接客業 転職

接客業でイライラを100%無くすことは不可能【少なくする方法を解説】

接客業でイライラを100%無くすことは不可能

”接客業のイライラをどうにかしたい!”

”接客業のイライラを解消する方法が知りたい”


本記事では、これらの声に答えていきます。

 

本記事で解説することは、主にお客さんに対するイライラ解消法です。

 

接客業でのイライラは必ずと言っていいほど発生します。

私自身も接客業を5年ほど(アルバイト)していたので、理不尽なお客さんにイライラしたことがあります。

その時に実践していた方法を紹介します。

 

 

本記事で解説すること

  • 接客業のイライラを少なくする方法
  • 接客業に向いていない方の特徴

 

 

接客業でイライラしてしまうことは誰しもある

イライラする男女

 

最初に言っておくと、接客業で100%イライラしない方法はありません。

絶対にどこかのタイミングでイライラします。

 

しかし、そのイライラを少なくすることは可能です。

 

以下がその方法です。

【イライラを少なくする為の方法】

  1. 社内で共有する
  2. 嫌なことがあったのかな?思考
  3. 同じ文化の人間とは思わない
  4. 自分のせいではない事を周りに知らせる

 

順に解説します。

 

 

社内で共有する

 

イライラを少なくする為に、まず社内で共有する事をおすすめします。

非常事態

  • お客さんに殴られた
  • 長時間暴言を吐かれた
  • 万引きがあった

これは、非常事態なので必ず社内で共有すると思います。

 

しかし、社内で必ず共有するものでもないことが接客業でも発生します。

小さなイライラ

  • 愚痴を言われた
  • レジでもたもたしていた
  • 説明をしても話が通じない
  • 関係の無いことを長時間話された

など、接客業をしているとお客さんに対して、小さなイライラが発生します。

 

この小さなイライラも、社内で共有するべきです。

 

大々的に社内で共有をしなくても、同僚や上司に相談するといった程度で十分です。

それによって、過去に小さな愚痴を言われたお客さんがまた来店した時にも気持ちは軽くなります。

 

「愚痴を言ってきたのあの人です」と、上司や同僚とお客さんのことを認識出来れば、

「じゃあ、ちょっと今回は私が対応してみるね」となるかもしれません。(ならないかもしれません)

いづれにしても、社内の誰かと情報を共有することで、接客のイライラを少なくすることが出来ます。

 

 

嫌なことがあったのかな?思考

 

理不尽なことをされたり、理解不能な言動をするお客さんがいた場合に、

”なにか今日嫌なことがあったんだろうな…”と考えることで、イライラを少なく出来ます。

 

要するに、【誰しも機嫌が悪い日がある】という考え方です。

 

接客業をしていると、

”私がお客さんの時はレジで必ず「ありがとう」と言おう!”

”あんなお客さんにならず、良いお客さんになろう!”

といった、嫌なお客さんを反面教師にするはずです。

 

しかし、そんな風に思っていても、嫌なことがあった日や気持ちが落ち込んでいる時に、レジで必ず「ありがとう」と言えるかというと疑問です。

人によっては、嫌なことがあった日には罵詈雑言を吐いてしまう方もいます。

そんな時に、”なにか嫌なことがあったんだろうなぁ”と思うとイライラが少し解消されます。

 

 

同じ文化の人間とは思わない

 

同じ文化の人間とは思わないことでイライラが少なくなります。

 

なんだか訳のわからないことを言われたり、急にお客さんが怒り出した時には、

  • この人は異国の人だ
  • 日本の文化を知らない人だ
  • 宇宙人だ

と考えてみてください。

異国の方を批判する訳ではありません。

 

当然ですが日本に来たばかりの外国人は日本の文化を知りません。

例えば、日本人は電車の順番待ちは並んで待ちますが、他の国では電車を並んで待ちません。割り込みが当たり前だったりします。

日本人は割り込みをされるとイラッとしますよね。(私もします)

しかし割り込みをした人が異国の人で、日本の文化を知らないとすると、割り込みをするのもしょうがないですよね。

そういう考え方です。

”なんか理不尽なこと言ってるけど、日本に来たばかりならしょうがないな”

と考えると、接客業のイライラを少なく出来ます。

 

でも、理不尽なことも日本語で言ってくるし、容姿も日本人だから考えにくい。

という方。

その場合は”この人は宇宙人やなにか別の生物だ”と考えてしまいましょう。

 

訳のわからない生物に付き合うことは不可能ですし、日本語なのに話が通じなかったりします。

 

”なんだかよく分からない生き物だけど、対応してみるか!”といった考えが出来ると、接客のイライラはかなり解消されます。

 

 

自分のせいではないことを周りに知らせる

 

これは主にレジでのイライラを少なくする方法です。

 

例えば、レジには5、6人のお客さんが並んでいるのに、お金を出すのが遅いお客さんがいた場合。

その時に、お金を出すのにもたもたするお客さんから目線を外すか別の作業をします。

 

そうすると、レジを待つお客さんは”レジが進まないのはもたもたしているこの客のせい”と認識します。

 

レジや接客に遅れている原因は自分のせいではないと周りに知らせることで、イライラを少なく出来ます。

後ろで並んでいるお客さんから「遅いわー」と小声で言われたり、あからさまなため息を吐かれても気にならなくなります。

レジで接客をされている方にはおすすめの方法です。

 

下記記事で接客業の経験者が感じた、接客業あるあるをまとめています。

>>【接客業あるある】※店員に横柄な態度を取る方は見ないで下さい

 

 

接客業に向いていないかもしれない方の特徴

話し合いする3人

接客業にも向き不向きがあります。

 

どうしても接客業でイライラしてしまう、接客をしていてイライラすることが多いという方は不向きなのかもしれません。

接客業に向いていないかもしれない方の特徴は下記です。

 

  1. マイペース
  2. 報連相が出来ない
  3. 他人に興味がない

 

順に解説していきます。

 

 

マイペース

 

マイペースな方は、接客業には不向きとされています。

 

不向きと言われる原因は、基本的に接客業は相手のペースに合わせることにあります。

 

忙しい時に、ゆっくり話すお客さんにゆっくり付き合うといった、100%相手のペースに合わせる訳ではありません。

しかし、基本的にはお客さんのペースに合わせて接客を行なっていきます。

マイペースな方=ゆっくりしたペースという印象がありますが、せっかちな人もマイペースに該当します。

接客業をしていてイライラが多い方、他人のペースと合わせるのが苦手といった、マイペースが原因かもしれません。

 

 

報連相が出来ない

 

報告・連絡・相談が出来ない方は、接客業には向いていないかもしれません。

 

接客業をしていると様々な人の対応をします。

すると、基本的なマニュアルとは異なる場面に多々出くわします。

その際に、上司への連絡をしなかったり・同僚へ相談しなかった場合、後々困るのはあなた自身です。

少し怒り気味のお客さんに対して、

”これで良いかな…”と自己判断で対応した結果、本社へのクレームや上司が代わりに謝罪ということになりかねません。

報連相は出来る限り行うべきです。

 

 

報連相がしづらい…転職するべき?

 

接客業は対面で色々と言われるので、対応に焦ります。

電話のように保留がしづらく、すぐに答えを出したくもなります。

しかし、その答えに自信が無いにも関わらず【答えっぽいこと】を言ってしまうと後々大きなクレームになったりします。

 

報連相をしづらい職場は存在します。

報告・連絡・相談が出来ないなら絶対転職!とまでは言いませんが、職場の環境を新しくするのは1つの選択肢です。

 

良かったら下記を参考にしてみてください。

 

関連記事:20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

 

 

他人に興味がない

 

他人に興味がない方は接客業には向いていないと言われています。

人と接する仕事なので、当然と言えば当然ですね。

 

しかし、他人に興味がなくても仕事は割り切って出来るという方もいます。

割り切った結果、接客業を10年以上経験している方もいます。

そういった方は、

やりがい

  • 家電に囲まれた環境が好き
  • 洋服に関われているだけで幸せ

といった、接客業とは別の部分でやりがいを見出しています。

逆に、”他人に興味はないし、別にこの職場も好きではない”という方は、別の職種や業界を考えても良いかもしれません。

 

関連記事:転職に役立つ!おすすめ資格講座まとめ

 

 

接客業でイライラを100%無くすことは不可能:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

接客業にはイライラが付きものです。

しかし、

・接客はイライラするけど職場の環境が好き

・接客は好きじゃないけど、別の部分でやりがいを感じる

などの、接客のイライラとは別にその職場の良い部分がある方は、接客業を継続するべきです。

 

”接客業はイライラしかない!”という方は、別の業種や職種を検討したほうがいいかもしれません。

 

>>20代で3社目の私がおすすめの転職サイトとエージェント10選【転職回数多い方必見】

 

>>【未経験OK】オンライン可能なプログラミングスクール3選

 

では、また。

 

-接客業, 転職

© 2020 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5