人間関係の悩み

職場が人手不足すぎて辞めたい!スムーズに退職する4つの方法

職場が人手不足すぎて辞めたい!スムーズに退職する4つの方法

”職場が人手不足だけどつらいし、辞めたい…”

”人手不足の職場を辞めたい場合はどうしたらいい?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

 

人手不足の職場は辞めにくいですよね。

ですが、人手不足の状態したのはあなたではなく会社の責任です。

 

さらに、会社というのは社員が1人いなくなった程度では潰れません。

 

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私は何度か転職をした経験があり、人手不足の部署で働いたこともあります。

 

 

本記事で解説すること

  • 職場が人手不足で辞めたいという方の声
  • 人手不足の職場を辞める方法
  • 人手不足の職場を辞めたいけどなんとなく辞めにくい

本記事ではこれらを解説していきます。

 

 

職場が人手不足で辞めたいという方の声

職場が人手不足で辞めたいという方の声

 

職場が人手不足で辞めたいという方は多いです。

それも当然で、人手不足になると1人当たりの業務量が多くなりますし、なにかとデメリットです。

 

以下からTwitterからの出典で職場が人手不足で辞めたいという方の声を紹介します。

 

 

慢性的な人手不足で辞めたい

 

職場の人手不足で泣いてしまうくらいしんどいという声です。

いつまで働き続けるか考えたほうがいいかもしれません。

 

 

人手不足だと辞めたくても辞めたいと言い出しづらい

 

確かに、あなたが退職すればその分の業務は誰かが行うことになります。

ですが、それはあなたのせいではなく、人手不足にした会社側の責任です。

 

 

人手不足からかイライラしてる

 

人手不足だと異常に忙しくなったりもするので、イライラして当然です。

退職するかどうかを検討するほうが健全かもしれません。

 

 

人手不足だし人が来ない

 

人手不足の職場は人の採用も不得意です。

会社側はただ待っていても集まらないのに、時給や給与もそのままで、なにも策を講じないケースもあります。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズキャリア(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    女性特化型なので、必然的に女性を採用したい企業が分かります。
  • キャリアスタート(転職エージェント)
    【公式】
    https://careerstart.co.jp/
    学歴や職歴は問われません。20代特化。
  • ポジウィルキャリア(有料キャリア)
    【公式】
    https://www.posiwill.co.jp
    無料体験が可能なので試してみるのも有り。20代〜30代は利用可能。

 

人手不足の職場を辞める方法

人手不足の職場を辞める方法

 

人手不足の職場を辞めたいのであれば、1日でも早く退職の意思を伝えましょう。

なぜなら、人手不足の職場を辞めようとすると高確率で引き止めに合います。

 

場合によっては引き止めが長く、退職日も延びる可能性があります。

 

その他人手不足の職場を辞める方法は以下です。

  1. 他にやりたいことがあると伝える
  2. 具体性のない引き止めに納得しない
  3. 辞めたい!とひたすら言い続ける
  4. 念の為に証拠を取っておく

順に解説します。

 

 

他にやりたいことがあると伝える

 

「人手不足で1人あたりの業務量も多くなり、これ以上はつらいので辞めたいです」

といった退職理由でも構いません。

 

ですが、この理由だと上司から「改善するから残ってくれない?」などと引き止めに合う可能性が高いです。

なので、「他にやりたいことがある」と退職理由を今の会社の責任にしないほうが、引き止められる可能性を低くしてくれます。

 

会社側もこちら(会社側)に非が無いのであれば、改善の仕様がありません。

人手不足の職場だから辞めたい!と正直に伝えてもあまりメリットはありません。

 

 

具体性のない引き止めに納得しない

 

職場が人手不足だから辞めたいです。

と正直に伝えた場合。

 

会社側は以下のような提案をしてくる可能性があります。

 

会社(上司など)の引き止め例

  • 引き継ぎが終わるまで働けないか
  • 後任が決まるまで残ってくれないか
  • 人を増やすから残ってくれないか

 

基本的にはこれらの引き止めには納得しないようにしましょう。

というのも、上記の提案は具体性が1つもありません。

 

なので、「引き継ぎが終わるまで働けないか」と言われた際は引き継ぎが終わりそうな期日をしっかりと決めるべきです。

 

そして、「後任が決まるまで残ってくれないか」・「人を増やすから残ってくれないか」という提案に関しては、無視しましょう。

といっても、無視はさすがに厳しいので「いや、もう辞めたいです!」などと返せば大丈夫です。

 

会社側が人手不足解消の提案をした時には、【いつまでに】・【どうやって】・【何人】の採用をするのか具体的な数字や期間を聞くべきです。

それが曖昧なら退職を押し切りましょう。

 

 

辞めたい!とひたすら言い続ける

 

バカみたいなやり方に感じるかもしれませんが、意外と有効な手段です。

会社によっては、引き止めがかなりしつこい場合があります。

 

その場合には「いや、もう辞めさせてください…」とひたすら言い続けるのも一つの手段です。

そうすることで、会社側も”これ以上は時間の無駄だな”と感じる時がいつか来ます。

 

 

念の為に証拠を取っておく

 

ブラック企業の場合、退職の意思を伝えてもまともに掛け合ってくれません。

それだといつまで経ってもつらい状況を抜け出すことが出来なくなります。

 

なので、退職を切り出す際や話し合いの際に、念の為に証拠を取っておきましょう。

 

証拠の取り方はボイスレコーダーで十分です。

今はスマホでもボイスレコーダーが標準で搭載されていたり、無料のアプリも色々と出ています。

 

証拠さえあれば、労働基準監督署(労基)に相談する際に強い武器になります。

”この会社はブラックだと思う…”という方は、念の為に証拠を取っておくことをおすすめします。

 

おすすめ転職サイト・エージェント

  • リブズキャリア(転職サイト)
    【公式】
    https://career.prismy.jp
    女性特化型なので、必然的に女性を採用したい企業が分かります。
  • キャリアスタート(転職エージェント)
    【公式】
    https://careerstart.co.jp/
    学歴や職歴は問われません。20代特化。
  • ポジウィルキャリア(有料キャリア)
    【公式】
    https://www.posiwill.co.jp
    無料体験が可能なので試してみるのも有り。20代〜30代は利用可能。

 

人手不足の職場を辞めたいけどなんとなく辞めにくい

人手不足の職場を辞めたいけどなんとなく辞めにくい

 

人手不足の職場って辞めにくいですよね。

自分が辞めたらその業務は誰かがやるハメになりますし、長年働いていれば会社に情も湧くはずです。

 

ですが、人手不足の職場でもあなたが限界なのであれば辞めるべきです。

 

 

1人くらい社内からいなくなっても会社は回る

 

”私がいなくなったらこの業務は誰がやるんだろ…”

などと考えてしまうのは普通のことです。

 

ですが、あなた1人が会社からいなくなっても誰かしらが代わりにやってくれます。

あなたが必要とされていないとかではなく、会社というのは1人くらい社内からいなくなってもなんだかんだ回ります。

『Aさん(一般社員)がいなくなったから明日倒産!』という可能性は0です。

 

人手不足の職場は辞めにくいですが辞めたいのであれば、退職の意思を伝えるべきです。

 

 

退職の意思をどうしても伝えられない場合

 

退職したいのであれば、退職の意思を伝えないと何も始まりませんし、働き続ける期間が伸びていく一方です。

”退職を切り出す勇気がないし、円満退職する気もない!”という方は退職代行も一つの選択肢です。

 

以下の退職代行は、弁護士が監修しており退職代行実績は7,000件を超えています。

さらに、退職完了後に料金を支払う『後払い』が可能なので、利用しやすいです。

退職代行 辞めるんですの公式HPはこちら

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

 

>> 辞めるんですの評判・口コミとは【後払い可能】

 

 

職場が人手不足すぎて辞めたい!:まとめ

STARTからGOALのコピー

 

本記事では下記を紹介しました。

  • 職場が人手不足で辞めたいという方の声
  • 人手不足の職場を辞める方法
  • 人手不足の職場を辞めたいけどなんとなく辞めにくい

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

職場の人手不足が解消されるかどうかは働いていればなんとなく分かります。

”これは解消されないでしょ…”と思うのなら、退職や転職を検討しましょう。

将来的にも今辞めたほうが正解かもしれません。

 

次の記事では退職と転職のおすすめ記事を紹介しています。

無料で使えるツールもあるので、興味のある方はぜひ。

 

NEXT

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

>> 20代におすすめの転職サイト・エージェント【若者に特化】

>> 30代におすすめの転職サイト・エージェント【未経験OKの求人有り】

 

 

【関連記事】

>> 女性におすすめの転職サイト・エージェント【他人よりも得する使い方】

>> 退職の引き止めで揺らぐ気持ち【残ったことを後悔した人の声】

>> 【3日で退職】最短で会社を辞めるために重要な2つのこと

>> 精神的に限界なのに退職が切り出せない【伝え方のコツ】

-人間関係の悩み

© 2021 KENMORI 転職 Powered by AFFINGER5