工場勤務 転職 面接

工場の面接での服装はスーツ?志望動機はどうしたらいい?

工場の面接での服装はスーツ?志望動機はどうしたらいい?

”工場の面接はどんな服装でどんな髪型が良い?”

”工場未経験なんだけど、志望動機はなにを答えればいいの?”

本記事ではこれらの声に答えていきます。

 

面接では他人との差別化が重要になっていきます。

しかし、工場の面接においては他人との差別化がしやすいです。

 

本記事で解説すること

  • 工場の面接の服装は服装は?スーツ?
  • 工場の面接で受かるために必要な3つのこと

実体験からこれらを解説していきます。

 

 

工場の面接の服装は?スーツ?

考える男の子

 

私自身も工場の面接を受けた経験があり、内定を貰ったことがあります。

本記事で紹介することは、基本的に実体験です。

 

 

絶対にスーツで行ったほうが良い

 

工場の面接は絶対にスーツで行ったほうが良いです。

 

実際に私は工場の面接はスーツで行きましたが、

わざわざ、スーツで来てくれた子はいつぶりだろう

といった言葉を掛けられました。

 

”スーツなんか着るのめんどくせーなぁ…”と思う方。

工場から内定を貰い、いざ工場で働くとスーツを着ることはほとんど無くなります。

内定を貰うために面接の時だけは我慢してスーツで行くことをおすすめします。

 

 

髪色は黒がおすすめ

 

男性の髪色は黒で、女性の方はあまり明るすぎなければOKだと思います。

 

工場の面接も一般企業の面接と同じと考えるべきです。

さらに先ほどのスーツと同様ですが、工場勤務が始まればどんな髪色にしても大丈夫です。

 

 

他人と差別化ができる

 

工場の面接では他人との差別化が簡単に出来ます。

 

工場の面接を受ける大半の方は私服で行きますし、奇抜な髪色で面接を受けます。

その中で、服装はスーツで髪色も黒という格好で面接を受けるだけで、他人との差別化が出来ます。

 

工場などの会社にとって、誰かを雇うことは重要なことです。

 

内定が貰いやすいのはどっち?

  • 面接に金髪・私服で来た人
  • 面接に黒髪・スーツで来た人

内定が貰いやすいのは、圧倒的に面接に黒髪・スーツで来た人です。

そちらの人のほうが抽象的ですが”ちゃんとしている”という印象が明らかに強いです。

 

他人よりも良い印象を与えることは、工場の面接では難しくありません。

 

 

工場の面接に受かるために必要な3つのこと

工場の面接に受かるために必要な3つのこと

 

工場の面接で受かるために必要な3つのことを紹介します。

  1. 履歴書は手書き
  2. 志望動機は社員の言葉を引用
  3. 工場の面接は熱意が重要

事例を交えながら解説していきます。

 

 

履歴書は手書きが好印象

 

”手書きは当たり前じゃん!?”

そう思った方はここは飛ばしても大丈夫です。

 

なぜか、工場の面接には手書きの履歴書を持って行かない方が多いです。(私の知り合いも手書きの履歴書ではありませんでした)

 

手書きって効率悪いし、めんどう・・・。

 

正直、私も同じ気持ちです。

 

PCで作成すれば、間違って書いてもすぐに修正出来ますし履歴書の紙が無駄にならないですし。

しかしこの考えは、比較的年齢が若い方に多い考えです。

 

反対に、工場の面接官は50代~60代の方が多く、履歴書の手書きが当たり前の世代です。

 

面倒ですが、いつもPCで履歴書を作成していた人は手書きにすることをおすすめします。

履歴書もスーツや髪色と同様に他人との差別化です。

 

 

志望動機は社員の言葉を引用するのがベスト

 

志望動機は求人や工場のHPに載っている社員の言葉を引用しましょう。

 

例えば、”毎日同じものを作るということがないので、新鮮な気持ちで取り組めます。そのため長く経験を積んだ今でも、面白味を感じられる仕事です。”

という文言が工場のHPに載っていたとします。

その場合、そのHPの文言を引用して志望動機を作ります。

 

【志望動機例】

志望動機は、御社のHPに掲載されている〇〇様がおっしゃっていた”毎日同じものを作るということがない”という点です。私自身モノづくりに興味がありますが、ライン作業といった同じことの繰り返しは正直厳しいかなと思っています。ですが、御社の仕事内容は同じことの繰り返しではないモノづくりということなので、御社で働きたいと思いました。

少し粗い志望動機ですが、このように工場の社員の言葉を引用して志望動機を作ってみてください。

工場は社員同士の結束が固いので、”1人の社員のこの言葉に感銘を受けました”という言葉がかなり有効だったりします。

 

 

工場の面接は熱意が重要

 

工場の面接では学歴はまったく重視されません。

さらに、その以前の早期退職の経歴などといった過去の職歴もあまり気にしません。

 

工場の面接では熱意が重要です。

 

工場では若い方が慢性的に不足しているところが多く、年齢が20代~30代くらいであれば、書類選考は通るので、面接まで行くことは難しくありません。

だからとって、100%内定が貰えるかと言ったらそうでもありません。

実際、私が働いていた工場では若い方も不採用にしていました。

 

”ここで働きたい!”という熱意をしっかり伝えることだけは忘れないようにしましょう。

 

下記は工場に特化した転職(求人)サイトです。興味のある方はぜひ。

 

NEXT >>【工場ワークス】短期から長期まで全国に求人多数!

 

 

【番外】面接後の工場見学での注意

 

面接終了後に工場内見学を勧められることがあります。

その際の注意点ですが、”この機械に興味がある”と軽く口にするのは避けたほうが良いです。

 

採用された際に「そういえばこの機械に興味があるって言ってたよね」とその機械の担当になってしまったりします。

本当に興味があれば良いのですが、話の流れでなんとなく「やってみたいですねー」や「興味あります」といったことは言わないほうが良いです。

 

補足ですが、工場内見学は必ず行ないましょう。

採用担当側から工場内見学を勧められなかった場合は、こちらから工場内見学を頼むべきです。

 

なぜなら、工場内見学をすることで3Kが判断出来ます。(3Kとは、きつい・汚い・危険を指します)

詳しくは下記の記事で解説しているので、興味のある方はぜひ。

 

NEXT >>臭い?きつい?ゴム工場で働いた実体験【メリットも解説】

 

 

工場の面接での服装はスーツ?志望動機はどうしたらいい?

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 工場の面接の服装は服装は?スーツ?
  • 工場の面接で受かるために必要な3つのこと

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

工場での面接では差別化がしやすいです。

”工場だから服装とか関係ないでしょ”という方も、面接の時には我慢をして内定を貰うべきです。

 

 

NEXT

工場の正社員はきつい?
工場の正社員ってきつい?実際どうなの?【経験談を併せて解説】

続きを見る

使いやすい?工場ワークスの評判・口コミ【関東や関西の求人が多い】
使いやすい?工場ワークスの評判・口コミ【関東や関西の求人が多い】

続きを見る

臭い?きつい?ゴム工場で働いた実体験
臭い?きつい?ゴム工場で働いた実体験【メリットも解説】

続きを見る

 

-工場勤務, 転職, 面接

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5