サラリーマン人生がつまらないと感じた実体験【10の理由】

サラリーマン人生がつまらないと感じた実体験【10の理由】

”サラリーマン人生がつまらない…”

”つまらないサラリーマン人生を抜け出すためにはどうしたらいい…?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

サラリーマンの人生というのは、人によってはかなりつまらないです。

しかし、そのつまらない原因から抜け出すことは可能です。

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職した経験があり、サラリーマンがつまらないと感じることもありました。

本記事で解説すること

  • サラリーマン人生がつまらないと感じていた実体験
  • サラリーマン人生がつまらない理由10選
  • サラリーマン人生がつまらないときの5つの対策

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

サラリーマン人生がつまらないと感じていた実体験

サラリーマン人生がつまらないと感じていた実体験

冒頭でも紹介していますが、私は数社でサラリーマンの経験があり、現在もサラリーマンです。

しかし、実際に働いた企業の中には”サラリーマン人生ってほんとつまらないな…”と感じた企業がありました。

それが以下です。

  1. 同じ毎日の繰り返しがつまらない
  2. 仲の良い上司がいないからつまらない
  3. 数字を追うだけのサラリーマン人生がつまらない
  4. やりたい仕事ではないことに気付いてしまった
  5. 退社時間が分からないサラリーマンが人生がつまらない

順に解説します。

同じ毎日の繰り返しがつまらない

サラリーマン人生がつまらない王道の理由です。

同じ毎日の繰り返しといっても、単純作業の仕事をしていなければ毎日の業務は細かく違うかもしれません。

ですが、基本的にサラリーマンは同じ毎日の繰り返しですよね。

朝起きて→朝ご飯を食べて→出勤して→昼休憩をとり→退勤して→夜ご飯を食べて→寝る。この繰り返しです。

でも、サラリーマン以外の人もこの繰り返しだよね?

確かにサラリーマン以外の方も先ほどの毎日を繰り返します。

ですが、サラリーマンは主婦の方やフリーランスの方とは異なり、働いている時間の中での自由がまったくありません。

サラリーマン人生はこれがつまらないです。

例えば、フリーランスであれば自由な時間に休憩が取れますし、”今日はこれくらいでやめようかな!”といったことも可能です。

しかし、サラリーマンは出社から退勤まで、会社の歯車の中で動くしかありません。

仲の良い上司がいないからつまらない

ここからは、サラリーマン人生がつまらない原因の王道とは外れていきます。

とある会社で仲の良い上司ができ、その会社ではその上司がいるから頑張れていました。

仕事を優しく教えてくれるだけでなく、冗談も言い合える仲で、相手があまりにボケてくる日はタメ口でツッコンだりもしていました。

しかし、プライベート上での理由から退職し、別の会社に転職します。

その会社では当然仲の良かった上司はいません。

さらに、前の会社は男性社員しかいなかったのでまったく気を使わずにコミュニケーションが取れていましたが、次の会社は女性社員しか基本的におらず、男性社員は1人のみ。

ですが、

男性

女性しかいない職場なんて最高じゃない?

といった男性の方がいるかもしれませんが、私にとっては最高ではありませんでした。

やはり、同性のほうが気を使わなくて済むので、サラリーマン人生が楽です。(個人的な感想です)

さらに、一度でも気が合う上司や同僚と出会ってしまうと、転職先でもその人達と比べてしまいます。

その結果、”サラリーマン人生ってつまらないな…”と感じていました。

数字を追うだけのサラリーマン人生がつまらない

私は営業職で働いていたことがありますが、その会社は営業だから入社をした訳ではありませんでした。

営業の部分ではなく、その他にやりがいが感じられそうだったので入社を決めました。

しかし、実際に働いてみると、数字数字数字。

とにかく営業利益のみを追っていく毎日。

この時のサラリーマン人生はとにかくつまらなかったです。

仕事中はつまらなくて当たり前ですが、出勤は憂鬱で、土曜・日曜などの休日もテンションが下がったままでした。

今になって思いますが、休みの日もテンションが上がらないのは精神的にかなり危険です。

もしも、同じ思いをしている方がいれば、早めに退職や転職をすることをおすすめします。

やりたい仕事ではないことに気付いてしまった

先ほどの営業職での経験の続きですが、働き始めてすぐに

”やりたい仕事じゃない…”

と気付いてしまいます。

後で解説しますが、仕事は続けている内に楽しくなることがあります。

なので、”サラリーマン人生がつまらない”と感じながらも、1つの会社で働き続けるのはメリットがあります。

ですが、やりたい仕事ではないことに気付いてしまうと、その会社で働いている人生の時間がもったいないと感じる可能性があります。

どうせ同じ時間を費やすのであれば、つまらないサラリーマン人生は避けたいです。

退社時間が分からないサラリーマン人生がつまらない

タイトルだけ見ると、どういうことかよく分からないですよね。

退社時間というのは当然、就業規則で決まっています。

しかし、実際に私が働いていた会社の中には、『みんなで働いて・みんなで帰る』というスタンスの会社がありました。

なので、この会社は残業をする際は全員で残業をする形です。

こういった会社だと、その日の退社時間を自分で決めることは不可能です。

さらに、私が経験した会社の場合は、残業の有無が決まるのは15時ごろでした。

退社時間が分からないと、仕事以外の予定をいれることが出来ないので、プライベートが無くなります。

この時のサラリーマン人生はかなりつまらないものでした。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • アーシャルデザイン(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で働きたい20代限定。サポートが手厚いです。

サラリーマン人生がつまらない理由10選

サラリーマン人生がつまらない理由10選

サラリーマン人生がつまらないと思うのは人それぞれです。

SNSやネットで調べた、サラリーマン人生がつまらないという理由は以下です。

  1. 自由がない
  2. 転勤がある
  3. 給料・年収が低い
  4. 上司との相性が悪い
  5. 頑張っても評価がされない
  6. プライベートの時間が少ない
  7. そもそもその業界に興味がない
  8. 利益を出しても給料に反映されない
  9. やりたい仕事ができない・させてもらえない
  10. サラリーマンだから

いくつか抜粋して解説します。

1:自由がない

サラリーマンには基本的に自由がないです。

サラリーマンに自由がない例

  1. 毎朝同じ時間に起きなければいけない
  2. 毎朝満員電車に乗らなければいけない
  3. 働く場所が決まっている
  4. 働く時間が決まっている
  5. リモートワークの許可が下りない
  6. 休みが取れない
  7. やりたくない仕事をする
  8. 一緒に働く人を選べない

など、サラリーマンの自由の無さを挙げだすとキリがありません。

上記の自由の無さは会社ごとに異なりますが、あまりにも自由がない環境は”サラリーマン人生がつまらない”と感じるはずです。

2:そもそもその業界に興味がない

上記の方のツイートのように、サラリーマンがつまらない原因がその業界にあることがあります。

  1. 元々その業界に興味がない
  2. 業界に興味があったが働いている内になくなった

いずれかのケースが考えられますが、どちらにしてもサラリーマン人生がつまらないです。

興味がない業界で働いていると、いくら仕事を続けてもやりがいや楽しさを感じません。

そうなってしまうと、サラリーマンの人生自体がつまらないものになります。

『業界に興味があったが働いている内になくなった』という方は、別の業界へ進む一つのきっかけかもしれません。

3:サラリーマンだからつまらない

『サラリーマン人生がつまらない』というより『サラリーマンだから人生がつまらない』のかもしれません。

どんな仕事でも同じですが、人には合う仕事と合わない仕事があります。

もしかすると、あなたに合わない仕事がサラリーマン自体かもしれません。

以下からサラリーマン人生以外の選択肢も解説しているので、興味のある方は覗いてみてください。

サラリーマン人生がつまらないときの5つの対策

サラリーマン人生がつまらないときの5つの対策

サラリーマン人生がつまらないときには5つの対策があります。

  1. つまらないけど続けてみる
  2. 副業を始めてみる
  3. 自身のコミュニケーション能力を上げる
  4. 退職をして無職を経験する
  5. まったく別の業界へ転職する

こちらも順に解説します。

つまらないけど続けてみる

まず、サラリーマン人生がつまらないと感じたら、今後も続けられるか否かを考えることをおすすめします。

というのも、先ほども解説した通り、仕事は続けていると楽しくなることがあります。

業務のコツを掴んだなど、どこかのタイミング・何かのきっかけで仕事がつまらないものでは無くなるかもしれません。

ですが、人には当然限界があります。

ちょっとこの仕事を続けるのは無理だな…。

と思うのであれば、無理して続ける必要はありません。

副業を始めてみる

つまらないサラリーマン人生を続ける理由は、生活の為ではないですか?

だとすれば、他に収入があればつまらないサラリーマンから抜け出せる状況が作れます。

サラリーマンをしながらの副業は、簡単なものから始めるのがおすすめです。

特にクラウドソーシングでの仕事は、簡単なライティングやあなたの強みを活かせる仕事が見つかるはずです。

ちなみに以下が有名なクラウドソーシングサイトです。

何か得意なことやスキルがある方は、クラウドソーシングにチャレンジしてみる価値はあります。

さらに、より簡単に副収入を得たい方はポイ活という方法もあります。

ポイ活では、生活の中でポイントを貯めながら副収入を得ることができます。

以下がそのポイ活サイトです。

どれも無料で利用できるので、興味のある方は試してみてください。

40代以上限定のライフシフトラボでつまらないサラリーマンから抜け出す

40代以上の方は、若い方に比べて多くの経験やスキルがあるはずです。

その経験・スキルをつまらないサラリーマン人生に浪費するのは、もったいないです。

というキャリアスクールでは、40代以上限定で副業の提案をしてくれます。

その提案は、配達・データ入力など、特別なスキルがなくてもできるものではありません。

あなたの経験・スキルがあるからこそできる副業を一緒に考えてくれます。

無料カウンセリングもしているので、興味のある方はを覗いてみてください。

自身のコミュニケーション能力を上げる

サラリーマン人生が会社の人間関係によってつまらない方は、自身のコミュニケーション能力を上げると改善されるかもしれません。

特に、

  1. 人見知り
  2. 人と会話をするのが苦手

上記のどれかに当てはまる場合は、あなたのコミュニケーション能力次第で職場の人間関係が変わる可能性が高いです。

しかし、コミュニケーション能力を自分ひとりで改善するのは難しいですよね。

もしも、コミュ二ケーション能力を効率良く上げたいのなら、というビジネススクールがおすすめです。

公式HP:

コミュトレの無料カウンセリングを、職場の悩みや相談を聞いてもらう場として使うのもありです。

>> コミュトレの評判はこちら

退職をして無職を経験する

これは無職を経験したことが無い方限定です。

おそらく、今サラリーマン人生がつまらない方はサラリーマンのデメリットしか見えていないはずです。

つまらないサラリーマン人生を一度辞めてみて、無職を経験してみてください。

実際に経験してみると分かりますが、無職にもメリットとデメリットがあります。

無職のメリット・デメリットが身を持って分かると、それと同時にサラリーマンだったメリットも肌で感じます。

その経験をすると、

サラリーマンってつまらない人生だと思っていたけど、そんなことないかも…!

と思えるかもしれません。

サラリーマンを辞めると空白期間ができるので、転職活動が不利にはなります。

ですが、無職を経験した人生は結構貴重です。

まったく別の業界に転職する

つまらないサラリーマン人生は、今働いている業界が原因かもしれません。

であれば、まったく別の業界に転職することで楽しいサラリーマン人生が待っているかもしれません。

業界例

  1. 電気・ガス・水道業
  2. 情報通信業
  3. 製造業
  4. 建設業
  5. 複合サービス事業
  6. 教育、学習支援業
  7. 運輸業・郵便業
  8. 不動産業・物品賃貸業
  9. 卸売業・小売業
  10. サービス業
  11. 宿泊業・飲食サービス業

など、世の中には無数の業界があり、国内には300万社を超える企業があります。

転職をするのであれば、基本敵に少しでも年齢が若いほうが有利です。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • アーシャルデザイン(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で働きたい20代限定。サポートが手厚いです。

サラリーマン人生がつまらないと感じた実体験【10の理由】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • サラリーマン人生がつまらないと感じていた実体験
  • サラリーマン人生がつまらない理由10選
  • サラリーマン人生がつまらないときの5つの対策

最後まで読んでいただきありがとうございます。

サラリーマン人生がつまらないのは、今の会社があなたに合っていないだけかもしれません。

別の会社であれば、今のつまらない人生から抜け出せる可能性があります。

次の記事では転職や退職関連の記事を紹介しています。

本記事では紹介していない無料ツールもあるので、興味のある方はぜひ。

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめの転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

サラリーマン人生がつまらないに関してよくある質問

サラリーマン人生がつまらない原因ってなに?

SNSやネットで調べた、サラリーマン人生がつまらない原因は以下です。

  1. 自由がない
  2. 転勤がある
  3. 給料・年収が低い
  4. 上司との相性が悪い
  5. 頑張っても評価がされない
  6. プライベートの時間が少ない
  7. そもそもその業界に興味がない
  8. 利益を出しても給料に反映されない
  9. やりたい仕事ができない・させてもらえない
  10. サラリーマンだから

このようにサラリーマン人生がつまらない原因は人それぞれです。

サラリーマン人生がつまらない場合はどうするべき?

サラリーマン人生がつまらない場合の対策は大きく5つです。

  1. つまらないけど続けてみる
  2. 副業を始めてみる
  3. 自身のコミュニケーション能力を上げる
  4. 退職をして無職を経験する
  5. まったく別の業界へ転職する

記事内で詳しく解説しています。

目次