職種

工場の面接で内定を取る為の2つの差別化【結構簡単です】

 

・”工場の面接はどんな服装でどんな髪型が良い?”

・”工場未経験なんだけど、面接でなにを答えればいいの?”


本記事ではこれらの声に答えていきます。

 

面接では他人との差別化が重要になっていきます。

しかし、工場の面接においては他人との差別化がしやすいです。

 

本記事で解説すること

  • 面接の服装は私服?スーツ?
  • 履歴書はコピーよりも手書き
  • 工場未経験者の面接対策

実体験からこれらを解説していきます。

 

 

スポンサードサーチ

工場の面接で内定を取る為の2つの差別化

就職活動や転職活動では、他人との差別化が必要です。

誰かと同じことをしても意味がありません。

 

工場での面接でも、他人との差別化は有効な手段です。

 

【工場の面接での差別化①】服装は私服?スーツ?

 

結論ですが、面接にはスーツで行くべきです。

なぜなら工場の面接には、私服で行く人が大半の為です。

 

実際に工場で勤務をすると、営業職ではない限りスーツを着ることはほぼありません。

その為、服装にとやかく言われることもありませんが、面接という場は状況が異なります。

会社にとって、誰かを雇うということは重要なことです。

 

  • 面接に私服で来た人
  • 面接にスーツで来た人

あなたが面接官だとして、私服で来た人とスーツで来た人のどちらの印象が良いでしょうか。

スーツで来た人のほうが、抽象的ですが”ちゃんとしているイメージ”を抱きやすいです。

余談ですが心理学的には、スーツを来ているほうが説得力が増すとも言われています。

 

私は工場の面接をスーツで受けたことがあります。

わざわざスーツで来てくれた子はいつぶりだろう

と社長はおっしゃっていて、結果的に内定を貰いました。

 

工場の他にもSEや私服で勤務をする職場では、スーツで面接に行くことをおすすめします。

スーツで来てくれてありがとう!

とお礼を言われるケースもあります。

 

服装から脱線しますが、髪型も出来れば面接の場に合うようにしたほうが良いです。

工場なら、入社してから伸ばすなり染めるなり好きに出来ます。

 

【工場の面接での差別化②】履歴書は手書き

 

”当たり前じゃん!?”

そう思った方はここは飛ばしても大丈夫です。

なぜか、工場の面接には手書きの履歴書を持って行かない方が多いです。(私の知り合いも手書きの履歴書ではありませんでした)

 

手書きって効率悪いし、めんどう・・・。

 

正直、私も同じ気持ちです。

 

PCで作成すれば、間違って書いてもすぐに修正出来るし、履歴書の紙が無駄にならないし。などの不満がありますよね。

これは、比較的年齢が若い方に多い考えです。

 

反対に、工場の面接官は50代~60代の方が多く、履歴書の手書きが当たり前の世代です。

 

面倒ですが、いつもPCで履歴書を作成していた人は手書きにすることをおすすめします。

履歴書も、面接時のスーツと同様に他人との差別化です。

 

工場の面接では熱意が重要【学歴は不必要】

面接会場

 

工場の面接で1番重要なのはこの工場に入社したいという熱意が重要です。

その為、工場の面接では、学歴や職歴をあまり気にしない傾向があります。

工場では若い方が慢性的に不足しているところが多く、年齢が20代~30代くらいであれば、書類選考は通るので、面接まで行くことは難しくありません。

 

詳しくは下記の記事で解説しています。

>>きつい・汚い・危険?工場の正社員ってどうなの?【経験談も併せて解説】

 

”この工場でなぜ働きたいのか”を伝えることは面接ではとても重要です。

工場の面接では学歴や関係の無い職歴を見ない分、熱意が重視されます。

 

さいごに【工場の面接は差別化がしやすい】

STARTからGOALのコピー

工場での面接では差別化がしやすいです。

”工場だから、服装とか関係ないでしょ”と思っても、面接の時には我慢をして内定を貰うべきです。

実際に利用した転職サイト

■工場求人特化転職サイト(無料)

ものづくり業界で未経験から正社員【工場ワークス】

>>工場ワークスの口コミ・評判【メリット・デメリットとは】

 

本記事が役に立てていれば嬉しいです。

では、また。

 

人気記事:20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

-職種

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5