転職

効果的な職務経歴書の書き方【早期退職経験者・転職回数が多い方必見】

効果的な職務経歴書の書き方

 

・”職務経歴書の書き方がまったくわからない…”

・”職務経歴書にはどこからどこまで書けば良いの?”


本記事ではこれらの疑問にお答えします。

 

【書類選考では履歴書及び職務経歴書をご提出ください】など転職活動では企業によって、職務経歴書の提出が求められますよね。

履歴書とは異なり、職務経歴書は自由度が高い為、書き方によっては内定が貰える確率を高めます。

 

本記事で解説すること

  • 職務経歴書の具体的な書き方
  • 職務経歴書に書くべきでは無いこと
  • 職務経歴書と志望動機を分けて提出

実体験からこれらを解説していきます。

 

本記事では職務経歴書の書き方を解説しますが、早期退職経験者・転職回数が増えてしまった方には特におすすめです。

 

スポンサードサーチ

効果的な職務経歴書の書き方【転職回数が多い方向け】

考える男の子

 

ネットで検索をすると職務経歴書の書き方は大量に出てきます。

しかし、職務経歴書の書き方の検索結果の多くが、1つの企業で長く勤めていることが前提となっているものばかりです。

”早期退職や転職回数が多くなった私はどうすればいいの?”と転職活動中の私は悩みました。

試行錯誤しつつ、職務経歴書を作成し、結果的に内定を貰えたので有効な職務経歴書かなと思います。

 

 

【早期退職または転職回数多い方向け】職務経歴書の書き方

オリジナル職務経歴書

の画像が本記事でおすすめの職務経歴書のフォーマットです。

具体的な書き方ですが、〇△✖の部分や※印で囲った部分はご自身で記入する部分です。

この職務経歴書のフォーマットだとA4用紙1枚に2社分の経歴が記載が出来ます。

3社目を書くと【業務内容】や【職務要約】がかなり短くなるので、3社目からは2枚目に書き込むことをおすすめします。

 

すぐ退職したから、業務内容で書けることがあんまり無い…

転職回数が多い方は、早期退職の経験があるかと思います。(私もあります)

このフォーマットは期間・業務内容の部分に図を作成してA4用紙全体の文字を書くスペースを小さくしてします。

業務内容や職務要約が書きづらい方は、この書き方を参考にしてみてください。

 

 

職務経歴書のおすすめの書き方

ホワイトボードを見る男性

 

職務経歴書のおすすめの書き方は【簡潔にわかりやすく】です。

だらだらと長く書く必要性はありません。

 

具体的に解説します。

 

専門用語の解説は面接でしましょう

 

分かりやすさの点では専門用語は避けたほうが無難です。

専門用語が簡潔に解説出来るのであれば書いても良いと思いますが、簡潔に解説出来ないのであれば書く事はおすすめしません。

なぜなら、あなたの職務経歴書で重要な部分は専門用語の解説では無いからです。

 

職務経歴書に面接官が興味を持ったら解説で十分

例えば、一般事務職を志望した会社に”前職では工場でプロッターという機械を動かしていました。プロッターとは……”と職務経歴書に記載をしても意味がありません。(ちなみにプロッターは、カッティング加工機械です)

 

どうしても職務経歴書に専門用語が必要だ!と思う方は、その専門用語の解説は面接でするべきです。

職務経歴書に書いてあることに面接官が興味を持ったら、こちらが解説するというスタンスで十分です。

 

自己PRまたは志望動機も併せて提出

 

職務経歴書と併せて、自己PRまたは志望動機を提出することをおすすめします。

具体的な書き方ですが、A4用紙にびっしり書く必要はありません。

8行~10行程度の自己PRまたは志望動機を書くことをおすすめします。

【志望動機の書き方】

・職務経歴書に余白がある場合はその余白に志望動機を書く

・職務経歴書に余白がない場合は新しいA4用紙に志望動機を書く


”履歴書にも自己PRとか志望動機を書くところあるよね?”と疑問に感じた方がいると思います。

確かに、履歴書にも志望動機を書く欄があります。

それとは別に職務経歴書にも書くということです。

 

職務経歴書にも書き、あなたの志望度やあなたの熱量が面接官にさらに伝わったら単純に得ですよね。

さらにおすすめは、自己PRよりも志望動機を書く事です。

 

自己PRよりも志望動機を書く

 

自己PRは基本的にあなたの情報をつらつらと書いていくだけなので、書き方によっては採用担当者に悪い印象を与えかねません。

しかし志望動機では

・”どれだけその企業を志望しているか”

・”なぜその企業に入社したいのか”

といったその企業の特徴とあなたの考え方や志望度を書く事が出来ます。

先ほど解説しましたが、8行~10行程度で構いません。

志望動機も併せて書く事を個人的にはおすすめします。

 

 

さいごに【職務経歴書の書き方に答えはありません】

STARTからGOALのコピー

以上、職務経歴書の書き方でした。

数年間同じ企業で働かれた方は問題無いと思いますが、早期退職や転職回数が多い方は業務内容を絞り出してください。

小さなことでも大丈夫です。余白だらけよりかはだいぶマシです。

転職活動同様、職務経歴書の書き方にも答えはありません。

あなた自身が”これなら内定が貰えるかもしれない!”という方法を選択し、実践するしかありません。

 

本記事が少しでも役に立てていれば嬉しいです。

その他の転職に役立つ記事は下記にまとめていますので、ご活用ください。

 

転職関連記事一覧へ>>

では、また。

 

参考:IT・エンジニア職を目指す方のプログラミングスクール3選【未経験歓迎】

参考:20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

-転職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5