転職活動

【実際に使った】志望動機なんてねーよを攻略する3つの方法

”志望動機なんてねーよ…”

”志望動機を考えるのが難しい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

 

新卒時の就活や転職活動で志望動機を聞かれることは多いです。

ほぼ100%質問されると言っても過言ではありません。

その為、志望動機を考えることは内定の獲得に直結します。

 

本記事で解説すること

  • 志望動機なんてねーよと思ったことは誰しもある
  • 志望動機なんてねーよを攻略する3つの方法
  • 面接官は無難な志望動機に飽きているかも

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私自身転職活動を複数回行なっていて、志望動機は試行錯誤してきました。

転職エージェントの営業として働いていたこともあるので、実体験から本記事を解説します。

 

志望動機なんてねーよと思ったことは誰しもある【新卒も中途も】

志望動機なんてねーよと思ったことは誰しもある

 

就活や転職活動をしていて”志望動機なんてねーよ”と思ったことは誰しもあると思います。

 

厳密に言うと、みなさん志望動機はあるはずです。

 

しかし、例えば

  • お金が必要だから

という志望動機を企業側は志望動機として認めてくれません。

 

結果”志望動機なんてねーよ”となる訳です。

 

ところが、生活していく為・食べていく為にはお金が必要です。

なのに、多くの企業は「弊社に応募した志望動機はなんですか?」と聞いてきます。

 

 

お金が必要だからと答えてみる

 

その面接での志望動機に「お金が必要だからです!」と答えても、おそらく不採用です。

 

お金=給料は、すべての業界のどんな職種で働いても得られるからです。

そうなると次の答え方はどうでしょうか。

 

 

御社が応募していたからと答えてみる

 

「御社が求人を出していたので応募しました!」

個人的にですが、次の企業の面接はこれで答えようかなと思ったことが何度もあります。

 

そちらが”人材が欲しい!”という状況だったのでこちらは応募をした。

にも関わらず、なぜ応募したのか聞いてこられたら「志望動機なんてねーよ…」と言いたくもなります。

 

例えば、地域のボランティアに参加した際に「なぜ今回参加してくれたんですか?」と聞かれたとします。

それに対して「ボランティア募集というチラシを見たので…」と答えても全然ありですよね。

おそらくボランティアを募集した側は、

そうなんですね!ありがとうございます!

で済むはずです。

 

しかし、新卒の就活や転職活動ではそうならず、おそらく不採用になります。

 

 

面接なんかに答えには無い

 

本記事では繰り返しますが、面接に答えはありません。

”これを言ったら絶対に内定が貰える!”という答えは存在しません。

 

なので、面接で何を答えるかは基本自由です。

 

面接官から志望動機を聞かれて、

「お金が貰えるからです!」

「御社が求人を出していたからです!」

と答えてもいいです。

 

不採用の可能性が高いだけで、100%不採用かというとそうではありません。

 

面白い人だな

と好印象を持たれる可能性も0ではありません。

 

面接官も色々な人がいて、様々な感性を持っています。

ただ”少し無難な答えのほうが採用される確率は高いよね”ということです。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズキャリア(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    女性特化型なので、必然的に女性を採用したい企業が分かります。
  • 就職Shop(転職エージェント)
    【公式】
    https://www.ss-shop.jp
    学歴や職歴は問われません。20代特化。
  • ポジウィルキャリア(有料キャリア)
    【公式】
    https://www.posiwill.co.jp
    20代〜30代が利用可能。転職エージェントとは違った目線のアドバイスが欲しい方向け。(無料相談有り)

 

企業が志望動機を聞く理由

企業が志望動機を聞く理由

 

そもそもなぜ企業は志望動機を聞くのでしょうか。

 

先ほども解説しましたが、『働きたい人集まってくださいー!』と企業が募集をしたから応募した訳であって。

いざ、こちらが応募すると「御社の志望動機はなんですか?」と聞かれるのって結構謎な状態だと思います。

 

企業が志望動機を聞く理由として考えられるのが以下の3つです。

  1. 志望度や熱意が知りたい
  2. 多くの企業からなぜ弊社なのかを知りたい
  3. 面接を受けてきた人の能力が知りたい

順に解説します。

 

志望度や熱意が知りたい

 

志望動機を聞く理由として第一に挙げられるのが、志望度や熱意が知りたいという理由です。

 

やはり、企業側からすると熱意を持って長期間働いてくれる人材が欲しいのは当然です。

「御社の志望動機はなんですか?」という質問から志望度や熱意を探ります。

 

 

多くの企業からなぜ弊社なのかが知りたい

企業規模別企業数の推移

出典:2020年版 中小企業白書・小規模企業白書 概要-中小企業庁

 

上記は日本にある企業数のグラフですが、日本には300万社以上の企業が存在しています。

これだけの企業数があれば、採用する企業側も”なぜ弊社なのか”を知りたくなるのは必然かもしれません。

志望動機の答え方では【どこの企業でも良かった感】を出さないことは結構重要です。

 

 

相手に分かりやすく伝えることが出来るかなど能力が知りたい

 

志望動機は長所や短所などと異なり、答えの幅が広いのが特徴です。

ということは、どのように答えるかは自分次第となっていきます。

 

企業の中には志望動機の中身というより、”この人は相手に分かりやすく伝えることが出来るか”などの能力を知る指標にしている場合があります。

だからといって、志望度や熱意が低いと感じられそうな志望動機では受かることはまず出来ないと思います。

 

 

志望動機なんてねーよを攻略する3つの方法

志望動機なんてねーよを解決する方法

 

志望動機なんてねーよを攻略する為には以下が必要です。

 

志望動機なんてねーよを攻略する方法

  • 職種・業種を深掘りしていく
  • 企業のHPやSNSを調べる
  • ”なぜ”を繰り返し行なう

 

①と②に関しては、特に難しいことではありません。

③を行なうのはかなり有効で、志望動機なんてねーよ状態から抜け出せる可能性は高いです。

 

なので、③のみ詳しく解説します。

 

 

”なぜ”を繰り返し行なう

 

"なぜ"を繰り返し行なうことで、その企業独自の志望動機が見つかるかもしれません。

具体的な方法はシンプルですが紹介します。

 

  • 〇〇株式会社に応募しよう!
    なぜ?
  • なんか良さそうだから!
    なぜ、なんか良いと思った?
  • 仕事内容が少し楽しそうかなと思えた!
    なぜ、楽しそうだと思えた?
  • 〇〇と〇〇業務に惹かれたからかな
    なぜ、〇〇と〇〇の業務に惹かれた?
  • 数年前に□□を好きになったのがきっかけかな

といったように、”なぜ”を繰り返しながら自問自答していきます。

 

上記の方の最初の志望動機は、

「なんか良さそうだから!」といった志望動機なんてねーよ状態でした。

 

しかし”なぜ”を繰り返す中で、

「数年前の□□がきっかけで△△を好きになり、御社の仕事内容である〇〇と〇〇業務をやってみたいと思ったからです!」

という志望動機が考えられるようになります。

 

 

志望動機には【具体性と独自性】が重要

 

先ほど紹介した志望動機は、志望動機なんてねーよ状態と比べると少しマシな状態になりましたが、まだ不十分です。

 

志望動機を考える中で重要なのが、【具体性と独自性】を加えることです。

興味のある方は下記記事を参考にしてください。

 

NEXT >>面接対策で重要な4つの質問【転職時に99%聞かれました】

 

 

志望動機のおすすめの話し方【番外】

 

番外の話になりますが、志望動機なんてねーよ状態が解決出来た方は、PREP法で志望動機を伝えることをおすすめします。

 

PREP法とは以下のような文章構成・話し方です。

PREP法は主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法であり、簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられる。

PREP法における「PREP」とは以下の

  • P=Point(結論)
  • R=Reason(理由)
  • E=Example(事例、具体例)
  • P=Point(結論を繰り返す)

の頭文字を取っている。

引用:PREP法 - Wikipedia

つまり、「志望動機は〇〇です」など結論を言い、その後に理由や具体例を付け加えていく方法です。

 

上記の引用部分にもありますが、PREP法は説得力が増しますし相手にも伝わりやすいです。

志望動機を伝える以外にも使える方法なので、ぜひ活用してみてください。

 

 

面接官は無難な志望動機に飽きているかも

面接官は無難な志望動機に飽きているかも

 

先ほど、無難な志望動機の作り方を解説しておきながら申し訳ないです。

 

面接官は無難な志望動機に飽きている場合があります。

 

 

特に新卒の就活時や大企業の面接官

 

新卒の就活時や大企業の面接では多くの方が面接に来ます。

 

企業の採用担当者によっては、1日に個人面接を3回行なったり、集団面接の場合だとその日の面接者が数十人になります。

そんな中、無味無臭な志望動機を繰り返し聞いた結果、面接官が飽きてしまうのも当然です。

 

特に新卒の就活時の個人面接で、

「アルバイトではリーダーを任されていて、その経験を御社で生かせると思い志望しました」というような回答が3人連続で続いた時には、

「もういいよ…」となる面接官がいても不自然ではありません。

 

 

シンプルな志望動機でも受かる可能性がある

 

先ほども解説しましたが面接に答えはありません。

 

なので、以下のような志望動機でも面接を通過する可能性があります。

 

シンプルな志望動機の例

  • 「〇〇という職種はかっこいいと思ったからです!」
  • 「小さい頃から憧れの職業だったからです!」
  • 「勘です!」

これらの志望動機でも通過する可能性は0ではありません。

志望動機なんてねーよと思っている方は、シンプルな回答もありだということは念頭に置いておきましょう。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズキャリア(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    女性特化型なので、必然的に女性を採用したい企業が分かります。
  • 就職Shop(転職エージェント)
    【公式】
    https://www.ss-shop.jp
    学歴や職歴は問われません。20代特化。
  • ポジウィルキャリア(有料キャリア)
    【公式】
    https://www.posiwill.co.jp
    20代〜30代が利用可能。転職エージェントとは違った目線のアドバイスが欲しい方向け。(無料相談有り)

 

ちなみ「勘です!」に関しては、前後の文脈があり質問の流れの中での答えです。

興味のある方は下記記事をどうぞ。

 

NEXT >>志望動機が思いつかない方は3つの方法を試す【異業種で特に重要】

 

 

志望動機なんてねーよを攻略する3つの方法【就職・転職】:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 志望動機なんてねーよと思ったことは誰しもある
  • 志望動機なんてねーよを解決する方法
  • 面接官は無難な志望動機に飽きているかも

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

志望動機の答え方で内定獲得の可能性は高まります。

しかし、面接官によって志望動機の捉え方はそれぞれで明確な正解はありません。

試行錯誤をしていくことが重要です。

 

もしも、大手の転職サイトのみしか使っていない方はマイナーな転職サイトも使うべきです。

次の記事では大手だけでなく、マイナーな転職サイトを紹介しています。

転職サイトはリクナビやマイナビだけではありません。

 

NEXT

>> おすすめの転職サイト・エージェント【早期退職の経験があっても正社員になれる】

 

 

 

【関連記事】

>> 面接で嘘をつくと内定が貰える?【熱意が伝わらなかった理由】

>> WEB面接でおすすめのマイク・ヘッドセット【音質が最重要】

>> WEB面接とは?zoomが必要?【その他のツールや流れも紹介】

>> 面接嫌いを克服するシンプルな方法【練習相手は〇〇】

>> 実際に最終面接でされた質問と具体的な対策【企業の弱みを探す理由】

>> 転職回数をごまかす事が出来るのは一部の人のみ【100%バレない嘘です】

>> 面接に行きたくないけど断り方は電話かメール?【無断欠席のデメリット】

-転職活動

© 2021 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5