職場のいじめでただ退職するのは損【復讐する3つの方法】

職場のいじめでただ退職するのは損【復讐する3つの方法】

”職場のいじめがひどいから退職したい…”

”職場のいじめで退職は悔しい…復讐する方法ってある…?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

職場のいじめはあなたにとって害でしかありません。

職場のいじめが原因でただただ退職するのも良いのですが、別の方法のほうが得かもしれません。

その一つの方法として、退職代行を使って復讐する方法があります。

以下の退職代行は法適合の労働組合が運営しているので、安心して利用できます。

>> 退職代行ガーディアンの評判・口コミが知りたい!

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職をした経験があります。

本記事で解説すること

  • 職場のいじめで退職を考えている方の声
  • 職場のいじめの相談件数は年間8万件越え【逃げるが勝ち?】
  • 職場のいじめで退職するのが復讐?

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

職場のいじめで退職を考えている方の声

職場のいじめで退職を考えている方の声

職場のいじめで退職を考えている方は多いです。

実際にネットやSNSで調べてみると、様々な声がありました。

以下はTwitterからの出典です。

退職!職場いじめから解放された

職場いじめから退職し、ストレスから解放された方の声です。

職場いじめのある環境はデメリットしかありません。

退職する同僚に職場いじめをカミングアウトされた

職場のいじめは誰かが退職するまで明るみに出ないことがあります。

カミングアウトされた側は衝撃かもしれません。

職場のいじめに悩んで退職した結果

職場のいじめに悩み退職した結果、体調などが良くなったようです。

人生には少し休むことも必要ですね。

職場のいじめという退職理由を伝えても拒否

職場によってはいじめという退職理由を否定し、無視することもあります。

要するに”この職場にいじめがある訳ない”と認めないケースです。

このように職場のいじめで退職を考えている方は多いです。

【無料カウンセリングでアドバイスがもらえる】

コミュトレというスクールを知っていますか?おそらく聞いたことのないスクールだと思います。

はビジネスに必要なコミュニケーションスキルが学べます。

無料カウンセリングで職場の人間関係のアドバイスを貰うことも可能。

職場のいじめの相談件数は年間8万件越え【逃げるが勝ち?】

職場のいじめの相談件数は年間8万件越え【逃げるが勝ち?】

厚生労働省のデータによると(出典:あかるい職場応援団)職場でのいじめや嫌がらせの相談件数は年々増加しています。

令和元年度の職場のいじめの相談件数は8万件を超えています。

ですが、あなたは外部の窓口などに職場のいじめを相談していますか?

おそらく、していないはずです。

当然、職場のいじめを外部などに相談していない場合、統計データから除外されます。

ということは、統計データから除外された方も含めると、職場でいじめや嫌がらせで悩んでいる方はさらに多いことが予想できます。

要するに、職場のいじめで悩んでいる方はあなただけではないということです。

職場のいじめは逃げるが勝ち?

職場のいじめは逃げるが勝ちという考え方があります。

その理由は以下のようなものです。

  • 職場のいじめが解決されると思わない
  • 職場のいじめが解決されても気まずい
  • どこかに相談しても解決に時間が掛かる

など、職場いじめの解決には様々な不安要素があります。

めんどうであれば、どこにも相談せず逃げても良いです。

しかし、逃げるのが悔しい場合は相談または復讐という選択肢もあります(後で詳しく解説します)

職場でのいじめは逃げるが勝ちという選択肢しかない訳ではありません。

職場のいじめを相談できる外部の窓口

職場のいじめを相談できる窓口は以下です。

上記の他にも外部の相談窓口はいくつか存在します。

基本的に無料で使えるので、試しに利用してみてください。

特定受給資格者になれば失業手当が多くなる

いじめが原因で退職となる場合、おそらく『自己都合退職』になります。

ですが、ただただ自己都合退職にするのは損をしています。

というのも、自己都合退職であっても会社都合退職と同額の失業保険などが受けられる可能性があります。

それが『特定受給資格者』です。

自己都合退職でも特定受給資格者として認められれば、失業保険の給付開始日が7日後になったり、失業給金の期間が延びたりなどのメリットがあります。

しかし、特定受給資格者として認められる為には、ハローワークに認定される必要があります。

さらに、それを認めてもらうには退職理由がいじめと証明できる資料などが必要です。

職場のいじめで退職しようか迷っている方は、一度ハローワークへ相談することをおすすめします。

今は面倒かもしれませんが、後々大きな得になるかもしれません。

おすすめの退職代行

  • 退職代行ガーディアン
    【公式】

    法適合の労働組合が運営しているので、安心して利用出来ます。
  • 退職代行ニコイチ
    【公式】

    対応地域は全国で、LINEや電話で完結出来ます。退職代行実績はトップクラス。
  • 辞めるんです。
    【公式】

    弁護士が監修していますが料金が安く、後払いも可能です。

職場のいじめで退職するのが復讐?

職場のいじめで退職するのが復讐?

職場でいじめられると、なにかしら復讐をしてから退職したいかもしれません。

当然、ただただあなたが退職するのは、大した復讐になりません。

本記事で紹介する職場のいじめに復讐する方法は3つです。

  1. 外部の相談窓口に相談して復讐
  2. いじめをしてくる人の上司に証拠を見せる
  3. 退職代行を使っていじめ相手に復讐

順に解説します。

外部の相談窓口に相談して復讐

先ほども外部の相談窓口を紹介しましたが、今度の相談窓口は弁護士事務所の類です。

というのも、あなたが受けている職場のいじめは法律に違反している可能性があるので、その相手を訴えることもできます。

相手は職場のいじめが原因で訴えられるとはおそらく思っていないので、かなり大きな復讐になります。

以下のサイトでは様々な弁護士事務所を簡単に知ることができるので、興味のある方はぜひ。

職場でいじめをしてくる人の上司に証拠を見せる

職場でいじめをしてくる相手ではなく、ターゲットはその人の上司です。

その上司にいじめの証拠を見せることで、職場の状況が改善する可能性があります。

職場でいじめをしてきた人の異動なども考えられますし、社内でその人の居場所が無くなる可能性も考えられます。

ですが、職場でいじめをしてくる人の上司に証拠を見せても、

ふーん、大変だねぇ…。

など、職場の状況がなにも変わらない可能性もあります。

個人的には、そんな職場は早めに退職したほうが健全だと感じます。

退職代行を使っていじめ相手に復讐

退職代行というのは以下のようなサービスです。

退職代行サービス(たいしょくだいこうサービス)とは、依頼者の退職の意思を依頼者に代わって会社に伝え、退職を支援するサービスである。

引用:退職代行サービス – Wikipedia

退職代行を使えば、”退職の意思を伝えてから退職日を待って…”など余計な手間が省けます。

退職代行のどこが復讐になるの?

と思うかもしれません。

ですが、退職代行というのはこちらから退職の意思を伝えず、突然退職する形になります。

例えばあなたが退職をして、その仕事を引き継ぐのがいじめ相手だった場合、いじめ相手はかなり困ります。

”いじめが原因で職場を退職するだけは悔しい”という方。

退職代行は、退職をしながらいじめ相手に復讐ができる、一石二鳥の方法です。

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しています。

法適合の労働組合となるには労働委員会から一定の基準が認められ、審査を通過する必要があります。

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

>> 退職代行ガーディアンの評判・特徴とは

職場のいじめでただ退職するのは損【復讐する3つの方法】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 職場のいじめで退職を考えている方の声
  • 職場のいじめの相談件数は年間8万件越え【逃げるが勝ち?】
  • 職場のいじめで退職するのが復讐?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

”職場のいじめが辛い”と感じている方。

精神的にも限界なら、なにかしらの行動を起こすほうが健全です。

次の記事では転職と退職に関する記事を紹介しています。

無料で使えるツールもあるので、興味のある方はぜひ。

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめの転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

【関連記事】

>> 頑張っているのに否定される職場って辞めるべき?【ストレス過多】

>> 仕事のストレスがもう限界【私も経験したやばいサイン】

目次