おとなしい人が突然辞めるのは論外?【上司は99%驚く】

おとなしい人が突然辞めるのは論外?【上司は99%驚く】

”おとなしい人が突然辞めるのって有り…?”

”おとなしい人が突然辞める方法が知りたい!”

本記事では、これらの声に答えていきます。

おとなしい人が突然辞めるというのはどの職場でも起こり得ます。

あなた自身がおとなしい人であれば、”突然辞めるって言ってきたな…”と上司が思うのはほぼ間違いありません。

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職をした経験があり、誰にも相談せずに突然退職を切り出したこともあります。

本記事で解説すること

  • おとなしい人は突然辞めると思われがち
  • おとなしい人が突然辞めるのは論外?
  • おとなしい人が突然辞める方法

本記事ではこれらを解説していきます。

目次

おとなしい人は突然辞めると思われがち

おとなしい人は突然辞めると思われがち

おとなしい人は突然辞めると思われがちです。

まず、他人から見るとおとなしい人は以下のように見えることがあります。

おとなしい人の特徴

  • 基本的に断らない
  • 自分から意見を言わない
  • 自己主張がまったく無い

など、おとなしい人というのは他人からこのように見られがちです。

しかし、実際のあなたはどうですか?

時には自分の言いたいこともあるし、反論したい場面だってありますよね?

そして、その気持ちは日を増すごとに胸の中に積もっていきます。

ですが、おとなしい人というのは簡単に他人へ胸の内を話すことはありません。

その結果、他人からすると”おとなしい人が突然辞めた”となる訳です。

おとなしい人は人一倍周りに敏感

おとなしい人というのは、人一倍周りに敏感だったりします。

おとなしい人は敏感

  • 他人の顔色に敏感
  • 他人の発言に敏感
  • その場の空気感に敏感

など、おとなしい人はただただおとなしいだけではありません。

しかし、この敏感さはメリットにもデメリットもなります。

例えば、他人の顔色や発言を敏感に察し、”今はこの発言は控えよう”とすることが出来るのはメリットです。

ですが、他人や周りの空気に敏感すぎて”いつも、なにも発言出来ない…”というのはデメリットかもしれません。

そういった状況でも仕事を続けることが出来るのであれば問題はありません。

しかし、おとなしい人というのは『他人にどう思われてるか』も気にしてしまいがちです。

となると、”いつも、なにも発言出来ない…”という状況に耐えられない場合もあります。

そうなってしまうと、おとなしい人が突然辞めるという結果をもたらします。

おすすめの転職サイト・エージェント

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    マイナーな転職サイトは穴場的な求人が見つかります。
     
  • 第二新卒エージェントneo
    【公式】

    学歴や職歴は問われません。20代特化。
     
  • アーシャルデザイン(転職エージェント)
    【公式】

    一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で働きたい20代限定。未経験OKの求人が多いです。

おとなしい人が突然辞めるのは論外?

おとなしい人が突然辞めるのは論外?

”おとなしい人が突然辞めるのは論外?”

と不安な方。

結論として、おとなしい人であっても突然辞めるのは有りです。

まったく問題ありません。

ですが、おとなしい人が突然辞める場合、上司は99%驚くはずです。

そして、おそらく退職を引き止められます。

おとなしい人が突然辞めると上司は引き止める

おとなしい人からすると、

”今日こそは辞めると言うぞ…”

と決心していたかもしれません。

ですが、上司からすると

え、ちょっと待って!辞めたいの!?

となるのは目に見えています。

先ほども解説しましたが、会社でおとなしいあなたは、上司などに愚痴を一つもこぼさなかったはずです。

となると、上司は当然あなたの「辞めたいです!」に驚きますし、退職を引き止めます。

おとなしい人が突然辞めることはまったく問題ありません。

ですが、上司から引き止めにあうことは覚悟しておきましょう。

退職の引き止めに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

興味のある方はぜひ。

>> 退職の引き止めで揺らぐ気持ち【残ったことを後悔した人の声】

おすすめの退職代行

  • 退職代行ガーディアン
    【公式】

    LINEで手軽に依頼が可能。法適合の労働組合が運営しているので安心です。
  • 退職代行ニコイチ
    【公式】

    対応地域は全国で、退職代行実績はトップクラス。
  • 辞めるんです。
    【公式】

    弁護士が監修していますが料金が安く、後払いも可能です。

おとなしい人が突然辞める方法

おとなしい人が突然辞める方法

おとなしい人が突然辞める方法は大きく3つです。

  1. おとなしい人はまず勇気を持つ
  2. 直属の上司に辞める意思を伝える
  3. 退職代行で突然辞める

特別な方法ではありませんが、順に解説します。

おとなしい人はまず勇気を持つ

もしかすると、おとなしい人は以下のような不安があるかもしれません。

  • 辞めるって言った後が不安すぎる…
  • 引き止めにあったら断れないかも…
  • 私が突然辞めたいと言ったら迷惑かも…
  • 突然辞めるなんて言ったら上司はどんな顔をする…?
  • 突然辞めるなんて言ったら上司に怒鳴られるんじゃないか…?

など、突然辞めることについて様々な不安があるかもしれません。

まず、おとなしい人が突然辞める場合は、勇気を持ってください。

先ほども解説しましたが、おとなしい人というのは人一倍周りに敏感です。

しかし、仕事を辞めるということは、誰だって様々な不安に襲われます。

おとなしい人に対して『人の顔色に敏感にならず、辞める意思を伝えましょう!』というのは、無理があります。

人の顔色を気にしたくなくても気になってしまうので。

なので、ここで伝えたいのは『おとなしい人に限らず、辞める意思を伝えるのは誰だって勇気がいる』ということです。

”仕事を辞める時に不安に襲われるのは、自分だけじゃない…!”

と思うと、いくらか楽です。

”みんな通ってきた道なら…!”と勇気が出るはずです。

このように、おとなしい人が突然辞める時は、まず勇気を持つことが必要です。

直属の上司に辞める意思を伝える

本記事を読んでいる方の中には、仕事を辞めた経験が無い方がいるかもしれません。

仕事を辞める際は、まず直属の上司に相談することが重要です。

というのも、最初に相談する相手が直属の上司でなかった場合、かなりめんどうなことになります。

場合によっては、辞める意思を伝えた後に気まずい期間を過ごす可能性があります。

”辞めるのであれば、誰ともぶつかることなく辞めたい!”

という方は、絶対に直属の上司に相談しましょう。

以下の記事では辞めると伝えた後に気まずくならない方法を解説しています。

無難に退職したい方は参考になるはずです。

>> 気まずい退職期間を好転させる3つの方法【辞めるまでの働き方】

退職代行で突然辞める

”とにかく、すぐに仕事を辞めたい…”という方。

退職を切り出すのはかなりの勇気が必要です。

「辞めさせてください」と伝えるのがどうしても出来ないという状況もあります。

できることなら、退職の意思を伝えることから退職に必要なすべての流れを任せたいですよね。

どうしても退職を切り出すことが出来ず、心や体を壊してしまっては元も子もありません。

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しています。

法適合の労働組合となるには労働委員会から一定の基準が認められ、審査を通過する必要があります。

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

>> 退職代行ガーディアンの評判・特徴はこちら

即日で退職が出来るので、退職を切り出すのがどうしても難しい方は退職代行を利用しましょう。

おとなしい人が突然辞めるのは論外?【上司は99%驚く】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • おとなしい人は突然辞めると思われがち
  • おとなしい人が突然辞めるのは論外?
  • おとなしい人が突然辞める方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。

おとなしい人が突然辞めるかどうかは自由です。

というのも、突然と思っているのは他人だけで、あなた自身は突然では無いはずです。

次の記事では転職と退職に関する記事を紹介しています。

無料で使えるツールもあるので、興味のある方はぜひ。

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめの転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

【関連記事】

>> 仕事を辞めてから転職活動

>> プロジェクトの途中で退職・転職は無責任?【損害賠償のケース】

>> 円満退職はどうでもいい時の3つの対策【仕事も適当でOK?】

>> 転職が逃げと感じる3つの理由【その行動は甘え?癖が付く?】

>> 自分だけ仕事量が多い原因ってなに?【割り振りがおかしい】

>> まともな人から辞めていく職場は異常【孤立する可能性】

目次