転職 転職の悩み

転職でどこにも受からない原因と4つの対策【不安を解消】

転職でどこにも受からない原因と4つの対策【不安を解消】

”転職活動してるけど、どこにも受からない…”

”転職でどこにも受からない人はどうしたらいい?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

 

転職活動でどこにも受からないという状況が続くと、自信が無くなりますしモチベーションも下がっていきます。

ですが、それは転職活動のやり方が間違っているからだけかもしれません。

 

 

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職をした経験があり、人材会社で働いていた経験もあります。

その為、本記事では実体験と採用関連の情報に関しても解説します。

 

 

本記事で解説すること

  • 転職でどこにも受からないのはあるある
  • 転職でどこにも受からないのは原因
  • 転職でどこにも受からないのは対策

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

転職でどこにも受からないのはあるある

転職でどこにも受からないのはあるある

 

転職でどこにも受からないのはあるあるです。

私自身もその経験をしましたが、SNSなどで調べてみると同じ経験をしている方がたくさんいます。

 

以下はTwitterからの引用です。

 

【ツイート】

履歴書を書き直して気付いた。
わたし、次の転職で9回目だ。立派なジョブホッパーだ。
ちなみに社会人歴は10年ほど…そりゃ年齢の割に転職回数多いって言われるよな 単純計算、1つのところに1年ずつしかいない計算だもんね。
そりゃどこも受からないし納得した、

出典:Twitter

 

【ツイート】

旦那さんが職探しを始めて1ヶ月くらいたった。3つ受けたけど、まだどこにも受からないし、探してくるのは手取り10万円代の仕事ばかりで生活が不安(TдT)私は更に稼げる職場を探し中。でも今の仕事好きなんだよね。好きな事辞めるの勇気いるよね(TдT)#休職 #転職

出典:Twitter

 

【ツイート】

相変わらず暇の極みだけど部署異動したとこだし、どこも受からないから転職活動やめようかな…在職中に転職活動って無理だわ私。

出典:Twitter

 

このように転職活動でどこにも受からない経験をしている方は多いです。

というのも、内定を貰うまでの選考通過率というのはかなり低いのが現実だからです。

 

 

内定までの選考通過率

転職時の面接通過率

(引用: 転職活動での適切な「企業応募数」は? | みんなの転職

上記のデータは書類選考から内定までの選考通過率です。

 

このデータでは内定を貰えるのは100人中4人〜5人ほどとなっています。

言い方を変えると100人中95人〜96人が不採用です。

 

転職活動でなかなか受からないのは当然です。

 

昔のように1つの会社で一生を終えることが当たり前では無くなり、転職をすることが当然の社会です。

ですが、転職で内定を貰うということは意外と難しく、どこにも受からない状況は普通にあり得ます。

 

 

転職でどこにも受からない原因

転職でどこにも受からない原因

 

転職でどこにも受からない原因は様々です。

 

  1. 早期退職や転職を繰り返している
  2. 企業の情報収集が不十分
  3. 緊張しすぎて面接の受け答えが出来ていない

 

人によって原因は異なりますが、私の経験を交えながら転職活動で受からない原因を解説します。

 

 

早期退職や転職を繰り返している

 

早期退職や転職を繰り返している場合、内定を貰うことはかなり難しいです。

 

特に『転職を繰り返している』ことによる、内定を貰うことの難易度UPは痛感しました。

冒頭で私の経歴を紹介していますが、転職を繰り返すごとに書類選考は通らなくなり、面接も受からなくなりました。

 

後で紹介しますが、早期退職や転職を繰り返している方は面接でミスをしているかもしれません。

そのミスを改善するのは簡単なので、経歴が原因でどこにも受からないという方は参考にしてください。

 

 

企業の情報収集が不十分

 

転職でどこにも受からない場合は企業の情報収集が不十分かもしれません。

 

企業の情報収集が出来ていれば、逆質問の際に企業への提案が出来たり、企業側に”うちの会社をよく理解しているな”と思わせることが可能です。

企業の情報収集はSNSや企業のHPなど様々な媒体で仕入れることが出来ます。

 

先ほど”逆質問の際に企業への提案が出来たり”と解説しましたが、これは面接でかなり有効です。

詳しくは下記の記事で解説しているので、興味のある方はぜひ。

 

>> 実際に最終面接でされた質問と具体的な対策【企業の弱みを探す理由】

 

 

緊張しすぎて面接の受け答えが出来ていない

 

面接は緊張して当然です。

ですが、緊張しすぎて面接の受け答えが出来てないのであれば、転職で受かることは不可能です。

 

”面接で緊張しすぎてしまう…”という場合は、実際の面接回数を増やすことです。

数を重ねれば、緊張の度合いは下がっていきます。

 

なので、企業には申し訳ないですが、面接の練習相手となる企業を探しましょう。

志望度が0もしくはかなり低い企業を選び、実際に面接を受けてみてください。

 

以下の記事でも詳しく解説していますが、面接の克服はリアルな面接官を相手にしたほうが効果的です。

私はその方法で克服しました。

 

>> 面接嫌いを克服するシンプルな方法【練習相手は〇〇】

 

 

転職でどこにも受からない対策【不安解消】

転職でどこにも受からない対策【不安解消】

 

先ほど転職でどこにも受からない原因と少しだけ対策方法も紹介しました。

 

以下からは転職でどこにも受からない対策を深掘りしていきます。

  1. 職務経歴書を作り直す
  2. 面接で嘘やごまかしを極力少なくする
  3. アルバイトや派遣から正社員を目指す
  4. 選考を受ける数を増やす

では、順に解説します。

 

 

職務経歴書を作り直す

 

転職活動では履歴書と職務経歴書が必要になりますよね。

この2つの中で職務経歴書は自由度が高いです。

 

要するに、職務経歴書を作り直して受かる確率を上げるということです。

”書類選考が全然受からない…”という方に特におすすめの方法です。

 

ですが、1から職務経歴書を作り直すのは大変ですよね。

その場合は職務経歴書のフォーマットを参考に作り直していきます。

 

職務経歴書のフォーマットというのはネットで検索すると数多く出てきます。

特にdodaが無料で出している職務経歴書フォーマットは、編年体形式・逆編年体形式・キャリア形式の3つのフォーマットで無料ダウンロードすることが出来ます。

 

さらに、職種や業種別で133種類の職務経歴書のテンプレートがあるので、作成がめんどくさい方もテンプレートを見ながら作成可能です。

>> dodaの職務経歴書テンプレートを使ってみる

 

 

面接で嘘やごまかしを極力少なくする

 

先ほど解説した、”早期退職や転職を繰り返している方は、面接でミスをしているかもしれません”という内容の続きです。

 

早期退職や転職を繰り返している方にやりがちなミスは、嘘やごまかしが多くなることです。

 

ポジティブに言い換えてるだけです!

という方がいるかもしれませんが、それはただただ言い換えているだけです。

 

ポジティブに変換も嘘やごまかしと変わりません。

 

私も転職でどこにも受からない時期がありましたが、嘘やごまかしが多めでした。

”そっちのほうが受かるだろう”と思っていて実践していましたが、内定を貰うことは出来ませんでした。

 

ですが、嘘やごまかしを少なくした結果、どこにも受からない状況が改善され始めました。

 

嘘やごまかしをするな!とは言いません。

極力少なくして、正直に話すことを心がけてみてください。

それだけで転職でどこにも受からないという現状を打破出来るかもしれません。

 

>> 面接で嘘をつくと内定が貰える?【熱意が伝わらなかった理由】

 

 

アルバイトや派遣から正社員を目指す

 

転職活動でどこにも受からない状況が続いてしまっている方は、正社員以外の選択肢も検討しましょう。

 

転職活動中は正社員になることしか見えなくなります。

ですが、30代以上の方であっても、アルバイトや派遣社員から正社員を目指すという方法もあります。

 

転職活動でどこにも受からない状況が続くと、金銭的な余裕も無くなっていきます。

なので、一旦はアルバイトや派遣で生活を繋ぎながら、正社員を目指すという方法も取れます。

 

 

選考を受ける数を増やす

 

転職活動でどこにも受からないのであれば、選考を受ける企業の数を増やすべきです。

数を打てば当たるとも限りませんが、チャンスが多ければ当たる確率は上がります。

 

そもそも企業の選考で受かるということは運要素が強いです。

なぜなら、書類選考や面接に100点の正解というのは存在しません。

 

例えば、あなたが面接で言ったある発言に対して、A株式会社の面接官は40点という採点かもしれませんが、B株式会社の面接官は80点という採点をするかもしれません。

 

このように転職活動の選考は、企業側の判断によって受かる受からないの基準が大きく異なります。

転職活動でどこにも受からないという状況なのであれば、1つでも多く求人を知り、選考を受ける数を増やすべきです。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズキャリア(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    女性特化型なので、必然的に女性を採用したい企業が分かります。
  • キャリアスタート(転職エージェント)
    【公式】
    https://careerstart.co.jp/
    学歴や職歴は問われません。20代特化。
  • 就職Shop(転職エージェント)
    【公式】
    https://www.ss-shop.jp/
    就職Shop経由の応募は書類選考が免除されます。

 

転職でどこにも受からない原因と4つの対策【不安を解消】:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 転職でどこにも受からないのはあるある
  • 転職でどこにも受からないのは原因
  • 転職でどこにも受からないのは対策

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

転職活動でどこにも受からないという状況はあなただけではありません。

多くの方が同じ状況で試行錯誤をしています。

 

先ほども紹介しましたが、転職活動では1つでも求人を知っていたほうが有利です。

 

次の記事では1つでも多くの求人を知る為に転職サイト・エージェントを紹介しています。

すべて無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

 

NEXT

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめ転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

 

 

 

【関連記事】

>> 女性におすすめの転職サイト・エージェント【他人よりも得する使い方】

>> 転職は落ちて当たり前!【選考通過率データや対策を紹介】

>> ”転職しなければよかった…”の後悔をなるべく少なくする方法

>> 仕事辞めたら人生楽しすぎ!【生活に必要なお金の計算必須】

>> 転職ができないのは無能だから?【しがみつく選択肢】

-転職, 転職の悩み

© 2021 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5