20代って何回?【内定を貰う現実的な対策】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 20代で転職回数が多いという基準は3回目から
  • 転職回数の多い20代はなぜ内定が貰いづらくなる?
  • 転職回数が多い20代が内定を貰うための方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。

人によっては”周りに転職回数が多い人がいないんだけど…”と不安になる方がいるかもしれません。

しかし、現代では転職をすることは当たり前ですし、あなたの周りにいないだけで(隠しているのかも)世の中には多くいるので安心してください。

20代であれば、転職は出来ます。

次の記事では、記事内でも紹介した書類選考が免除される転職エージェントを紹介しています。

無料で使えるので、興味のある方は覗いてみてください。

>> やばい?ひどい?就職Shopの評判・口コミ【ニートも利用可】

目次