会社が潰れて欲しい時の3つの選択肢【願っても叶わない】

会社が潰れて欲しい時の3つの選択肢【願っても叶わない】

”会社が潰れて欲しい…”

”会社が潰れて欲しいと思ったらどうすればいい?”

本記事では、これらの声に答えていきます。

会社が潰れて欲しいと思うのは特別なことではないです。

ですが、その思いが通じることはまずありません。

会社は意外にしぶとく、自分が退職の意思などを伝えない限り、出勤し続けることになります。

【KENMORI転職】の筆者経歴

新卒で入社した会社を3ヶ月で退職

フリーター

2社目の正社員を11ヶ月で退職

約半年の空白期間

(契約社員を2週間で退職)

現在3社目の正社員

私自身も”会社が潰れないかなぁ”と思ったことがあるので、経験談も交えながら解説します。

この記事の著者

本記事で解説すること

  • 会社が潰れて欲しい理由
  • 会社が潰れて欲しいと思ったときの選択肢
  • 会社が潰れて欲しいと思っても叶わない

本記事ではこれらを解説していきます。

会社が潰れて欲しいと願っている方の中には、退職がなかなか切り出せない方もいるはずです。

以下の記事では、退職の伝え方のコツなどを実体験を交えて解説しています。

>> 精神的に限界なのに退職が切り出せない・怖い【伝え方のコツ】

目次

会社が潰れて欲しい理由

会社が潰れて欲しい理由

会社が潰れて欲しいという理由は人それぞれです。

以下から”会社が潰れて欲しい!”と感じている方の意見も交えながら解説します。

給料が低いから潰れて欲しい

給料が低い会社で働いていた方の声です。

当たり前ですが、給料が低いと好きなことにお金を使えませんし、貯金もなかなか貯まりません。

搾取してるだけの会社は潰れて欲しい

【やりがい搾取】といった言葉もありますが、自分の好きな仕事をしていてもサービス残業や長時間労働などがあると潰れて欲しいと感じます。

搾取されている自覚があるのであれば、別の企業に行ったほうがいいかもしれません。

仕事のモチベーションがない

仕事のモチベーションが上がらないと、当然働く気が起こりません。

さらに、自分で退職の意思を伝えるのも面倒だと”会社が潰れて欲しいなぁ…”と感じます。

尽くす義理もないから潰れて欲しい

この方の場合、今まで会社に尽くしてきたのにも関わらず、会社側から裏切られるようなことがあったのかもしれません。

そのようなことがあると、会社が潰れて欲しいと思って当然ですし、会社都合の退職のほうが諸々楽です。

会社が潰れて欲しいと思ったときの選択肢

会社が潰れて欲しいと思ったときの選択肢

会社が潰れて欲しいと思ったときの選択肢は以下です。

  1. 今の会社で耐え続ける
  2. 退職または転職
  3. 別の収入源を見つける

特別なことはありませんが順に解説していきます。

今の会社で耐え続ける

会社が潰れて欲しいと思っている方は耐え続けるという選択肢をまずは考えるべきです。

特に今退職をすると早期退職になる方などは、働き続けられないかをまず考えてから別の選択肢に移りましょう。

というのも、早期退職の経歴は一生付きまとってきます。

実際に私は早期退職の経歴がありますが、デメリットがかなり多いのが事実です。

>> 入社して1ヶ月〜3ヶ月で仕事を辞めたい!【早期退職した体験談】

退職または転職

会社が潰れて欲しいと思い、これ以上働き続けられないのであれば退職または転職を検討です。

おそらく、その会社は自分に合っていませんし、働き続けても数年後や数十年後に虚しくなるだけです。

おすすめの転職サイト・エージェント等

  • リブズ(転職サイト)
    【公式】

    20代〜30代まで男女問わず利用可能。面談なども不要です。
  • ライフシフトラボ(有料キャリア相談)
    【公式】

    40代〜50代限定のキャリア相談。無料カウンセリングがあるので利用が手軽です。

退職を伝えることが出来ない方や退職をしたいのに受け入れてもらえないという方は、退職代行という選択肢もあります。

以下の退職代行は、法適合の労働組合が運営しています。

法適合の労働組合となるには労働委員会から一定の基準が認められ、審査を通過する必要があります。

”退職代行は怪しいから不安…”という方も安心して使える退職代行です。

>>退職代行ガーディアンの評判・特徴はこちら

別の収入源を見つける

会社が潰れて欲しい=会社から離れたいといった思いが大半のはずです。

だとすると、自分が退職すればいいだけの話です。

ですが、退職をしてしまうと収入源が絶たれてしまうので、なかなか退職や転職という決断が出来ません。

>> 転職が決断できないのは当然【理由と対策と実体験】

現在の収入源が会社の給与のみの方は、別の収入源を副業から確保していくことをおすすめします。

以下のサービスは有名なクラウドソーシングサービスですが、簡単に副業が始められます。

最初は月100円前後だったのが、数ヶ月後には数千〜数万円の収入源になる可能性があります。

興味のある方はぜひ。

会社が潰れて欲しいと願っても叶わない

会社が潰れて欲しいと願っても叶わない

ここからは私の実体験です。

当然ですが、会社はそう簡単には潰れません。

私も”明日には会社が潰れてないかなぁ…”と願ったことがありますが、微動だにしませんでした。

そして、次の日もその次の日も普通に出勤していました。

全国の会社の倒産件数は年間数千〜数万

全国の会社を調べてみると年間で数千〜数万が倒産しています。

 2021年(1-12月)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は、件数が6,030件(前年比22.4%減)、負債総額は1兆1,507億300万円(同5.6%減)だった。

出典:年間企業倒産状況 | 東京商工リサーチ

令和3年(2021年)の倒産件数は6,030件で、上記には記載していませんが令和2年(2020年)の倒産件数は7,773件です。

ですが、おそらく本記事を読んでいる方の会社は潰れていないはずです。

全国でこんなにも倒産している会社があるのに不思議なものです。

下記記事ではいずれ潰れる会社の特徴を解説しているので、興味のある方はぜひ。

>> 【25個】いずれ潰れる会社の特徴・雰囲気とは【対策も解説】

願っても叶わないので行動

話を戻しますが、”会社が潰れないかなぁ”と願っても叶わないので私は行動をしました。

その行動は先ほど紹介した3つの行動全てです。

まずは働き続けないか考え、無理であれば退職し転職。

ですが、それを繰り返していると人生がハードになると思い、などで副業を開始しました。

ホワイトな企業に転職出来たということも大きいですが、副業で他の収入源があることは精神的にもかなり楽です。

会社が潰れて欲しい!と願ってもなかなか叶わないので、自分で何かしら行動をしたほうが早いです。

おすすめの退職代行

  • 退職代行ガーディアン
    【公式】

    法適合の労働組合が運営しているので、安心して利用出来ます。
  • 退職代行ニコイチ
    【公式】

    対応地域は全国で、LINEや電話で完結出来ます。退職代行実績はトップクラス。
  • 辞めるんです。
    【公式】

    弁護士が監修していますが料金が安く、後払いも可能です。

会社が潰れて欲しい時の3つの選択肢【願っても叶わない】:まとめ

STARTからGOALのコピー

本記事では下記を紹介しました。

  • 会社が潰れて欲しい理由
  • 会社が潰れて欲しいと思ったときの選択肢
  • 会社が潰れて欲しいと思っても叶わない

最後まで読んでいただきありがとうございます。

残念ながら、願っても会社はなかなか潰れません。

働き続けられるのであればそのことを第一に考え、無理そうであれば別の選択肢を選びましょう。

次の記事は退職または転職それぞれの記事です。

願うよりも自分で行動したほうが早いはずです。

>> 即日に退職する3つの方法【すぐに会社を辞めたい方向け】

【関連記事】

>> 人間関係が悪い職場の特徴【働き続けるべきか否か】

>> 退職代行=クズと思われる原因【誰だって円満退社がしたい】

目次