仕事に興味が持てないから苦痛…【3つの実践的な対策】

仕事に興味が持てないから苦痛…【3つの実践的な対策】

”仕事に興味が持てないから苦痛…”

”仕事に興味持てない場合はどうしたらいい…?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

仕事に興味が持てないのは、よくあるかもしれません。

ですが、その結果”苦痛”と感じるのは健全な状態ではないです。

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職した経験があり、仕事に興味が持てなかった時期があります。

本記事で解説すること

  • 仕事に興味が持てないのは苦痛?
  • 苦痛!仕事に興味が持てない理由
  • 仕事に興味が持てないから苦痛!3つの対策

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

仕事に興味が持てないのは苦痛?

仕事に興味が持てないのは苦痛?

仕事に興味が持てないのは間違いなく苦痛です。

というのも、仕事に興味が持てない=仕事にやりがいを感じないことと同義です。

仕事にやりがいを感じないまま働くのは、かなりキツイですよね。

私も経験がありますが、時間を無駄に浪費している感覚がありました。

転職サイトWantedlyを運営する、ウォンテッドリー株式会社が転職希望者にアンケートを取った結果が以下です。

直近の転職において重視したことを尋ねたところ、60%の人が「仕事内容のやりがい」と回答し最多となった。次に「自己成長性」が46%、「給与水準」が45%と続いた。

引用:ウォンテッドリー株式会社調査 | HRog

上記のように、転職したい方の回答で一番多かったのが『仕事内容のやりがい』です。

やはり、仕事にやりがいを感じないのは苦痛ですし、転職を検討したくなるのも自然です。

苦痛!仕事に興味が持てない理由

苦痛!仕事に興味が持てない理由

仕事に興味が持てない理由は以下が考えられます。

  1. 働いている内に熱が冷めた
  2. 働いている業界自体に興味がない
  3. お金のために働いている
  4. 他に興味のある仕事がある

順に解説します。

働いている内に熱が冷めた

仕事を始める時には、その仕事に大きな興味があったかもしれません。

ですが、働き続ける内にその業界の裏側や会社の闇の部分を知ってしまうことがあります。

そうなると、興味があった仕事も徐々に興味関心が薄れていき、仕事への熱も冷めていきます。

こうなってくると、仕事へのやりがいも感じないので働くのが苦痛になります。

毎日の出勤も辛いかもしれません。

働いている業界自体に興味がない

転職や就職した方の中には、現在働いている業界自体に興味がないという方がいます。

興味がないのになんで入社したの?

と思うかもしれませんが、これにはいくつかの理由が考えられます。

興味がない業界に入社した理由

  • 唯一、内定をもらえた企業だった
  • 企業の年収・給料のみで判断した
  • 前の会社をとにかく早く退職したかった

など、興味がない業界へ入社ケースは意外と多岐に渡ります。

ですが、興味がない業界で働くのはなかなかの苦痛です。

働いている内に興味が湧くケースもありますが、一生興味が沸かない可能性もあります。

お金のために働いている

仕事をしている方で、お金のために働いていない方はいないはずです。

当然、お金がなければ生きていけません。

ですが、まったく興味が持てない仕事でお金のためだけに働くのはキツイです。

文字通り、毎日『お金のため』だけに出勤し、人生を消費していきます。

お金のためだけに働くことは悪いこと?

悪くはありませんが、興味が持てない仕事を定年まで続けられるかどうかなどのキャリアプランは早めに考えるべきです。

他に興味のある仕事がある

すでに別の業界・仕事に興味が移っている、もしくは、昔から興味があったけど一歩を踏み出せなかったケースです。

この場合、今の興味が持てない仕事をし続けるのは苦痛に感じるはずです。

転職活動の鉄則として【未経験分野の転職は若いほうが有利】というものがあります。

経験者の転職は別ですが、未経験分野の転職については、40代よりも30代のほうが内定が貰いやすく、30代より20代のほうが内定が貰いやすいです。

あなたが未経験者に仕事を教える側になって考えると分かりやすいですが、例えば、50代のおじさんよりも20代の若者のほうが色々と教えやすいですよね。

他に興味のある仕事がある場合は、手遅れになる前に少しでも早く行動することをおすすめします。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
     
  • 第二新卒エージェントneo
    【公式】

    学歴や職歴は問われません。20代特化。
     
  • アーシャルデザイン(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で働きたい20代限定。サポートが手厚いです。

仕事に興味が持てないから苦痛!3つの対策

仕事に興味が持てないから苦痛!3つの対策

仕事に興味が持てないから苦痛!という場合は、以下の3つの対策があります。

  1. 仕事に関連した勉強をする
  2. 今の経験が役立つ!と意識する
  3. 転職を検討する

こちらも順に解説します。

仕事に関連した勉強をする

仕事に興味がないのに勉強するモチベーションなんてある?

確かに、仕事に興味がない場合はなかなか難しいかもしれません。

なので、ガッツリと勉強をしなくてもニュースサイトをさらっと見たり、TwitterなどのSNSで仕事に関連したツイートを検索してみるだけでもいいです。

プライベートでも仕事関連の情報に触れるだけで、興味がない苦痛の状態を少しづつ抜けられる可能性があります。

今の経験が役立つ!と意識する

仕事に興味が持てない状態が続くのは苦痛です。

しかし、その苦痛は一生続くものではないかもしれませんし、次の仕事や転職先で役に立つ経験かもしれません。

実際に転職経験のある方は「あの時の仕事が意外に役に立ってる!」と感じることが、少なからずあるはずです。

私も同様で、異業種への転職を繰り返しながらも、意外な業務経験が転職先で役に立つ場面が多いです。

「今の経験が役に立つ!」と考えられると、今の苦痛が徐々に和らぎます。

転職を検討する

仕事に興味が持てない状態が限界であれば、転職を検討しましょう。

転職をすることで、今の苦痛な環境から抜け出すことができます。

令和4年版・労働経済白書・転職者数の推移
(令和4年版・労働経済白書・転職者数の推移 | 厚生労働省HP)

上記は年間の転職者の推移ですが、年間300万人ほどの方が転職をしています。

先ほども解説しましたが、転職は若い方のほうが有利です。

行動をするのであれば早めがおすすめです。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
     
  • 第二新卒エージェントneo
    【公式】

    学歴や職歴は問われません。20代特化。
     
  • アーシャルデザイン(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で働きたい20代限定。サポートが手厚いです。

仕事に興味が持てないから苦痛…【3つの実践的な対策】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では以下を解説しました。

  • 仕事に興味が持てないのは苦痛?
  • 苦痛!仕事に興味が持てない理由
  • 仕事に興味が持てないから苦痛!3つの対策

最後まで読んでいただきありがとうございます。

仕事に興味が持てないのは、辛いですし苦痛です。

しかし、対策をすることで今の環境から抜け出す事は可能です。

次の記事では転職・退職に関する情報を解説しています。

本記事では紹介していない、無料ツールもあるので興味のある方はぜひ。

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめの転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

【関連記事】

>> 転職回数をごまかす事が出来るのは一部の人のみ【100%バレない嘘】

>> 転職回数が多い20代って何回?【内定を貰う現実的な対策】

>> すぐ辞める人の末路は暗い?【再度正社員になった実体験】

>> 転職失敗は人生の終わり?どん底?【実際の経験や声を紹介】

仕事に興味が持てないから苦痛についてのよくある質問

仕事に興味が持てないから苦痛。どうしたらいい?転職?

仕事に興味が持てないという状態は、仕事へのやりがいも感じられていない状態です。記事内で詳しく解説していますが、仕事関連の情報収集や転職の検討をおすすめします。

興味のない仕事を続けるのはリスク?

興味のない仕事を続けるのもいいのですが、40代や50代で限界が来てしまうかもしれません。そうなってしまうと、興味のない仕事を続けるのはリスクです。年齢が上がれば上がるほど転職の難易度は上がります。

仕事に興味が持てないから辞めたい。

辞めたいのであれば、早めの行動をおすすめします。転職は年齢が少しでも若いほうが有利です。

目次